LISTEN

TOP > ストーリーその他 > 新たな発見・驚きよろこびに満ちた本当に「価値ある旅」を届けたい
ストーリーその他

新たな発見・驚きよろこびに満ちた本当に「価値ある旅」を届けたい

社員_マゼラン

日本に「ラグジュアリートラベル」
という新たな選択肢を

旅のエキスパートが
提案する唯一無二の
フルオーダーメイドツアーで
人生を豊かに

マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト株式会社
エグゼクティブコンシェルジュ
込谷美香 / Mika Komiya

「質」を重視した、本当に「価値ある」旅を届けたい

「日本にも“ラグジュアリートラベル”という新たな旅の選択肢を広める」「日本にも“ラグジュアリートラベル”という新たな旅の選択肢を広める」
こうしたビジョンを掲げ、1998年、マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト株式会社(以下、マゼラン)は誕生した。同社が提供するのは、フルオーダーメイドの完全プライベートツアー。旅の目的、行先からホテル、食事、過ごし方までお客様の要望を細かく聞き、さらに趣味・趣向に合わせたツアーをゼロから組んでいく。ゴルフ旅行やワイナリーの購入をはじめ、ホンダジェットなども取り扱う。また、自社で扱うホテルは、すべて旅慣れたスタッフが実際に宿泊し、厳しい審査基準をクリアした施設のみを紹介。旅の『質』を重視し、よりお客様の満足度を高める旅行を提供することで、全国のお客様から高い支持を得ている。



「大切にしているのは、お客様の期待を超える旅の価値を創造すること」と語るのは創業者であり、代表取締役を務める朽木(くちき)浩志。20代の頃に勤務していた旅行会社で、「旅の価値」について疑問を感じたことが創業のきっかけだった。当時、扱っていた大手旅行会社のパッケージツアーは、低価格を重視した旅が多く、旅程も行先も定番化していた。お客様に最適な提案ができないことにもどかしさを感じた朽木は旅行会社を退職。数年間、異業種での勤務を経て、旅行業での起業を決意した。
「起業にあたり、知見のある旅行業で自分はお客様に何を提供したいかと考えたとき、まだ日本では定着していないラグジュアリートラベルに行きついたのです」
朽木がこれまで出かけた海外の国々では、ラグジュアリートラベルは旅の選択肢の一つとして認知されていた。特に影響を受けたのが、各国にあるラグジュアリーホテルの存在。アフリカや南米など、日本では行く人が少ない国にも、必ずハイクラスのホテルがあった。朽木は当初、「そんなところにもラグジュアリーホテルがあるのか」と不思議に思っていたところでさえ、実際に訪れてみると、世界中から人々が集まっており、そのロケーションやサービスに感動したという。
「例えば、アフリカの砂漠の真ん中にあるラグジュアリーホテル。遮るもののない地平線に沈みゆく夕陽を眺めながら、上質な空間でくつろぐ。世界には、こんな贅沢な経験ができる場所があるのかと感じました。世界には日本に住む人がまだ知らない素晴らしい経験ができる場所がある。それをラグジュアリートラベルとして私たちの手で届けたいと強く思ったのです」
ラグジュアリートラベルの概念を日本に広めるべく事業を進める中、朽木が出会ったのが『AMAN』だった。AMANは1988年、インドネシアのエイドリアン・ゼッカ氏が創業したリゾートホテルチェーン。ロケーション、サービス、ゲストルームなど、あらゆる面で他のハイクラスホテルと一線を画し、開業以来、世界中の人々を魅了している。31箇所あるAMANのほぼすべてを訪れ、その魅力を知った朽木は、時間をかけて関係者と信頼を築き、日本の人々にAMANを認知させることに成功した。これを機にマゼランは、日本におけるラグジュアリートラベルのパイオニアとして業界内で広く知られるようになった。
「私たちの言うラグジュアリートラベルとは、必ずしもリッチにゴージャスに過ごすという意味ではありません。お客様にとって、心の底からご満足いただけるか、期待を超える価値をご提供できるかどうかが、最も大切だと考えています」

 

「人」と「旅」が好き。お客様とまだ見ぬ景色を求めて

2017年、こうした朽木の理念に賛同する心強い仲間が加わった。

それが、込谷(こみや)美香。大手旅行会社JTBに12年間勤務し、法人営業・店頭営業・富裕層マーケット・個人営業で活躍した旅のエキスパートだ。

込谷のミッションは、お客様の自宅や会社を訪問して旅の要望を伺い、ツアープランとして形にすること。時には添乗員として同行し、現地でサポートをおこなう。豊富な旅の経験を活かし、現在、東京を拠点にエグゼクティブコンシェルジュとして活動中だ。

「私にとってこの仕事は天職」と語る込谷は、大の旅行好き一家で育った。幼少期から家族や親戚と旅行に出かけることが多く、自然と旅が好きになった。旅先で現地の人を見つけては、自分から声を掛け、話をするのが大好きだったという。

「人が好き」、「話すことが好き」。成長とともに自分のアイデンティティを自覚した込谷は、大学進学後、放送研究会に所属。学生ながらラジオ番組に出演したり、ナレーターや司会を務めたりするうちに、「話す」仕事に魅力を感じるようになった。就職活動ではラジオパーソナリティーを志望し、日本各地の放送局を回った。その一方で、子どもの頃から親しんでいた旅行会社JTBも受験し、内定を得ることができた。

「地方局の面接では必ず数日前に現地入りし、地元の方に話を聞いたり、郷土料理を味わったりするようにしていました。面接に挑むための情報収集のつもりでしたが、だんだん旅することが楽しくなってきて(笑)。『やっぱり私は旅行が好き』と再認識し、JTBへの入社を決めました」

入社後すぐ、企業や学校の団体旅行を提案する国内の法人営業部に配属され、営業として活躍。1年後、JTB渋谷支店へ異動した。店舗では、カウンター業務をメインに、格安航空券、パッケージツアー、海外ウエディング、高額ツアーなどさまざまな商品を販売。幅広いお客様に対応するため、「お客様の心の扉を開けること」を心掛け、お客様の話をじっくりヒアリング、要望に応えるツアーの提案に取り組んだ。


 

しかし、パッケージツアーは融通が利かないことが多く、込谷は「もっとお客様に合った、本当に満足いただけるパーソナルなプランを提供したい」と思うようになった。当時の上司の理解もあり、店頭でただ一人、オーダーメイドツアーの販売を開始、多くのお客様から好評を得た。

店舗でトップセールスを達成した込谷は、その実績が評価され、入社5年目で富裕層マーケット部門『ロイヤルロード銀座』事業部のコンシェルジュに抜擢される。JTB内でも選ばれた社員だけが集う憧れの部署への配属に「ワクワクが止まらなかった」という。

「お客様とともに“オンリーワン”の旅を創る」。ロイヤルロードでは、これまで培ってきたお客様のニーズを引き出す力を存分に発揮し、カンボジアの遺跡を貸し切ってのパーティーやミシュランレストランだけを巡る旅、高齢のお客様の思い出の地を訪ねる旅など、お客様一人ひとりの想いを実現するプランの提供に全力を尽くした。

その一方で、各都市のホテルや施設を視察する中、込谷もまたAMANに魅了された。そして数年後、AMANが縁となり、朽木と出会ったことで込谷の運命は一変する。


「旅」は人生そのもの。新たな驚き・発見・よろこびを見つけてほしい

「私は、定年までJTBで働くつもりでした。でも、『オーダーメイドのラグジュアリートラベルを極めたい』と考えていた私にとって、同じビジョンを掲げる朽木とマゼランで働くことは大きな挑戦になると思ったのです」

突然訪れた転機に、込谷は簡単に決断することはできなかった。しかし、朽木の「本当に『価値ある旅』を創造する」という情熱と、“常にお客様だけを見る”、その姿勢に心を動かされ、悩んだ末、転職を決意した。

マゼランに入社後、込谷は早速、プランナーとしての手腕を発揮。スリランカでのオーダーメイドウエディングでは、会場の装飾、新婦のブーケからドレス、食事、ゲストの過ごし方まで細部に渡り、綿密なプランを練り上げた。ワインが好きな夫婦の記念旅行では、仏・ボルドー地方のワイナリー巡りをプランニングし、現地でのサプライズも用意。「お二人のよろこぶ姿を見るのがとても楽しみ」と笑顔を見せる。

「お客様自身も気付いていないような細部の趣向まで汲み取り、100%満足いただける旅をお約束します」と語る込谷。その高いホスピタリティの原点には、尊敬する母の存在がある。込谷の母は、家族や周囲への思いやりを欠かさない人だという。家族の入浴中、脱衣所に冷えたミネラルウォーターを用意しておいたり、時には友人たちに、夕食をフルコースのようにふるまったりと、人が心地よいと感じることを自然とできる人だった。そんな母の姿を見て育った込谷は、「自分も誰かに“よろこび”を与えられる人でありたい」と考えている。

「きっと誰もが、生涯を終えるまで思い出を作りたいと思うのではないでしょうか。旅することは、時に人生にヒントを与え、視野を広げてくれます。ITが発展している現代だからこそ、旅を通じて得られる経験は、より貴重なものになるはず。私は『Travel is your Life』、旅先が旅人を豊かにすると信じています。一人ひとりに寄り添えるライフプランナーのような、『旅のコンシェルジュ』でありたいです」

 

リスナーの目線

「私はお客様の世界にどっぷり入るタイプ」と言い、どんな些細な要望でも遠慮なく言えるよう、心を開いてお客様に飛び込んでいくという込谷さん。ロイヤルロード時代は、「添乗に出ているか空港にいるかのどちらかでした」と笑いますが、JTB時代も今も仕事が楽しくて仕方ないそう。明るい笑顔と旅への情熱、高いホスピタリティ。込谷さんならきっと今までにない旅に連れて行ってくれる、そんなワクワク感に満ち溢れた取材でした。

インタビュー・編集/高橋奈巳
撮影/平山諭

Profile

神奈川県湘南出身。大学卒業後、2005年、株式会社JTB入社。神田支店で法人営業を担当したのち2006年、渋谷支店に異動。格安航空券、パッケージツアー、海外ウエディングなど幅広い商品に携わる。2009年、JTBのラグジュアリートラベル専門部門「ロイヤルロード銀座」に異動し、富裕層マーケットにおけるツアーコンシェルジュとして活動。
10年連続JTBの業績表彰式に選ばれ、JTB首都圏トップセールスとして、「ロイヤルロード銀座」にてチーフコンシェルジュを務める。
2017年、JTB退職後、マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト株式会社に入社。現在、東京を拠点にエグゼクティブコンシェルジュとして活躍中。

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

社員_マゼラン

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (407) 最新ストーリー (36) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー