LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 本当の安定はどこでも通用する実力を身につけること
ストーリー代表・CEO

本当の安定はどこでも通用する実力を身につけること

代表_マーケットエンタープライズ

株式会社マーケットエンタープライズ
代表取締役社長
小林 泰士 / Yasushi Kobayashi

誰よりも早く、倍速で成長したい

学生時代から漠然と将来は経営者になりたいとそんな想いはありました。しかし実際は、流行を追いかける日々。20歳を迎える頃には、相変わらず根拠のない自信はあるものの、何にも本気になっていない自分に対する焦りや、モヤモヤした気持ちが次第に大きくなってきました。 ちょうどその頃、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄さんや、ソフトバンクの孫正義さんのような〝起業家〞が注目されるようになり、マスコミを賑にぎわせていました。でも、こうした方々の本を読むと、必ずしも最初から凄い人だったわけじゃない。「自分も何かチャレンジしたい」と思って、起業を意識するようになりました。 自分を変えるには「まず行動すること」。様々な仕事を学ぶために20種類以上のアルバイトを次々と経験。日本経済新聞を読みあさり、簿記の勉強や株式投資まで、経済や金融の知識も貪欲に吸収しました。また学生イベントや大規模な飲み会の企画、海外にバックパックで行ってターコイズのアクセサリーなどを仕入れては、フリーマーケットやネットで販売するなど「商売」も手掛けるようになっていきます。 ところが、商売はそんなに甘いものではありません。生涯をかける仕事にしようという覚悟もなく、片手間でやっていたこともあり、経験や実力の不足を痛感させられることばかり。社会経験の必要性を思い知った私は、就職して経験値を上げてから、再度起業にチャレンジする道を選ぶことにしました。 最短で自分が成長できて、会社経営のノウハウを学べるところ。そんな条件から選んだのはベンチャーの投資会社でした。通信会社や不動産、フランチャイズのパッケージなど、多様な商材を販売する仕事は非常に泥臭くもありましたが、得難い経験ばかり。毎日終電まで働き、ときには徹夜するような環境でしたが、当時の私は「誰よりも早く、倍速で成長したい」と目的が明確だったので、苦にはなりませんでした。


乾電池からフリマ、そしてネット型リユースへ

23歳で100万円を握りしめて独立した当初、手掛けたのは乾電池のリサイクル事業でした。使い捨てカメラが全盛だった当時、カメラの中に入っていた乾電池は、電池容量をほとんど残したまま捨てられ、写真プリント店では、その廃棄処理に1本数円のコストがかかっていました。「商売になるかもしれない」と、ピンときました。早速、写真プリント店から使える電池だけを譲り受け、電池残量を1本ずつ確認したうえで法人向けに販売してみると、画期的な安さが受け、玩具メーカーやリモコンの修理業者、ラジコンメーカーなどから注文が入るようになりました。仕入れはタダなので利益率は100%。単価が低く利幅は少ないものの、法人にまとめて販売することで徐々に軌道に乗っていきました。 次に目を付けたのはフリーマーケットの運営です。学生時代から自分でも出店するほどのフリマ好きで、リサイクル乾電池をフリマで販売したこともあり、縁があったのです。 当初は出店者から参加費をいただく一般的なやり方でしたが、その後、企業から運営を受託するビジネスモデルへと転換することになります。きっかけは、ある企業から受けたフリマ開催の依頼でした。便の悪い会場で、出店者集めも困難が予想されたため、お断りしたのですが、なんと企業側が費用を負担してでも開催したいと申し出てきたのです。 これにより当社は初めから利益を確保できるうえ、出店を無料にしたことで、予想以上に出店者も集まり盛況でした。そこでこの取り組みを、地域住民へのサービス還元や賑わいの創出といった、企業のCSR(社会的責任)活動の一環として提案したところ、大ヒット。いつしか当社は、日本で一番、広域でフリマを開催する企業になりました。 このように創業から一貫して「リユース」の領域で事業を起こし、徐々に成長マーケットへと移行してきた末に、現在主力としているのが「ネット型リユース事業」。ウェブで買取依頼を募り、商品を買い取り、EC(電子商取引)サイトのネットオークションを通じて販売する、いわばネット専門のリユースショップです。ブランド商品や、家電製品などの他に、電動工具やフィギュア、鉄道模型など、単価が高く、コアなお客様がいながら大手の競合がいないニッチな分野に絞った専門サイトを立ち上げ、いまではサイト数が26を超えています。 これに加え、全国に複数の物流拠点、買い取りから販売まで一気通貫で行える体制を構築。ニッチであったビジネスも点から線、線から面へと成長フェーズに入りました。近年、「もったいない」「エコ」「賢い消費行動」といった消費者意識の変化や、インターネットによる商品選択のイノベーション等により、リユース市場は年率8%で拡大する成長マーケットです。しかも、現状のリユース率は車31%、書籍6・7%に対し、その他の商材はまだ1・6%に過ぎないといわれています。また、消費に占めるEC化率もアメリカの6%に対し、日本は3%といわれ、私たちが手掛ける【リユース×EC】の市場が、いかに成長性があるか、おわかりいただけるかと思います。 前述のフリマ事業については、先般事業譲渡を完了させ、現在はより成長の見込めるネット型リユース事業に注力する体制が整いました。乾電池からフリマ、さらにネット型リユースというように、まずオンリーワンの市場を見つけ、第一人者として開拓し、次々とさらに規模の大きいマーケットへと自らを変革してきましたが、これからは、オンリーワンから業界を牽引するナンバーワンの企業へと大きな転換期を迎えます。



 

ベンチャーも様々。 自分に合った会社を選ぶ

いま、大手企業に入りたいと考える安定志向の若者が増えていると聞きます。でも、本当の意味での安定とは何でしょうか。仮に勤め先が潰れたとしても、どこへ行っても通用 するだけの実力をできるだけ早く身につけること。それこそが本当の安定だと私は考えて います。 私のように成長志向が強いタイプなら、成長しているベンチャー企業をおすすめします。仕事が次々と増える一方、人手は足りない。教えられていないことを任されることもあるでしょう。取引先やお客様との交渉やクレーム処理などで矢面に立たされることもあり、ハードです。でも、この苦しい体験こそが、自分を磨くチャンスでもあり、若い頃から様々なことを経験できる裁量が魅力です。 とはいえ、ベンチャー企業とひと口にいっても様々で、会社のステージや方向性次第で、求める人財も、どんなことを大切にしているのかも異なります。自分の軸を定めたうえで、将来の目標をよく考えて、「ここなら実現できそうだ!」とワクワクする会社を選んでほ しいと思います。


事業内容だけではなく、理念やビジョンで選ぶ

就職先を選ぶにあたり、ひとつ知っておいてほしいことがあります。それは、事業内容は日々変わっていくということです。前述のように、当社でも乾電池からフリマ、そして ネット型リユースへと事業が変遷していまがあります。大手企業が液晶テレビの生産から 撤退した事例も記憶に新しいですね。つまり、現在の事業内容だけで会社を選ぶと、「こんなはずでは」と後悔することになりかねないのです。そこで当社では、とくに新卒につ いては、事業内容だけでなく理念やビジョン、社風など、普遍的な部分に共感してもらえ る人を採用しています。何しろ、新卒採用はスキル採用ではなく、完全にポテンシャル採用です。将来の可能性を感じさせてくれる学生を採用したいですよね。「将来こんな仕事 がしたい」「こんな人間になりたい」といった大きな目標や成長意欲を持ち、熱量が大きい学生を求めています。そんな新卒者と弊社の出会いによって新たな可能性が生まれます。

 

大企業は入るよりも、 共に築き上げる

トヨタやソニーといった大企業も創業時は小さな町工場でした。そこから先人たちが努 力を重ね、切磋琢磨してきたからこそ、今日の規模に成長したのです。すでにでき上がっ た大企業を選ぶか、それとも、自らがエンジンとなって、そういった企業を創る側に回るか。私は仲間と共に、ベンチャーを未来の大企業へと創り上げていくほうが面白いと思う のです。たくさんの壁はあるけれど、越えられない壁はありません。大企業というのは入る場所ではなく、自分たちで築き上げる場所。自分の手で会社やビジネスを動かす醍醐味を味わいたいなら、私たちと一緒に未来を創りましょう。

 

リスナーの目線

小林社長の口癖は「勝ち易きに勝つ」。合理的な勝ち方を説く孫子の兵法の一節ですが、いつもながらに感心するのは、32歳にして老成したその論客ぶり。熱いのにどこか冷静、大物経営者に尊敬の念を抱きながらも迎合はしない。まさに知将のような立ち居振る舞いに兵法の奥義を垣間見る気がします。目下、飛ぶ鳥を落とす勢いの、若手注目株ナンバー1です。

Profile

1981年埼玉県生まれ。 2003年大学卒業後、ベンチャー企業に就職。2004年退職と同時に事業スタート。2006年株式会社マーケットエンタープライズ設立。企業理念は「Win-Winの関係が築ける商売を展開し、商売を心から楽しむ主体者集団で在り続ける」。インターネットを通して全国で使用しなくなった品物の買取・販売を行う、ネット型総合リユース業として、業界最大規模の事業を展開している。今後も、持続可能なリユース事業を展開し「More Reuse!」を実現する。

関連キーワード

代表_マーケットエンタープライズ

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (407) 最新ストーリー (36) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー