LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 女性が働き続けられる「ファンづくり」という仕事
ストーリー代表・CEO

女性が働き続けられる「ファンづくり」という仕事

代表_ウィル・ビー

株式会社ウィル・ビー

代表取締役
冨樫 美穂 / Miho Togashi

 

働くことを楽しんでいた末に出会った不動産業

今でこそ、悩みなんてひとつもないように見られがちな私ですが、小さい頃は引っ込み思案な子どもだったんです。それが今のようなオープンな性格へと変わっていったのは、思い返せば「働くこと」がきっかけだったように思います。

高校の頃から地元のおそば屋さんとお好み焼き屋さんとコンビニを掛け持ちするくらい、アルバイトに明け暮れていたのですが、短大に入って化粧品会社や携帯電話会社のテレアポなどをやり始めると、インセンティブも貰えちゃって…。

頑張れば頑張るほど時給やインセンティブも上がっていくから働くことが面白くなる一方だし、時には褒められたり、飲食店では看板娘なんて言われて重宝がられたり、それは楽しいアルバイト三昧の毎日でした。

当時はお金を稼いではハワイ旅行に行くという暮らしを謳歌していたので、短大の2年間はあっという間に過ぎていきました。卒業が近づいても就職活動すらしていない私を心配した友人が、ある会社を紹介してくれたのをきっかけに、携帯電話の通信販売という仕事に出会うことになります。

最初はアルバイトとして時給で働いていたのですが、卒業すると社員として月給で働くように会社から言われました。でも月給となると、どう考えてもアルバイトの時給に比べて大幅に手取りが減ってしまいます。仕方がないので「じゃあ私、1人でやるので部屋を貸してください」と言って、その会社の1室で個人事業として始めることにしたんです。まだ卒業から2ヶ月、弱冠20歳。これが起業のきっかけでした。

経営ノウハウなどありませんでしたが、時代の追い風もあって、事業はすぐに軌道に乗りました。携帯電話はどんどん売れるし、自分の名刺を持てたり、接待をされたりと、仕事ごっこみたいでそれは楽しかったですね。取り込み詐欺に騙される憂き目も経験しながらも、事業はとんとん拍子に伸び続け、年商は7億円程度にまでなりました。

携帯電話を右から左に流して利ざやを稼ぐビジネスは、言ってしまえば楽にお金は貯まるし、自由な時間もありました。そうするとあまりに暇過ぎて、ビジョンも何もなく始めてしまった自分が、一体何をしているのか、わからなくなりました。悩んだ挙句に、自分は経営者でありながら、経営について無知であったと省み、勢い余って青山学院大学の経営学部に編入してみたこともあります。

とはいえ、すでに経営者としての現場経験のある私には、座学は退屈極まりありません。その頃の私は進むべき道を完全に見失っていたのでしょう。ある時、取引先の社長から「現場で学べ!」と叱咤されて目が覚め、新しいビジネスを探し始めたところ、不動産会社の知り合いから「不動産が向いているのでは」と勧められました。

不動産屋と聞くと怖いイメージもありましたが、携帯電話事業の将来性に不安もあり、不動産屋の2代目という男性との出会いをきっかけに、携帯電話のオフィスを二分して立ち上げたのがウィル・ビーでした。24歳の時です。

不動産業とはお客様と一生お付き合いできる仕事

当社は現在、渋谷区・世田谷区・目黒区を中心にした不動産仲介・売買業を営んでいます。設立から現在に至るまでには、やはりいろいろな苦労や経験がありました。

なにしろ不動産業界の知識がまったくありませんでしたので、給与制度も分かりません。不動産業界出身の創業メンバーからこの業界はほとんどが歩合制であることを教わり、かなり高めの歩合で人材を募集したところ、各業界の強者たちが集まってきました。

熱気を帯びた職場は、それはそれで楽しかったのですが、彼らのやり方は歩合給を取ることに熱心で、時には自分の手取りが増えるようにお客様を誘導してしまうことも出てきます。

お客様をだますような拝金主義では会社がだめになる…。ちょうど新卒を採用し始めた時期だったこともあり、私は思い切って会社の方針を改め、歩合制を完全に廃止しました。当然それまでの社員は反発し、ほぼ全員が辞めていきます。結果として、業績は一気に赤字に転落しましたが、新人たちと再スタートを切った私は、清々しい気持ちでした。

自分の損得を考えず、ひたむきに頑張る社員たち。お客様はきちんとその姿を評価してくれます。爆発的な売上にはならなくても、堅実な対応が口コミでいい評判となって広がり、次第に業績も回復してきました。不器用でも、真摯に仕事に向き合っていれば、結果は必ず出るのだと実感しました。

仕事をする目的には大きく、お金を稼ぐこと、自分が成長することの二つがあると思いますが、当社は後者にこだわり、評価・教育制度を整備しています。ここでスキルアップしたら、不動産以外のどんな業界でも活躍ができる力を身に付けて貰いたいのです。

私が持続的な成長にこだわる背景には「お客様と一生お付き合いする」という思いがあります。不動産屋さんといえば、一攫千金を狙う若手営業マンを抱えているところと、高齢になっても頑張っているお婆ちゃんが家族経営しているところに二分されるのですが、当社はその中間を狙いたい。20代の子もいれば、30代から50代くらいまで、生涯をかけてお客様の担当を続けているスタッフもいるような会社です。

今でも当社には10年以上勤務している社員がいて、何年も前に担当したお客様が、今度はお子様を連れてきてくれるといった嬉しい光景も見られます。何しろ年間に1人で300人近いお客様を担当する仕事ですから、10年勤務すればのべ3000人もの?がりや信頼を築くことになるわけです。

また、戦後70年の日本には、まだ築100年超の物件はそう多くはありませんが、建物の耐久年数からすればゆうにそれくらい持つわけです。命の次に大切ともいえる不動産を何十年、百年とお預かりする仕事である以上、継続することが大事なのです。

これからの時代、私たちも先達の方々以上に長生きするでしょう。自分の人生と仕事を両立させながら70歳になっても働いていられる仕事って、楽しい! そう思える人たちが集まる会社がウィル・ビーでありたいと思います。

冨樫 美穂

これからの女性は年収500万円を稼ぎましょう

「将来やりたいことが見つからない」「ビジョンがない」と悩む若い人がいますが、私の経験からすると、そんなものは別になくてもいいと思います。私自身はよく周りから「何でそんなに頑張れるの?」と不思議がられるのですが、昔から働くことが楽しかった。与えられた仕事や役割を頑張ることで、そのうち誰かに評価され、それが嬉しさや喜びにつながり、もっと頑張れる好循環が生まれるものです。

それから、未知の世界にビクビクして近付こうとしない姿勢はもったいないと思います。私なんか、初めてのテレアポでも好奇心のほうが上回って、断られても、ガチャ切りされてもひたすら電話をかけまくっていました。今でも全然動じない性格は、我ながら大きな強みだと思っています。

また、私自身が結婚して子ども2人を産み、育ててみて、妻であり、母親である女性が時短ワークをしながら生産性をいかに上げていくか…〝女性のあるべき働き方〟みたいなものが見えてきました。

こんなことを言うと私が社長だからと思われそうですが、誤解を恐れずに言えば、これからの女性は年収500万円を稼いでほしいと思います。

当社でも女性の転職希望者と面接をすると、200~300万円くらいの年収を希望する人が多くてちょっと複雑な気持ちになります。

女性が仕事を続けていくうえで、旦那さんの協力は必要不可欠であることは、私も実体験から痛感するところです。そのうえで、仮に500万円以上を稼いでいる奥さんであれば、それは旦那さんも辞めろとは言えないし、対等な関係が築けるはずです。でも奥さんの年収が200万円くらいだったら、「俺が頑張るから」と言われてしまうかもしれない。だから出来れば独身のうちに年収500万円を目指してほしいのです。

もちろん女性ですから、キャリアを築こうと頑張っていても、ふとした時に「結婚して家庭に入るのもいいかな」という考えがちらつくこともあるでしょう。でも「女性だから」という理由だけで、自分自身の限界をつくってしまうのは、同じ女性としてもったいないと思います。限界をつくらず、可能性を試す、何かをとことんやってみる。逆に考えたら、女性には最終的には家庭に入ると言うオプションまで用意されているわけですから、ある意味、怖いものなしではないですか。

女性が限界をつくらず、長く働き続けるという意味では、不動産業界は非常にお勧めです。何しろ、毎日が「自分のファンをつくるような仕事」です。10年も働けば3~4割は紹介やリピーターのお客様で占められ、電話とメールさえあれば、時短や在宅勤務でも十二分に仕事ができるようになります。

アメリカでは賃貸仲介はエージェント制で、その主役は女性なんです。ちなみにウチの会社で一番稼いでいるのも女性です。

当社ではそういう女性をどんどん輩出していきたいですし、私自身、歳を重ねるごとに、魅力があって、家族や周囲の人から頼られ必要とされる人間になりたいと思っています。

リスナーの目線

チャキチャキなんだけどガツガツしてない。美人なのに屈託が無い。不思議な魅力の謎が、この取材で解けました。根っからの商才なのか、学生時代からいつもビジネスが身近にあって、しかもそれを楽しんで来られたんですね。我々取材陣の女性スタッフにも気を遣っていただき、これからの女性の働き方についても大いにご教授いただきました。

Profile

1976年、山形県生まれ。短大卒業後、携帯電話の卸売にて個人創業し、翌年に法人化。
2000年9月株式会社ウィル・ビー設立。現在は、池尻大橋と代官山にて3店舗を展開。
女性ならではの視点で、お客様と一生涯のおつきあいができる地域密着型の不動産会社を目指している。
長男・長女を持つ二児の母として、これからの女性の働き方を体現中。

関連キーワード

代表_ウィル・ビー

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (381) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 最新ストーリー (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2) 代表_株式会社サーキュレーション (2) 代表_アルサグループ (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー