LISTEN

TOP > ストーリーセールスマーケティングカスタマーサポート > フード業界を明るく照らすイベントを、インフォマートが提供したい
ストーリーセールスマーケティングカスタマーサポート

フード業界を明るく照らすイベントを、インフォマートが提供したい

最新ストーリー社員_インフォマート

株式会社インフォマート

フードソリューションセールス部 営業3課
吉田 拓 / Taku Yoshida

フードマーケティング部 セールスマーケティング課
大塚 絵美 / Emi Otsuka

カスタマーサクセス部 コンサルティングセールス課
佐々木 知朗 / Tomorou Sasaki

※写真左より

国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営し、フード業界のDX化を支援してきた株式会社インフォマートが、2021年に新プロジェクト『FOODCROSS(フードクロス)』を発足。 『人に寄り添う、テクノロジーでつながる、未来を創造する』をテーマに、展示会やオンラインセミナーを通じて、フード関連企業の最先端の取り組みを紹介し、企業同士の交流を促進。業界全体の発展に寄与することを目的とする。

企業様同士も直接つながれる機会に

外食産業、食品メーカー、卸売業……。コロナ禍で苦しむフード業界を盛り上げるためにスタートした『フードクロス』。11月のオフラインイベントを前に、忙しい準備の合間を縫って、吉田(コアメンバー)、佐々木(営業)、大塚(受付/制作)の3人が本音トークの座談会を開いた。

――フードクロスにかかわり始めたきっかけは。

吉田 フードクロスにかかわり始めた時期もきっかけも、それぞれ違うよね。

大塚 吉田さんは、いわゆる初期メンバー。

吉田 去年コロナ禍となってから、外食業界を応援するために始めたフードクロスのオンラインセミナーからかかわってる。

大塚 あのセミナーはどういう経緯で開催することに?

吉田 あのときは飲食店がかなり打撃を受けて苦しんでいる印象で。フード業界に多くのクライアントを持つインフォマートには何ができるのか、と皆で議論したとき、われわれだからこそ持っている情報やノウハウを発信して、業界の人たちを助けたいという結論に行きついたんだ。それまでも短時間のセミナーは開催していたけれど、1日かけたオンラインのセミナーイベントを開いたのが、フードクロスの始まり。

佐々木 そこからオフラインイベントもやろうという話に発展したんですね。

吉田 外食系企業様だけじゃなく、卸やメーカーの企業様も含めたフード業界の人々が、直接顔を合わせたり、話したりすることで、それぞれの事業をいい方向に向けられるイベントをしたかった。

佐々木 分かります。コロナ禍となって1年半たち、お客様との打ち合わせもオンラインが主流になっています。特に支障なくスムーズに進んでいて、この形がスタンダードになっていくのかと思う一方で、仲良くなったお客様からは「直接会いたいね」とか「会社に来てほしい」といった声もいただくようになりました。

吉田 本当にその声は増えたよね。

佐々木 今回のようにインフォマートと企業様、そして企業様同士が直接接点を持てる機会は、とても貴重で魅力的だと感じたことがフードクロスに参加したきっかけです。純粋にお客様と会えるのが楽しみですね。とはいえ僕が参加したのは3週間ほど前からで、ほかのプロジェクトメンバーに聞きながら、必死に準備を進めている最中です。

吉田 参加する前はどんな視点でフードクロスを見ていた?

佐々木 正直大規模イベントの開催って、難しそうだなと思っていました。しかも、今回はオフライン。でもこれまでオンラインセミナーに参加された、担当のお客様からは「面白かった」とか「ビジネスに活かしたい」と言ってもらえていたし、生の声を聞ける場が求められていると実感していたのも事実です。フードクロスはそういった場に立ち会えるチャンスだと思いました。

大塚 私も、同じ部署の吉田さんがフードクロスのプロジェクトメンバーとして忙しくしている姿を見ていたけれど、まさか自分もかかわることになるとは思ってもいなかった。受付周りとチラシやバナーの制作を頼まれたときは、「仕事増えたなー」と(笑)。でも前職で展示会運営を経験していたし、イラストレーターのソフトも使えるし、自分の知見を活かして役に立てそうだと引き受けました。

吉田 ありがとうございます(笑)。

大塚 制作が好きなのももちろんあるけれど、携わるうちに、大きいプロジェクトを動かす面白みを感じるようになり、モチベーションはかなり上向きです。もともと外食が好きだから、お店が低迷しているのを聞くと悲しい。自分には何もできないのかと考えていたこともあって、フードクロスのイベントがフード業界を照らす明るいニュースになればいいな、と思いながら参加しています。

コミュニケーションロスを解消してくれた雑談部屋

――11月のオフラインイベントを開催するにあたり、力を入れたことやこだわり、大変だったことは?

吉田 特別力を入れた部分を挙げるのは難しいね。僕は、このイベントそのものが会社としてチャレンジの要素が大きいものだと思っている。よくある展示会ではなくて、企業様同士がつながれるモデルを示せるよう、新しいスタイルを考えてきた。失敗を恐れずに、チャレンジし続けてきたこと自体がこだわりなのかなと。

大塚 確かに吉田さんの言葉は、フードクロスのメンバーのほとんどが思っていることだよね。具体的にこれを見てほしいというより、イベントを総合的に見て、私たちの想いを受け取ってほしいという気持ちが大きい。そのために、一つ一つに全力で向き合ってきた。

吉田 イベントを1ヵ月後に控えた今も追われています。

大塚 現在進行形で大変(笑)。

佐々木 3週間前、初めてフードクロスの打ち合わせに参加したとき、「あれ? 意外と決まっていないことが多いな」という印象を持ちました。大規模なイベントにおいて、細部まで話を詰めていくのは大変なんだと痛感した瞬間です。これは自分も早く情報を吸収して積極的に動かなければ、と思いました。

吉田 何か一つのことを決めるのにすごく時間がかかるんだよね。

佐々木 打ち合わせに30人ほど参加するじゃないですか。普通あのくらいの人数だと発言する人としない人がくっきり分かれるんですけど、フードクロスのメンバーは全員が意見を出しますよね。

吉田 しかも誰も答えを持っていないから、着地点の見極めが難しい。「この企画はフードクロスでやる意味ある?」「普通の展示会になっていないか」と自分たちで問いかけながら、企画案を出し合い、さまざまな角度から実現可能か考える。この繰り返し。大塚さんの冷静な視点からの意見をもらうことも多かったね。

大塚 吉田さんをはじめとするコアメンバーが「こんな企画やりたい」と発言した内容をリソースやマンパワーといった現実的側面から見て、具現化できるすべを考えているつもりです。私は吉田さんたちみたいにアイデアがポンポン浮かぶタイプではないけれど、現実的に遂行していくのは性に合ってるから。起案者には「できる・できない」を考えず、好き好きに発言してほしくて。「好き勝手言い過ぎ」と思うことも多かったけど(笑)。

吉田 打ち合わせはほとんどはオンラインだから、コミュニケーションロスも多々あった。お互いの発言の意図を誤解してしまったり。

大塚 昨日もそういったことが起きたけど、GoogleMeet の雑談部屋で解消されたね。

佐々木 雑談部屋って、フードクロスのメンバーが自由にオンラインで会話できるスペースですよね。

吉田 同じオフィス内にいれば直接声をかければ済むけど、リモートワークの今は気軽に相談しにくい。だから18時以降メンバーが自由に出入りできるスペースを設けていて、意外とここで解決されることも多い。

大塚 昨日は打ち合わせで吉田さんたちが提案した案に対して、私が疑問や課題を投げかけたんだよね。でも時間が限られているなか、私の言葉足らずもあってうまく伝わらなかった。案そのものを否定したわけじゃなかったけど、もしかしたらそう受け止められているかもしれないと思って、雑談部屋で改めて意図を話した。結果的に、お互い方向性が合致してよかったなと。

佐々木 フードクロスの準備に参加して感じた魅力の一つが、雑談部屋の存在もあってか、他部署の社員とより深い関係を築けること。直接顔を合わせたことのないメンバーもいるのに、皆仲がいいんですよ。関係性がよければ、プロジェクトもうまくいくと思うし、今後社内のネットワークを活かした取り組みも、さらに進めやすくなるんじゃないかなと思います。

吉田 狙い通りだね(笑)。フードクロスの存在が、部署同士の壁を超えた人間関係作りにもつながるとうれしいね。

フードクロスに賛同したメンバーたちと、継続を目指して

――11月のイベントにおける目標、そしてフードクロスを通じて実現したい想いとは?

吉田 通常展示会を開催する際には、収益目標があると思うんだけど、今回のイベントではインフォマートの利益はまったく考えていなくて。イベントに参加したことで企業様同士がしっかりとつながり、新しいビジネスやコミュニケーションが生まれるきっかけにしてもらえればと思っています。それが一つの成功の形かな。

佐々木 今回のイベントは、インフォマートのブランドイメージを広く知ってもらう機会でもありますよね。「インフォマートなら何かいい情報を持っている」とか「フードクロスに参加したら手がかりが見つかる」と感じてもらえれば、今後飲食にかかわる方たちが困ったときのよりどころとして頼られる場所になれるはず。

大塚 一概に、成功=これっていうのは難しいね。来場者が多くても、満足度が低ければ意味がないし。無事開催できるだけでも、会社として大きな実績になる。あまり成功や失敗にこだわらず、やるべきことを粛々と実行すれば、結果に表れるんじゃないかな。先々のことを話すと、私は2回目もやりたい。

佐々木 そうですね。社内でもフードクロスへの注目度が高まっているから、次回開催するとなればさらに多くのメンバーが集まると思います。そうすればアイデアや企画の幅も広がり、回数を重ねるごとにクオリティーの高いイベントになっていくはずです。

大塚 今回はリソースや時間の関係で、切り捨てなきゃいけないものがたくさんあったから、次は皆が出した案を全部盛り込めるようなイベントにしたい。この業界が好きで、フードクロスのコンセプトに賛同したメンバーばかりだから。

吉田 フードクロスを通じて、本当の意味でのフード業界のリーディングカンパニーになりたい。今後も外食産業だけでなく、食品メーカーや卸売りの企業様にとっても、有益な情報を得られ、つながりを意識できるコミュニケーションの場を提供できるインフォマートでありたいよね。




Staff

インタビュー・執筆:堤真友子/編集:勝木友紀子
撮影:鈴木俊平

関連キーワード

最新ストーリー 社員_インフォマート

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (575) 最新ストーリー (247) WAOJE Tokyo (32) 社員_アイドマ・ホールディングス (19) 社員_マケレボ (18) KGF (17) パートナー_リスナーズ株式会社 (14) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (12) メンバー_WAOJE Tokyo (12) 社員_メディケアー (11) 社員_アセットガーディアン (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) 社員_インフォマート (11) WAOJE Tokyo_イベント (9) WAOJE Tokyo 理事 (9) 01 社員ストーリー (7) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_ココザス (7) 社員_シーアールエス (6) 社員_プルデンシャル生命保険 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_秋葉牧場 (6) ピックアップ (6) 企業_イクリエ (6) 価値観1 (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_識学 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ピープルズコネクト (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_Surpass (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 01 レビュー (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 代表_リスナーズ (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー