LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 歳を重ねても学び続ける理由。「仕事は学習と実践を得られる場所」
ストーリー代表・CEO

歳を重ねても学び続ける理由。「仕事は学習と実践を得られる場所」

最新ストーリー代表_セカンドマインド

佐々木 隆之 / Takayuki Sasaki

株式会社セカンドマインド
代表取締役

成長を持続してこそ、与える人になれる

「進化しない人間はつまらない。だからいくつになっても学び、自己成長に貪欲でありたいです」

株式会社セカンドマインドの代表取締役である佐々木隆之は、力を込めてそう話す。

「もともと勉強が好きなタイプではない」という佐々木だが、社長業、税理士業に忙しい日々を送る中でも、学習時間の捻出は欠かさない。人とつながりを持つうえで重要だと考えているからだ。

「人は与えることで、喜びや幸福感を得る生き物だと思います。自分が誰かの役に立ったり、勇気を届けたりできればとてもうれしいですよね。そのためには、知識や情報、さらには人間性のブラッシュアップが必要です。与えるための情報源は、学習の中にあります。生涯、自己研鑽の姿勢を持ち続けたいですね」

若者との交流で見えてきた実態と、自分の使命

常日頃から社会的課題にアンテナを張り巡らせている佐々木。今最も関心を寄せるのが、若者たちを取り巻く環境だ。いつまでも続く不況期に、追い打ちをかけるようにコロナ禍の到来。生きづらさと孤独を感じる若者が増えている。その事実を知った時、自らの使命に気付いたという。

「たくさんの方からの教えや書籍、研修を通じて知識を吸収してきました。そこで分かったのは、先人のおかげで今の自分があるということです。戦時中、私たちの祖先は命を懸けて日本を守り抜き、戦後復興期から高度経済成長期を築いてくれました。次は、自分が次世代の幸せを考え、行動を起こす時だと実感しています」

若者たちが何を考え、何を求めているかを知るために、佐々木は定期的に学生たちと交流を始めた。そこで浮き彫りになったのは、想像以上に彼らが今の日本社会や自分の将来に対して不安を抱いているということだ。

「正直なところ、諦めにも似た悲壮感に駆られている人がとても多く、どのような企業で働き、どのように生きていけばいいかと深く悩んでいる印象を受けます。必要以上に安心を求めて保守的になり、チャレンジ精神や野心が失われつつある。現在の環境や市況観から、前向きになれないのは当然です。だからといって政治には期待できない。私たちのような民間サイドから、彼らの幸せや豊かさを考えて、未来を創り上げることができないか。そのような想いを抱くことが増えました」

明るい未来を築くために、大きなムーブメントを起こしたい。その熱意を胸に、若者への支援にも積極的に取り組んでいる。例えば、起業意欲の高い学生とコミュニケーションを図る場を設け、経営者の観点から情報提供やフィードバックをしている。学生側の意向とマッチした場合は、セカンドマインドの新卒社員として採用する方針だ。

「私も42歳を過ぎ、与える側の年齢になりました。教育というとおこがましいですが、人生を少し長く生きている私の経験や知見を活かすことができれば、こんなにうれしいことはありません。若者たちの叫びやリアルな声に耳を傾けることが、今の使命だと感じています」

自己成長にフォーカスして仕事を選んでほしい

セカンドマインドの社員とも勉強の重要性を共有している佐々木。社是には社員の「進化成長」を掲げ、実現できているメンバーは人事評価制度で正当に評価する。最近では読書会をスタートし、会社全体で知識の深掘りに努めている。

一方で「経験」からしか得られない学びがあることも認識している。佐々木が人材育成や個人の成長において、常に念頭に置いているのは「7・2・1の法則」。ビジネスにおいては、仕事上の経験7割、上司からのアドバイス2割、研修・座学1割によって、成長が促されるというものだ。

「外部研修やビジネスセミナーなどを多く受講し、それらが血肉となった実感はあります。しかし振り返ると、最も成長できたのはやはり現場です。顧客と直接コミュニケーションを図り、周囲と協力し合いながら、目標を達成したり失敗したりする経験に勝るものはないと思います」

だからこそ、若い人たちは自己成長を軸に仕事を選んでほしい、と佐々木は続ける。

「仕事は、学びと実践を同時に叶えられる素晴らしい場です。インプットしたことをすぐ実行に移せるうえ、蓄積した経験や知識を活かして社会の役に立てる。でもどうしても、お金を稼げる仕事や安定性の高い職場を求める傾向が強く、働いていると自己成長や学習への意識が希薄になりがちです。それだけに、日本の未来を担う人たちには、自分の成長を実現できる職を仕事にしてほしい。有意義だと思える仕事に就けば、人生も確実に有意義になります。そのために私ができるサポートは、続けていくつもりです」

公開日:2022年7月15日

Profile

株式会社セカンドマインド 代表取締役/佐々木隆之税理士事務所 代表税理士
1979年生まれ。2002年に立教大学観光学部を卒業後、株式会社ジェーティービーに入社。営業として活躍後、2005年に税理士を目指すべく退職。税理士資格試験の勉強をしながら金子会計事務所で実務の修業を積む。2011年5月に税理士登録。2013年4月に佐々木隆之税理士事務所/株式会社セカンドマインドを設立。

Contact
東京都台東区柳橋1-23-3 VORT浅草橋駅前3F
https://secondmind.co.jp/

Staff

インタビュー・執筆:堤真友子/編集:山田富美
撮影:中島はるか

関連キーワード

最新ストーリー 代表_セカンドマインド

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (646) WAOJE Tokyo (34) メンバー_WAOJE Tokyo (23) 社員_マケレボ (19) 社員_アイドマ・ホールディングス (18) KGF (17) 社員_秋葉牧場 (14) 社員_インフォマート (14) パートナー_リスナーズ株式会社 (14) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (12) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) メンバー_WAOJE Tokyo(団体表示用) (10) 最新ストーリー (9) 社員_アセットガーディアン (9) WAOJE Tokyo_イベント (9) WAOJE Tokyo 理事・委員 (8) 01 社員ストーリー (7) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_ココザス (7) ピックアップ (7) 社員_PMG (7) 社員_プリマベーラ (6) 社員_プルデンシャル生命保険 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 企業_イクリエ (6) 価値観1 (5) 社員_SB C&S株式会社 (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 代表_セカンドマインド (5) 社員_ピープルズコネクト (5) 女性起業家特集 (5) 卒業特集 (5) 入社式特集 (5) 新入社員特集 (5) 沖縄特集 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_シーアールエス (4) 社員_Surpass (4) 社員_識学 (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 社員_日本ファイナンシャルプランニング株式会社 (4) ゴルフ特集 (4) 01 レビュー (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー