LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 「ゼロ」でなく「イチ」同士を掛け合わせれば、オリジナルのストーリーが生まれる
ストーリー代表・CEO

「ゼロ」でなく「イチ」同士を掛け合わせれば、オリジナルのストーリーが生まれる

最新ストーリー代表_株式会社サイドバレイコンサルティブ

コンサルティングとクリエイティブで企業の想いを届け、伴走型で採用を支援する

横谷 真一 / Shinichi Yokotani
株式会社サイドバレイコンサルティブ
代表取締役

採用コンサルティングと採用クリエイティブを軸に事業を展開

「私が目指す伴走型、企業密着型の『コンサルティブ』とは、クリエイティブだけでもなく、コンサルティングだけでもない、その両方を掛け合わせたものです」

そう話すのは、株式会社サイドバレイコンサルティブ代表取締役の横谷真一だ。

採用の目標設定や人材の要件定義、媒体の選定、候補者とのやりとりなど採用フローの企画や運営を一手に引き受け、企業にマッチする人材を獲得する「採用コンサルティング」と、企業の魅力をターゲット視点で見つめ直し、ストロングポイントを見つけて言葉やデザインに落とし込む「採用クリエイティブ」。

同社ではこの両軸を中心に、企業ブランディングやクリエイティブプロデュースといった事業を展開している。

制作会社でライター、大手人材・就職情報会社でディレクターを務めた経験と、総合デザイン会社での採用責任者としての経験を掛け合わせ、「採用コンサルティング×採用クリエイティブ」というオリジナリティの高い事業分野を開拓してきた横谷。成功事例として、東大阪市のボルト製造会社の採用を挙げる。

「超大手企業から直接オーダーが来るほどのオンリーワンの技術を持っている企業ですが、ボルト製造という地味でニッチな分野ということもあり、若い就活生には価値が分かりにくい会社でした。新卒採用も数年間、成功していませんでした」

横谷は会社のイメージを一新するため、コンセプトムービーを制作。同時に、理系の求人が多く掲載される採用媒体に主戦場を移すことを提案。ターゲットとなる学生にコンセプトムービーとスカウト文章を送りアプローチすることで、優秀な人材の獲得に成功した。

同社は、ミッションの中に「伴走型のコンサルティング&クリエイティブ活動の推進と提供」を掲げる。企業担当者や経営者に成り代わり、会社の理念や魅力を言語化する企業密着型の支援は、テーマパーク「アドベンチャーワールド」を運営する株式会社アワーズ、子ども服ブランド「ミキハウス」を展開する三起商行株式会社、スポーツメーカーの株式会社アシックスなど、多くの大手企業からも支持を得ている。

「クリエイティブができる採用コンサルタント」キャリアの掛け合わせが唯一無二の強みに

カタログなどの制作を請け負う制作会社で、社会人としてのファーストキャリアを踏み出した横谷。もともと映像系の仕事を志望していた横谷は、当初、文字だけを扱う仕事になじめずにいた。しかし、ある先輩クリエイターと一緒に取り組むうちに、目の前の仕事に夢中になっていく。

「社内で『神』のような存在のその人は、型破りなアイデアをどんどんアウトプットしてくるのですが、すべてが本質を突いている。アイデア一発で『あっ』と言わせる豪快さがあって、クリエイティブとはこういうことなんだと教えられました」

クリエイティブの力で人を感動させる。一社目の制作会社で得たこのこだわりは、二社目でもいかんなく発揮される。自身の結婚を機に転職した、大手人材・就職情報会社の株式会社マイナビでは、企画制作ディレクターとしてさまざまな企業の採用広報に携わった。

「一人でたくさんの企業を担当するので、効率的なスタイルで仕事をする人が多かったのですが、私はクライアントととことん向き合うスタイルで仕事をしていました。そうした姿勢で取り組んでいるうちに、難しい案件や顧客は私のところに集まってくるようになりました。いつしか『最後の砦』と言われるようになりましたね」

マイナビでは当時、大阪支社にいた横谷。やがて関西の超大手企業を専門で担当するチームの立ち上げを任され、自らも西日本電信電話株式会社(NTT西日本)や積水ハウス株式会社、住友電気工業株式会社など、有名企業を担当。その後、手腕を買われ、東京本社に転勤しないかと誘われた。しかし東京での仕事は自分がやらなくても、いくらでも代わりはいるのではないかと感じた。

「自分だけにしかできない仕事をしたい」

そう考えた横谷は東京行きを断り、マイナビを退職。続いて転職したのは、マイナビ時代に長年採用支援を担当してきた総合デザイン会社だった。

「このデザイン会社が社員数10名ほどの規模の頃から、私が採用支援を手掛けていました。経営者が独特な世界観や価値観、理想を持っていて、個人の自由を重視した実験的な経営をしていました。『この人の理想を叶えたい』と外部から採用支援をしていましたが、今度は実際に組織の中に入り、直接採用に携わってみたいと思ったのです」

ディレクター、プロデューサーとしてクライアントの案件に関わりながら、自社の採用戦略の立案や媒体選定、採用広報企画、説明会運営や面接など、あらゆる新卒採用業務も同時にこなす。採用人数は着実に増え、3年で120名ほどの新卒採用に成功した。

しかし、理想を追求する常識外れの実験的な経営スタイルに対する違和感が徐々に大きくなったこともあり、新たなキャリアを目指して独立を決意した。

「採用コンサルティングもできるし、クリエイティブもできる。今までの経験を掛け合わせた、この両軸が自分の『売り』になるのではと考えました」

こうして2020年、サイドバレイコンサルティブが誕生した。

「イチ」×「イチ」がオリジナルの魅力になる

今、日本ではスタートアップ4.0と呼ばれる起業ブームが起きている。何をもって起業するかを考える時、横谷は「掛け合わせ」の大切さを説く。

「起業当初のフェーズを『ゼロイチ』と言いますが、まったくの『ゼロ』から立ち上げようとするのではなく、自分が持つ『イチ』の経験をいくつか掛け合わせることでオリジナリティが生まれると思っています。自分が持つ、何らかの経験やスキルを3つほど掛け合わせれば、オンリーワンの存在になれるかもしれない。これから起業しようとしている若い人たちは、今の自分に何を掛け合わせればいいかを考えるとよいのではないでしょうか」

こうした掛け合わせの視点は、採用支援や企業ブランディングにも生かされている。

例えば、ある企業では自社で唯一と思われる魅力を採用の過程でアピールしていたが、あらためて根気強く、深くヒアリングをしてみると、魅力的な要素が4つも見つかった。

「4つのうちターゲットに興味を持ってもらえそうな2つの要素を選び、それらを掛け合わせて発信をしてみましょう」

このように、ターゲットに焦点を合わせて絞り込んだ要素をいくつか掛け合わせることで、届けたい層に、届けたい想いを伝えるのだ。

「世の中なんでも、物事のとらえ方が一面的であるように思います。『この会社はこう』『この人はこう』と決めつけてしまうことで、伝えたいことが伝わらなかったり、ミスマッチが起こったりする。そこを前例や常識にとらわれずにターゲット視点で魅力を再発見し、言葉やカタチにしたり、さまざまなディレクションをするのが私の仕事だと思っています」

企業が持つ魅力を発見し、掛け合わせることで新たな価値を生みだす。そんなこだわりを持つ横谷のもとを訪れるのもまた、自社の価値を届けることにこだわりを持ったクライアント企業だ。

土木事業を営むある会社の経営者は、多くの人たちが土木業界に対して抱く「いかつい」「泥臭い」といったイメージを変えたいと考えていた。そうではなく、実はロマンがあって、女性も活躍できる職場であることを伝えたい。横谷は「土木×女性」「土木×ICT」といったキーワードを掛け合わせ、クライアント企業のWebサイトを一新。経営者が考える「これまでの土木業界の常識にとらわれない理想の会社」のイメージを具現化した。

「こうした業界の変革を唱えているような企業は、今ある閉塞感を打破しようとさまざまなチャレンジをしています。私自身、『この業界はこうあるべき』などと決めつけたくないので、新しい取り組みを始めようとしている企業は応援したくなりますね。当社は、こうした変革を望むような企業と相性がいいと思っています」

個性や魅力を発見して「本当にいいもの」が世に出る手助けをしたい

創業から二年。ここまでがむしゃらにクライアントと自分のために働いてきたという横谷だが、今後は社会貢献的な取り組みも視野に入れたいと話す。

「業界をより良くしようと奮闘している会社は、世の中にたくさんあります。例えば、発達障害を持つ子ども向けの療育施設の中には、健常児向けの塾の延長のようなカリキュラムを提供しているところが少なくありません。しかし、私が今ブランディング支援をしている療育施設では、エビデンスに基づいた療育プログラムを提供し、そこにICTを導入することで療育業界を変えようとしています。

また、和歌山県の那智勝浦には、地元のマグロを広めようと活動する水産業者がいます。大阪市内で食べるマグロよりも、ものすごくおいしいんですよ。そうした『いいもの』を世の中に広めていきたい。私がそこに関わることで、本当に価値のあるものが世に出ていく。そんな流れを作りたいですね」

中小企業は「自分たちには魅力がない」と思い込んでいることが少なくないが、どんな企業にも、必ず複数の魅力があるはずだと横谷は力強く話す。また、業界の常識に照らし合わせて「ここが魅力だ」と感じる部分以外にも、固定観念を外すことで違う魅力が見つかることもある。その人や企業が持つ要素、個性、特徴を発見することを常に大切にし、クライアントを支援する。

「目の前の人や企業は一体どんな魅力を持っているのか。それを発見しなければ、本当の価値が伝えられるモノを作ることはできません。同時に、そうした発見の意識を自分に対しても向けるべきだと思っています。自分の持ち味は何か。これまでの歩みを振り返り、何を掛け合わせていくべきかを考えることで、自然と進むべき道が浮かび上がってくるのではないでしょうか。人の持つ良さと同時に、自分の持つ良さも発見してほしいですね」

公開日:2022年9月8日

Profile

1977年生まれ。立命館大学経営学部・環境・デザイン・インスティテュート卒業。株式会社大伸社にライター、プランナーとして新卒入社。2006年に株式会社マイナビに転職。制作ディレクターとして、さまざまな企業の新卒採用広報ツールを企画制作。大阪支社初となる大手企業対策チームの立ち上げを任され、自身も大手企業を多数担当。

その後、東京異動を断り、長年担当していた総合デザイン会社に転職。ディレクター、プロデューサーとして数々の案件を担当しつつ、自社の新卒採用責任者として活躍。3年で新卒120名の採用実績を残す。2020年3月に独立し、株式会社サイドバレイコンサルティブを設立。伴走型のコンサルティングとクリエイティブ=コンサルティブを軸に、採用支援やブランディング支援、広報ツール制作などを行っている。

Contact
大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1−1 江戸堀センタービルB1F

Staff

インタビュー・執筆:宮原智子/編集:小田恵
撮影:岸本龍人

関連キーワード

最新ストーリー 代表_株式会社サイドバレイコンサルティブ

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (680) 最新ストーリー (38) WAOJE Tokyo (34) メンバー_WAOJE Tokyo (23) 社員_マケレボ (19) 社員_アイドマ・ホールディングス (18) KGF (17) 社員_秋葉牧場 (14) パートナー_リスナーズ株式会社 (14) 社員_インフォマート (13) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (12) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) メンバー_WAOJE Tokyo(団体表示用) (10) 社員_アセットガーディアン (9) WAOJE Tokyo_イベント (9) WAOJE Tokyo 理事・委員 (8) 01 社員ストーリー (7) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_ココザス (7) ピックアップ (7) 社員_プリマベーラ (6) 社員_プルデンシャル生命保険 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 企業_イクリエ (6) 社員_PMG (6) 価値観1 (5) 社員_SB C&S株式会社 (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 代表_セカンドマインド (5) 社員_ピープルズコネクト (5) 女性起業家特集 (5) 卒業特集 (5) 入社式特集 (5) 新入社員特集 (5) 沖縄特集 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_シーアールエス (4) 社員_Surpass (4) 社員_識学 (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 社員_日本ファイナンシャルプランニング株式会社 (4) ゴルフ特集 (4) 01 レビュー (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー