LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO士業(司法系・会計系・コンサル系など) > オーストラリアでビジネスをする日本人や日系企業を、法律の知見で支えたい
ストーリー代表・CEO士業(司法系・会計系・コンサル系など)

オーストラリアでビジネスをする日本人や日系企業を、法律の知見で支えたい

最新ストーリー代表_ハーディング法律事務所

日豪の法律・商習慣の違いを熟知し、
日本のニーズに踏み込んだ法的サービスを展開

思い立ったら即行動で、
オーストラリアや世界中を駆け回ってきた
アクティブ弁護士

ハーディング法律事務所(Harding Legal)
代表取締役・弁護士
ハーディング 裕子 / Yuko Harding

日本の経営者や投資家に、オーストラリアで安心してビジネスをしてもらいたい

オーストラリアはクイーンズランド州、ゴールドコースト。ここに弁護士事務所を構える日本人がいる。2003年に現地で弁護士資格を取得。2012年に「ハーディング法律事務所」を設立し、独立。オーストラリアでビジネスをおこなう日本人経営者や投資家、日系企業を相手に法的サポートをしているのが、ハーディング裕子だ。

「主なクライアントは、在豪の日本人経営者や日本の投資家、日系企業などです。不動産売買やオフィス・テナントのリース、事業の購入・売却、法人設立、相続手続きなどに関して、法的知見を活かしたアドバイスや、契約まわりのサポートをおこなっています。オーストラリアは日本の経営者や投資家にとって魅力的な国ですが、法律や商習慣の違いがビジネスをおこなう上でハードルになってしまう部分もあります。だからこそ、双方の国事情に精通した弊所がサポートすることで、みなさんのビジネスを加速させたいと思っています」

ハーディングはあくまでもオーストラリアの弁護士だが、彼女は一貫して日本人の気質やニーズにフィットする弁護士であろうとしてきた。例えばオーストラリアでは、弁護士費用が時間あたりの報酬制(タイムチャージ)であることが一般的だが、安心して相談してもらうためにあえて固定費用に徹している。日本とオーストラリアで求められるクオリティやスピード感の違いを熟知しているからこそ、日本レベルの「丁寧かつ迅速な対応」にもこだわってきた。

また、日本人のための弁護士として動くうちに活動の領域が自然と広がっていったことも、ハーディングがほかの弁護士と異なる点だ。一般的な弁護士は自分の専門領域に特化し、所属する弁護士会の地域の中で活動しているが、ハーディングの場合はクライアントのターゲットを日本人に絞り、ビジネスに関する幅広い法律相談に対応している。シドニーがあるニューサウスウェールズ州や、メルボルンのビクトリア州など、地域をまたいで活動してきた。

「日本にも隔月で出張し、日本在住の経営者や投資家のクライアントにもお会いしていました。今はコロナ禍で州をまたぐ移動や海外出張は難しい時期ですが、これまでもメールや電話、オンラインでの打ち合わせを軸にやり取りしてきましたので、コミュニケーションに支障はまったくありません。もちろん直接お会いするに越したことはないので、できれば伺いたいですけどね」

こうしたアクティブな性格は、弁護士以外の活動にも大きく影響している。現在、ハーディングは海外で活躍している日本人起業家ネットワークWAOJE(ワオージェ)に所属。2021年4月より2年の任務で本部理事に就任。海外にいる日本人経営者同士で世界各地とつながり学び合えることは、自らのビジネスにも大きなプラスになるはず。そんな想いを持ってポジティブに活動し、持ち前の行動力をいかんなく発揮している。

「世界中から参加者が集まるWAOJE最大のイベントを、2019年はゴールドコーストで開催しました。これまでの開催地はアジアが中心だったこともあり、いつもより人が集まらないかもしれない。実行委員長を務めていた私は、世界中をまわって広報活動をしようと決心し、中国、シンガポール、ハワイ、遠くはブラジルまで巡りました。それで最終的には300人もの日系ビジネスパーソンに来ていただくことができたんです」

子どもの頃に身につけた粘り強く努力する姿勢が、弁護士の道を切り拓く

子どもの頃のハーディングは、大人になった自分がまさか弁護士になるとは想像だにしなかった。なぜなら、彼女はピアニストになることを夢見ていたからだ。

「毎日ピアノの前に座って、コツコツと努力を続けていたんですけどね。音楽で大阪芸大に合格しましたが、入ってみれば3~4歳から英才教育を受けてきたような人たちが当たり前にいる環境。自分とのレベルの違いに圧倒されて挫折してしまったんです。お金も時間もかけて頑張ったのに、プロにはなれなかった。この経験は、私の中でずっとコンプレックスでした」

ピアニストの道は諦めたが、もう一つ興味を持っていた海外の道へ進みはじめる。大学の先生の引率でアメリカへ行ったことを皮切りに、語学留学も経験。学生時代に出会った前夫に連れられ、彼の母国であるスウェーデンに3年暮らしたこともある。その後、オーストラリアに移住してからは、日本語が話せることを活かしたツアーガイドの仕事や、現地の大学で応用言語学を学びながら日本語科の非常勤講師としても働いた。そんな生活から、突如大学で法律を学ぼうと決意したのは、自分に自信をつけ周囲に認めてもらいたかったからだという。

「当時、移住して7年近く経っていたのに、いつまでたっても外国人扱いをされていたんです。別に相手に悪気があったわけではないし、オーストラリアは移民に寛容な国です。けれど外国人というフィルターを通さず、私自身を認めてもらいたかった。だから、ローカルの人たちと同じ立場・同じ条件で挑戦する弁護士資格を目指そうと思いました」

振り返ってみてもこれまでの人生で最高のチャレンジだったとハーディングは語る。このときに発揮されたのが、ピアニストを夢見ていた頃に身につけた、粘り強く努力を続ける姿勢。1日10時間の勉強を3年続け、見事弁護士資格を取得できたのは、自身がコンプレックスだと感じていたはずの経験のおかげだ。

「ロースクールは、入学時600人ほどいた学生がやがて半分になり、1/3になり…と脱落していくような厳しい環境でした。その中で自分がなんとかサバイブし続けられたことで徐々に自信がつき、弁護士としての道を歩む覚悟が芽生えていきました」

2003年からゴールドコーストの弁護士事務所に所属。オーストラリアの法律事務所では弁護士報酬のノルマが毎月課せられ、達成できないとクビという厳しい世界。駆け出し弁護士のハーディングは、どうやってクライアントを獲得するか必死でもがいていた。そこで、自分はほかの弁護士にはできないことをしようと考え、立てた方針こそが「日本人に頼られる弁護士になること」だった。オーストラリアの法曹界からすると、日本人クライアントの案件は、言葉の壁だけではない「ややこしさ」もあり、そうした仕事を数多く引き受けるうちに、ハーディングの弁護士としての実力は磨かれていった。

「同僚や上司からは、『あなたの案件はありえないものが多い』とよく言われていましたね。例えば、日系企業が所有している不動産は、複数社が開発に携わっている物件も多く、所有者に40社の名が連なっているものもありました。その40社の中には倒産・統廃合した会社もあるなど、日本の事情が絡むとオーストラリアの常識では考えられない状態になってしまう場合があるんです。そうした案件をたくさん抱えてきたからこそ、弁護士として鍛えられましたし、事務所の中でもほかの弁護士が容易に立ち入りづらいポジションがいつの間にか確立されていったんです」

YouTube配信もスタート。常に新しいことにチャレンジを続ける自分でいたい

こうした経緯もあって、2012年に自身の名を冠した法律事務所を設立する際には、自身の抱えていたクライアントを「ハーディング裕子にしかできない仕事」だと認めてもらい、そのまま持ち出す形で円満に独立。自分の看板を背負ってやっていく覚悟ができたことで、これまでよりも踏み込んだアドバイスにチャレンジするようになった。

「オーストラリア人のクライアントなら自己主張をする文化で育っているので、法的知見に基づいて選択肢を提示すれば、あとはクライアント自身に決断を任せるのが常識。それ以上は立ち入ってはいけないのが、勤務していた事務所のルールでした。しかし、日本のクライアントは選択肢を提示するだけでは判断に迷ってしまう。その気質を理解したうえで、メリット・デメリットを丁寧に説明しながら『私としてはこちらをお勧めします』と一歩踏み込んだ提案をおこない、クライアントの意思決定をお手伝いするようにしています」

開業して10年目。数多くの実績を持つハーディングだが、事務所を拡大するつもりはないという。下手に事業を広げて、クライアントとの付き合い方が広く浅くなってしまうよりも、自分の目や手が届く範囲で、しっかりとクライアントに向き合っていくことを方針としている。一方、個人としては現状維持を続けるつもりはなく、日々新たなチャレンジに踏み出している。それを象徴するのがコロナ禍ではじめたYouTubeチャンネル。オーストラリアの法律事情などについて紹介した内容を見て、早速いくつかの依頼が来ており、本業への効果を感じているが、最近は弁護士としてだけでない発信もおこなうようになった。

「やっぱり私はオーストラリアのことが大好きなんです。だから、法律だけでなくオーストラリアの魅力も日本のみなさんに紹介したいし、海外や英語に興味のある人にも発信したい。こんな風に、弁護士としての活動はもちろん、自分が興味のあることは何でも積極的に挑戦してみるようなスタンスを、これからも大切にしたいです」

リスナーの目線

「私、せっかちなんです」と明るく自分の性格を語ってくれたハーディングさん。思い立ったらすぐ行動で、悩む前にやってみることを大切にしてきたそう。その「せっかちさ」があったからこそ、軽やかに世界を渡り歩いてオーストラリアに行きついたり、日本にいた頃には考えもしなかった弁護士の道に進むことができたのかもしれません。ハーディングさんが、ポジティブに力強く人生を突き進んできた片鱗が感じられるインタビューでした。

Profile

大阪芸術大学卒業後、スウェーデンでの生活を経てオーストラリアへ。2000年より現地で法律を学び、2003年にクイーンズランド州高等裁判所より弁護士任官を受け、弁護士資格を取得。地元法律事務所の所属を経て、2012年にハーディング法律事務所を開業。弁護士活動の傍ら、2021年4月より、世界の日本人起業家団体WAOJEの本部理事も務める。

Staff

インタビュー・執筆:森田大理/編集:佐々木久枝

関連キーワード

最新ストーリー 代表_ハーディング法律事務所

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (569) 最新ストーリー (205) WAOJE Tokyo (31) 社員_アイドマ・ホールディングス (25) 社員_アセットガーディアン (18) KGF (17) 社員_マケレボ (16) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (11) メンバー_WAOJE Tokyo (11) WAOJE Tokyo_イベント (9) WAOJE Tokyo 理事 (9) ピックアップ (8) 01 社員ストーリー (7) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_プルデンシャル生命保険 (7) 社員_ココザス (7) 社員_シーアールエス (6) 社員_識学 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_秋葉牧場 (6) 価値観1 (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ピープルズコネクト (5) パートナー_リスナーズ株式会社 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_Surpass (4) 社員_インフォマート (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 01 レビュー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 代表_リスナーズ (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー