LISTEN

TOP > リスンBlog採用ブランディング > リファラル採用|目的やメリット・デメリット、ツール、事例を徹底解説
リスンBlog採用ブランディング

リファラル採用|目的やメリット・デメリット、ツール、事例を徹底解説

最近、人事関係者や転職市場で耳にする機会が増えた「リファラル採用」という言葉。転職サイトや求人ページを使った採用といった従来の方法とは違うということはわかっていても、縁故採用との違いや、メリット・デメリットについて詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リファラル採用の基礎知識から、実際の採用活動に役立つツールの情報まで、幅広くご紹介します。

リファラル採用とは


「リファラル」とは、英語で「紹介・推薦」という意味。リファラル採用とは、人材を採用したい企業が社員から友人や知人を紹介してもらい、選考や採用を行う方法のことを指します。リファラルリクルーティング、社員紹介採用とも呼びます。

リファラル採用は、人材のことをよく知った社員からの推薦という方法のため、求める人物像や適性に合った人材を集めやすく、日本企業でも広がり始めています。エン・ジャパンが2017年に501社を対象に行ったアンケートによると、リファラルによる中途採用を実施したことのある企業は全体の62%。人材の定着のしやすさや採用成功確率の高さから、取り入れる企業が増えています。

リファラル採用と縁故採用の違いとは?

社員からの紹介と聞いて「縁故採用」をイメージする人もいるかもしれませんが、リファラル採用は縁故採用とは違います。

縁故採用とは、適性やスキルに関わらず、社員が親族などを推薦して入社させること。紹介という点では共通しますが、リファラル採用の場合は、会社の風土に合うのか、必要なスキルを持っているかなどの判断を経て、人材を推薦します。血縁などのつながりが重視されている縁故採用とはこの点が大きく異なります。

リファラル採用のメリットとは


では、リファラル採用は、企業の採用活動にどのような影響を与えるのでしょうか? 主なメリットは次のとおりです。

市場で見つけられない人材にアプローチできる

リファラル採用によって、新卒採用や転職採用市場では見つけることができない人材に出会うことができます。転職サイトや転職エージェントから得る情報では、就職や転職の意思のある求職者しか知ることができません。リファラル採用は、求職せずに企業で働いている優秀な人材にアプローチすることが可能です。

転職するつもりがない人材でも、他の企業で働く友人からの誘いや、次の新たなステップへの示唆を受けることで応募に踏み切り、新たな戦力として企業に加わることを選ぶ可能性もあります。

採用マッチングの精度が高い

リファラル採用は、他の方法に比べて応募者と企業のマッチングの精度が高く、採用の成功につながりやすい手法です。

リファラル採用では、応募する前の段階で、紹介者が候補者に企業の風土や仕事内容について詳しく伝えます。また、候補者のことをよく知った紹介者は、企業が求める人材像と合致しているか、相応なスキルがあるどうかを的確に判断することが可能です。信頼する知人同士が、正直に情報を交わし合って理解を深めるため、企業と候補者の間に誤解が生まれにくいというメリットがあります。

人材が入社後に定着・活躍しやすい

入社した社員が、その後定着、活躍しやすいという点もリファラル採用の特徴です。紹介者を通して会社への理解を深めた人材は、採用後もギャップを感じにくく、入社当初から紹介者という仲間がいるため会社に馴染みやすいというメリットもあります。会社へのエンゲージメントを早い段階で持つことができるため、定着につながります。

また、リファラル採用は求めるスキルに合った人材を選ぶことができるため、即戦力として早い段階からの活躍が期待できます。

採用コストが抑えられる

リファラル採用は、採用コストを削減できるというメリットもあります。就職・転職サイトやエージェントを通さずに人材の募集と採用ができるため、広告費やイベント開催費用を削減できます。また、面接日程調整や、面接官のアサインといった人事工数コストも抑えられます。

リファラル採用のデメリット・注意点とは

リファラル採用にはメリットが多いものの、まったくデメリットがないわけではありません。場合によって、リファラル採用が組織に悪影響を与えることもあるので、注意が必要です。

紹介者と非紹介者の人間関係に注意

友人・知人同士というつながりで採用する方法のため、紹介者とリファラル採用によって入社した社員の人間関係が、その後のふたりの行動に影響を及ぼす可能性があります。

よく知った関係であるからこそメリットもあるリファラル採用ですが、一方、採用後に両者の関係が悪化してしまった場合、会社での居心地が悪くなったり、どちらかが会社を離れてしまったりする可能性もあります。また、ふたりの関係が深い分、共に退職の道を選んでしまうというリスクもあるという点はデメリットです。

多様な人材を集めにくいケースも

リファラル採用は、多様な人材を集めにくいというデメリットもあります。仕事以外でも関わりのある友人や知人を紹介するこの方法では、社員が同じタイプの人材を紹介することは多くあります。リファラル採用は、企業のビジョンに共感する人材や、社風に合った人材を採用したいときは有効ですが、新しいタイプの人材を呼び込んで組織を活性化したい場合は、リファラル採用は慎重に進める必要があります。

ひとりの社員に依存することで起こるミスマッチも

よく知った友人・知人のネットワークから効率的に人材を探せるリファラル採用ですが、一方、ひとりの社員の判断に依存することでミスマッチが起きる可能性があるという点も抑えておきましょう。

候補者が持つスキルについての認識違いや、応募者に求められる適正に対する理解不足、また、候補者とのコミュニケーション不足によって、マッチングが最適に行われないケースもあり得ます。紹介者となる社員への企業理念の共有や、募集中のポジションへの理解を深めるといった対策が必要です。

リファラル採用で成功した企業の事例


リファラル採用を積極的に取り入れている企業のひとつが、フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリ。採用者の約5~6割がリファラル採用によって入社しています。スタートアップ企業であるメルカリは当初、大手のように多くの応募者を見込めない中で効率的に優秀な人材を集めるため、リファラル採用をスタートしました。

メルカリがリファラル採用を成功させるために行っている主な取り組みは以下のとおりです。

・メルカリで働く人を紹介するオウンドメディアを立ち上げ、魅力ある人材に訴える
・社員ひとりひとりがミッションとバリューを深く理解し、求める人物像を知る
・社員全員が上下関係なく、フラットな立場で採用に取り組む

採用の成功のため、社員ひとりひとりへのミッションの浸透を重視するメルカリ。バックグラウンドや経歴がさまざまでも、企業にマッチした人材を採用できるといいます。

リファラル採用がうまくいかない企業とは?

リファラル採用を取り入れたものの、なかなかうまくいかない場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。次のような企業は、リファラル採用が軌道に乗るまでに時間がかかる可能性があります。

・社員のエンゲージメントが低く、友人を紹介したいと思えない
・社員が日々の業務に追われ、リクルーティングする時間がない 
・自社のことが話題になるきっかけがない

このような状況にある企業は、リファラル採用を進める前に、会社のミッションの共有や従業員満足度の向上に取り組む必要があります。

リファラル採用を促進するツールとは


では、リファラル採用を進めるには、どのような準備をすればいいのでしょうか。社員に制度を周知してリクルーティングを始める前に、リファラル採用を進めるための環境を整えましょう。制度導入前に知っておきたい、リファラル採用を支援するツールをご紹介します。 

LISTEN


自社が話題となるきっかけを作るための『採用広報プラットフォーム』。自社社員が思わず「つい誰かに喋りたくなるストーリー」「SNSでシェアしたくなるストーリー」を取材、執筆、記事公開まで一気通貫に対応。また、記事内から応募フォームまでの導線も完備。新しい採用プラットフォームです。

https://listen-web.com/

MyRefer


MyReferは、2015年9月にリリースされたリファラル専用の採用管理ツール。現在、500社の企業が利用しています。SNSを活用して社員が簡単に紹介を行える機能や、紹介状況をリアルタイムで可視化するツール等によって、企業のリファラル採用活動をサポートします。

https://i-myrefer.jp/

Refcome(リフカム)


Refcomeは、リファラル採用活動の改善を促進するツール。リファラル制度の社員への周知状況や部門・社員ごとの活動量を分析して、リファラル採用活性化のサポートを行います。社員のエンゲージメントを把握することで、企業にとって最適なリファラル採用施策を設計するサービスも。

https://jp.refcome.com/

GLOVER Refer


リクルートが運営するリファラル採用導入・支援サービスが、GLOVER Referです。社員が知人へ簡単に紹介メッセージを送れる機能や、社員の活動状況や選考の進捗状況を可視化するツールなど、制度の導入から継続までをサポートする機能を備えています。

https://gloverhr.com/

まとめ

応募者を多く集める従来の採用方法とはまったくアプローチが違うリファラル採用。

メリットとデメリットをよく知り社員の協力体制を整えて進めれば、良い人材に効率的に出会うことができます。

採用活動が成功しない、採用してもすぐに離職してしまうなどの悩みを抱える企業は、リファラル採用にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

<文:フリーランス/川辺 編集:リスナーズ/吉田

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (394) 社員_アセットガーディアン (20) 最新ストーリー (17) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー