LISTEN

TOP > リスンBlog採用ブランディング > 採用ツール制作|全12種類を比較してみた
リスンBlog採用ブランディング

採用ツール制作|全12種類を比較してみた

「毎年、制作してるあの採用ツールってウチの会社に必要なのかな?」
「あの採用ツールがあれば、もっと採用がうまくいくと思うんだけど…」
 
プロは道具(ツール)にこだわります。
 
なぜなら結果を出す必要があるからです。
 
無論、何もツールを制作せずに、採用で結果を出すことができれば、それに越したことはありません。
 
しかし、採用難の昨今において、採用ツールを装備しないのは、手づかみで魚を獲りに行くことよりも難しいでしょう。
 
世界トップの釣り人でも、「こだわりの竿」や「強度の高い糸」、「魚の好物のエサ」がなければ、狙った魚を釣ることはできません。
 
採用も同じです。採用担当者にとっての「採用ツール」は結果を出すために必要不可欠なものです。
 
しかしながら、すべての採用ツールの役割や機能を十分に把握して、シチュエーションごとに使いこなせている会社は、そこまで多くありません。
 
そのため、「本来は有効なのに導入していないケース」や、反対に「不要なのに導入しているケース」があります。
 
いずれのケースも、もったいないですよね。
 
そこで今回の記事では、採用ツールの役割と機能について網羅的に解説しました。
 
ぜひ一度、「自社にマッチする採用ツールはどれなのだろう?」という視点で、この記事をご覧くださいますと幸いです。
 

採用ツールの種類は全部で12種類

 
現在、「新卒採用」や「中途採用」で使われている「採用ツール」は、大きく分類すると、12種類あります。
 

採用ツール制作の全種類リスト

■デジタル
1.採用サイト/採用ブログ
2.SNS
 -Twitter
 -Facebook
 -LINE
 -Youtube
3.外部メディア
 
■アナログ
4.採用パンフレット(会社案内/入社案内)
5.書籍
6.採用ポスター
7.採用チラシ
8.パワーポイント
9.求人票(学内向け)
10.ノベルティ
11.年賀状
12.手紙

※今回、採用業務の効率化をするための「採用管理ツール」は除外しております

採用ツールの機能の種類

 
それぞれのツールの機能を分解すると、
 

①伝達方法:プッシュ型、プル型
②コンタクトポイント:オフライン、オンライン + フェーズ別
③主な役割:期待値、納得値、信頼値の向上
④サブ閲覧者:求職者以外の閲覧者(家族/友達/知人)

 
の4つに分類できます。

採用ツールの「機能」の詳細

①伝達方法

 

 
半強制的に情報を届けるのが「プッシュ型」です。たとえば、合同説明会で採用チラシや採用パンフレットを配って、情報を届けるのは「プッシュ型」です。
 
プッシュ型の情報伝達は、『まだ認知していない状態の人』に自社を知ってもらうための手法として有効です。また、「これだけは伝えたい!」というコンテンツを届けたいときにも有効となります。
 
反対に、情報を探してもらうのが「プル型」です。「採用サイト/ブログ」や「SNS」、「他社メディア」などで能動的に情報を探してもらいます。
 
プル型の情報伝達は、『すでに自社のことを知っている状態』の「興味を持った人」「関心がある人」「悩んでいる人」に有効です。
 
たとえば、
 
・会社への理解を深めたい人
・会社説明会に行こうかどうか迷っている人
・内定後に承諾しようか悩んでいる人
 
へのアプローチとして活用できます。
 

②コンタクトポイント

 

 
コンタクトポイントとは、「求職者との接点」のことです。
 
コンタクトポイントには、求職者の「状態(興味関心/比較深堀)」と「段階(フェーズ)」の2軸があり、それぞれのタイミングによって最適な採用ツールが変化します。
 
今回の記事では、「どの段階(フェーズ)で使用される採用ツールなのか?」との視点で比較していきます。
 

③主な役割

 

 
この役割は「最重要事項」となるので、少し長くなりますが、しっかりと解説します。
 
採用ツールには大きく3つの役割があります。
 
求職者の
 

①期待値を高める
②納得値を高める
③信頼値を高める

 
の3つです。
 

 
ここで指す「期待値」とは、「ポジティブな感情の度合い」のことです。
 
ポジティブな感情を言葉にすると、たとえば
 
「この会社で働くと楽しそう!」
「この会社の仕事は面白そう!」
 
といったものです。
 
まず最初に、求職者の「期待値」を高めなければ、次の行動に移してくれる可能性は極端に低くなります。
 
具体的に言うと、「この会社で働いても面白くなさそう」と思われたら、「会社説明会」などの場に参加しようとする意欲が起きないのです。
 

 
次に、「納得値」とは、「自分を納得させるためのロジック」です。
 
「なぜ自分がこの会社で働きたいのか(あるいは、働くべきか)」
 
を頭で納得できているかどうかです。
 
極端な例を挙げてみましょう。
 
いくら魅力的な会社で自分がやりたい仕事内容でも、あまりに残業過多で薄給な会社だと知ったらロジックで納得できませんよね。
 
「面白そうでやりたい仕事(期待値は高い)だけど、その条件は現実的に無理(納得値は低い)だよ…」と離れていく人が多くなるということです。
 

 
そして、最後に「信頼値」です。
 
就職は人生を左右する一大事です。求職者は常に企業の発信する情報のウラを読んでいます。
 
不自然なまでに綺麗事しか書かれていない採用サイトを見た後に、生々しいことが書かれている転職口コミサイトで評判を調べるのです。
 
そして、
 
「この会社は良い事ばかり言ってて騙そうとしてるから信頼できないな」
 
と思われたら、「選考途中での辞退」や「内定辞退」などの行動につながります。
 
つまり、信頼値は、「期待値や納得値の土台」になっているのです。
 
以上をまとめると、求職者は
 
①「期待」で興味関心を持ち
②ロジックにより頭で「納得」し
③「信頼」で会社を選ぶ
 
のです。
 
採用における『3つの成功要因』を改善するのが、採用ツールの主な役割になります。 

④サブ閲覧者

 
この言葉は「造語」です。
 
採用ツールは、求職者本人だけではなく、求職者本人の周囲にいる人たちも閲覧します。
 
その「周囲の人たち」のことを「サブ閲覧者」と定義しています。
 
求職者の意思決定は、本人だけで決まるのではなく、本人の周囲にいる人たちの意見によって影響を受けます。
 
たとえば、大学生で初めての就職活動であれば、内定後に家族に報告したときに、
 
「もっと大手の安定したところの方が良いんじゃない?」
 
と言われてしまったら、決心が揺らぐこともあるでしょう。
 
また、転職活動においても、家族に
 
「そんなにお給料が下がったら、生活が苦しくなるんだけど…」
 
と言われたら、心変わりしてしまうこともあります。
 
採用ツールは、周囲の人たちの「評価」にも影響を及ぼすことがありますので、「周囲の誰が見る可能性があるのか」を把握しておく必要があります。
 

採用ツール別の機能比較

1.採用サイト/ブログ

 

伝達方法 プル型
コンタクト
ポイント
説明会&選考前/選考中/内定後
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★★★★
・信頼値:★★★★☆
サブ閲覧者 同居人/友達&知人

 
採用ツールの超定番。
 
求職者の「期待値」も「納得値」も「信頼値」も、採用サイトによって大きく左右されると言っても過言ではありません。
 
採用サイトは、ウェブマーケティングでいうところの『ランディングページ』です。
 
ランディングとは、釣り用語で「釣った魚を取り込む」という意味を持つ言葉。
 
まさしく、自社に興味・関心があり、ページを閲覧しに来た求職者を「応募」や「説明会参加」に導くためのサイトとして、採用サイトは存在しています。
 
よって、採用サイトのコンテンツは、求職者の「期待値」を高めることが最重要ミッションと言えます。
 
また、採用サイトおよび採用ブログは、好きなだけ情報を配信することができます。
 
なので、「応募」や「説明会参加」の前の段階で、高い納得感を求める求職者のニーズにも応えることが可能です。
 
■関連記事:採用サイト制作専用のCMSパッケージ|10社を徹底比較【資料無料DL可】
  

2.SNS

 

伝達方法 プル型
コンタクト
ポイント
説明会&選考前/選考中/内定後
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★★☆
サブ閲覧者 同居人/友達&知人

 
リアルな情報を求める人たちの「期待値」と「信頼値」を向上させる採用ツールとして活用している企業が増えつつあります。
  
採用にSNSを活用する企業は多くありますが、2015年頃までは、企業の公式アカウントがほとんどでした。
 
今は企業の「代表」や「社員」がそれぞれのパーソナリティーを活かした情報発信をするケースが目立っています。
 
公式アカウントでは発信されないような、働く人たちのリアルな声が発信されているため、多くの求職者が参考にしています。
 
また、「この人みたいになりたい!」「この人と一緒に働きたい!」といったきっかけにもなるため、SNSでの採用広報が中小ベンチャーを中心に盛り上がっています。
 
特に「Twitter」での個人の情報発信が2019年以降のトレンドになることは間違いないでしょう。
 
■関連記事:Twitterで自らのストーリーを語る経営者や採用担当が増えた理由とは?
 

3.外部メディア

 

伝達方法 プル型
コンタクト
ポイント
説明会&選考前/選考中/内定後
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★☆☆☆
・信頼値:★★★★★
サブ閲覧者 同居人/友達&知人

 
外部メディアは、SNSと同様に、「期待値」や「信頼値」に大きな影響を与えるツールです。
 
「ニュースメディア」や「インタビューメディア」といった第三者メディアをきっかけに、興味を持ってもらえるケースは多くあります。
 
また、興味を持った会社の「代表」や「役員」の評判を調べる求職者は多く存在し、実際にGoogleなどの検索エンジンで「会社名+代表者名」で検索されています。
 
よって、
 
「この会社に入って大丈夫だろうか?」
「この会社の代表はどんな考えの人なんだろうか?」
 
といった求職者の疑問に応える採用広報ツールとして活用している企業が多いです。
 
■外部メディア例:LISTEN(リスン)
 

4.採用パンフレット(会社案内/入社案内)

 

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
説明会/選考中/面接中/内定後
主な役割 ・期待値:★★★☆☆
・納得値:★★★★★
・信頼値:★★★★☆
サブ閲覧者 同居人

 
プッシュ型の採用ツールのド定番。採用サイトが出現するまでは、採用ツールの最高峰でした。
 
しかし、未だに採用パンフレットは、採用サイトと並んで「会社の顔」ともいえる重要ツール。
 
持ち帰った後に、同居人が見る可能性も高く、採用への影響力が大きい代表格でしょう。
 
主に「納得値」と「信頼値」の向上に期待できます。
 
■関連記事:採用パンフレット制作|新卒採用に効果的な内容の作り方
 

5.書籍

 

伝達方法 プッシュ型&プル型
コンタクト
ポイント
合同説明会/企業説明会/選考中/面接中/内定後
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★★★
サブ閲覧者 同居人

 
書籍は「プッシュ型」と「プル型」の複合技として使える採用ツールです。
 
たとえば会社に関する書籍(社長の本)を読んで応募してきた人は、すでに「ファン化」した状態になっています。
 
また、書籍には「権威性」があり、「書籍で取り上げられているような企業(もしくは人)」と見てもらえると、信頼値が上がります。
 
つまり、「期待値」や「信頼値」を高める採用ツールと言えるでしょう。
 
■(PR)書籍サンプル:#ストーリーで就活2020(PDFダウンロード)
 

6.採用ポスター

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
説明会
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★☆☆☆
・信頼値:★★☆☆☆
サブ閲覧者 なし

 
採用ポスターは、「興味・関心」を持ってもらうための採用ツール。
 
よって、「期待値」を上げることに特化すると良い結果が出るでしょう。
 
活用シーンは限定的なため、利用している企業は多くありませんが、「BtoC関連の大企業」などでは必須のアイテムです。
 

7.採用チラシ

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
合同説明会/会社説明会
主な役割 ・期待値:★★★★☆
・納得値:★★☆☆☆
・信頼値:★★☆☆☆
サブ閲覧者 同居人

 
採用ポスターと同様に、自社への「興味・関心を持ってもらうため」の採用ツール。
 
主に合同説明会や学内説明会で活用し、「会社説明会」や「選考」に誘導する目的で使われます。
 
求職者の「期待値」を上げることに絞って、感情を動かすためのコンテンツにすると、成功しやすい傾向にあります。
 

8.パワーポイント(印刷資料)

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
説明会中
主な役割 ・期待値:★★★☆☆
・納得値:★★★★★
・信頼値:★★★☆☆
サブ閲覧者 同居人

 
主に「説明会用の補助ツール」として活用している企業が多い採用ツールです。
 
会社説明会は「納得値」を高めることが最大ミッション。
 
よって、自社の条件に合う/合わないも含めて、納得してもらえるかどうかは、このパワーポイントによる詳細資料にかかっているのです。
 
採用パンフレットも兼ねて使っている企業もありますが、見た目にこだわらないと、どうしても安っぽく見えてしまうところが玉に瑕(キズ)です。
 
■参考記事:会社説明会の資料(パワーポイント/スライド)の超効率的な作り方【新卒採用向け】
 

9.求人票(学内向け)

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
説明会&選考前
主な役割 ・期待値:★★★☆☆
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★☆☆
サブ閲覧者 なし

 
学校のキャリアセンター内に張り出される「求人票」です。
 
キャリアセンターを利用している多くの学生に見てもらえるとあって、インターネット全盛の現代でも、まだまだ効果の出る採用ツール。
 
特に「首都圏での就職」を考えている求職者よりも「地元での就職」を考えている求職者の応募を集めるための目的で利用されています。
 

10.ノベルティ

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
合同説明会/企業説明会/内定後
主な役割 ・期待値:★★★★☆
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★☆☆
サブ閲覧者 同居人

 
ノベルティは、説明会や選考途中で配られるケースがあります。
 
筆者の個人的な体験を持っていうと、ノベルティによって採用活動の役に立つかどうかは疑問視しています。
 
わざわざ交通費と時間を使ってまで、「ノベルティをもらえるから会社説明会に行く」というアクションも起こりにくいと思われます。
 
もちろん、大好きなキャラクターのグッズがもらえるなどの動機付けができるなら別です。
 
しかしながら、その「ノベルティーへの動機」と「企業に入社する動機」には結び付きが薄いため、有効ではないと思うのです。
 
もちろん採用イベントで「採用チラシ」や「採用パンフレット」を配るための口実には使えますが、実際にもらってもほとんどがゴミ箱行きです。
 

11.年賀状

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
内定後
主な役割 ・期待値:★★★★☆
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★★☆
サブ閲覧者 同居人

 
これは筆者の体験談です。
 
内定が決まった後に、採用担当者から送られてきた年賀状を実家の両親が発見して、
 
「内定者のことを気にかけてくれて、良い会社ね」
 
と言っていました。
 
「両親をファンにする」という目的で使える有効な採用ツールです。
 

12.手紙

伝達方法 プッシュ型
コンタクト
ポイント
内定後
主な役割 ・期待値:★★★★★
・納得値:★★★☆☆
・信頼値:★★★★★
サブ閲覧者 同居人

 
前述の「年賀状」と同じく、内定者本人および同居人を喜ばせるための採用ツールです。
 
ただし、手紙は、フォーマルでお堅いだけのコンテンツではなく、読んだ人を喜ばせる仕掛けが大事です。
 
詳しくは別記事「オヤカクには手紙が有効?内定者の親御さん向けの手紙テンプレート無料プレゼント」に記載しておりますので、気になる方はご参考ください。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
 
この記事を機に、「自社に必要な採用ツールとは何か」を振り返っていただくことができますと幸いです。
 
 
 
<文・編集:リスナーズ/吉田

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (403) 最新ストーリー (32) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー