LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > ベンチャーとはイノベーションと 笑顔の循環を生み続けるもの
ストーリー代表・CEO

ベンチャーとはイノベーションと 笑顔の循環を生み続けるもの

代表_GMOインターネット

GMOインターネット株式会社

代表取締役会長兼社長・グループ代表
熊谷 正寿 / Masatoshi Kumagai

夢を書き綴ってみたら気持ちがスーッと楽になった

振り返ってみると、いまの私があるのは夢があったからなのだとつくづく思います。高校を2年で中退して、18歳で父の経営する会社へ入り、20歳で結婚。21歳のときには子どもも生まれ、この頃の私は朝から晩まで働きながら放送大学で学ぶなど、夫、父親、学生、社会人の「一人四役」をこなしていました。一方、大学生になった友人たちは遊びやバイトに楽しそうに飛び回っている。私は父の後継者でありながら、「給料は一番安く、誰よりも長く働く」という家訓により、経済的にはとても厳しかったこともあって、友人たちを羨うらやみ、気分はいつも暗く落ち込みがちでした。

そんなとき、ふと、将来なりたい自分の姿や、一生涯を通じてやりたいこと、夢や願望などを思いつくままにメモ帳に書き綴ってみたんです。そうしたら、気持ちがスーッと楽になった。気が付けばこの作業に熱中し、繰り返すうちに、「いまはこうだけど、将来は必ずこうなる!」という強い意志が湧き上がってくるようになりました。

いつしか夢や目標が数百にもなり「夢のリスト」ができていました。中でも仕事の分野でいえば「何かの分野で圧倒的ナンバーワンの実業家になる」「35歳で上場する」という明確な夢も生まれました。そこで今度はこの夢を実現するため、いつ何をやるのかという「未来年表」を作りました。人生の設計図ともいうべき年表には、35歳のゴールから逆算した15年分につき1年単位の具体的なスケジュールを明記。私は書き出した夢に優先順位をつけ、6分野に夢を配置した「夢ピラミッド」と、未来年表をいつも持ち歩き、気持ちを奮い立たせ、夢の実現のためにがむしゃらに働き、独立に備えて貯蓄しました。

そして91年5月、28歳で起業。その後、インターネットと巡り合って95年にプロバイダー事業へ進出し、99年に独立系インターネットベンチャーとしては、国内初のJASDAQ上場を果たしました。夢の期限より1カ月遅れて、36歳と1カ月のことでした。新興市場がなかった当時は、設立10年以内に上場できる確率は1000万分の17だったそうです。私にそれができたのは、夢を持って、それを周りの仲間たちに語り、夢を共有したからだと思っています。夢を持つことと生涯かけてやりたいことをはっきりさせることが、とても大切なのです。

 

笑顔が三者に循環する夢は自然と実現する

夢を持つには多少のノウハウが必要です。まずは夢を書き出すことを繰り返し、習慣化 すること。何十、何百と書いていくうちに、自分が本当に求めている夢が見えてきます。 また、夢を書き出すには手帳がおすすめです。時間があいたときに読み返すことで潜在意 識に記憶させ、日々の行動へとつなげることができます。また、手帳なら持ち運びにも便 利で、人に見せることもできる。夢を語ることはとくに大切です。書いて、話すことで頭 の中が整理されていく。そして何より、夢をオープンにすると、具体的に行動せざるを得 なくなるという効用が大きい。人は日々の生活や誘惑に流されやすいものですから、いつ でも繰り返し夢や目標を読み返し、誰かに伝えて感想や意見をいってもらうことは、とて も重要だと思います。

実現する夢には共通点があります。それは、実現すると、周りの人が皆ハッピーになれ るという点です。例えば「圧倒的によいサービスをお客様に提供する」という夢であれば、 実現すればお客様に喜んでいただけるし、提供する仲間も誇りが持てます。そして利益が 出ることで報酬やポジション、チャンスも増え、ひいては株主にも利益が還元されるで しょう。また、上場すればマーケットからも評価される。お客様と当社の仲間、株主様の 三者に笑顔が循環する夢だからこそ、周囲の人が賛同し協力してくれるわけです。このよ うに、関わる人が誇りを持てる夢は、自然と叶います。一方、「とにかくお金持ちになり たい」というような夢は、一時的な自分の動機付けにはなっても、スタッフからは「あな たの私腹を肥やすために働いているわけではない」と見放されてしまうでしょう。独善的な夢や目標は叶ったとしても、長くは続かないものです。

「働く」 とは、 命を削って全力で取り組むこと

よく「今日は8時間働いた」という言い方をしますよね。でも私にとって働くことは、 単に時間ではなく、命を削って全力で取り組むことなのです。人間には寿命があります。 誰でもいつか死にます。例えば、あと30年生きられるとすれば、残された時間は「24時間×365日×30年=26万2800時間」です。つまり「時間=命」なのです。この限られ た時間の中から、仕事のために8時間分の命を削ったことになるのです。

こうしている間にも、命のカウントダウンは続いています。20歳の頃は、自分の余命など考えることはないかもしれません。でも、このような時間感覚を若いうちから理解して、 自分の命や人生を懸けて何をするのか、という真剣さで仕事を選んでほしいと思います。 就職すれば、仕事に使う時間が一番多くなります。「時間=命」ということを忘れないで ほしいのです。

だから、お金を稼ぐためだけに働いてはダメです。お金と命を引き替えにすることなど できない。もちろん、お金は大切です。私も20代前半はお金を稼ぎたい、いい生活がした いと思っていました。でも、お金を稼ぐために事業を拡大していたら、ここまで来られな かった。人生を何かに捧げて世の中をよくしたい、周りの人の笑顔を増やしたい、という 使命感が芽生えて初めて、賛同者も増え、自分も命を懸けようという気になれる。お金は 「目的」ではなく、「結果」でなければなりません。起業家はとくに、お金を目的にしてい たら、会社は大きくならない。これは原理原則だと思います。

私はインターネットを広めることで、多くの人の生活を便利にすることが、神様から与 えられた使命だと思って、全力で邁進しています。


イノベーションで世の中を変革するのがベンチャー

就職に際しても、仕事を通じて将来は社会にどう貢献しようか、というところまで考え てほしいですね。給与が高い、就職人気企業ランキング上位、だからあの会社に入ったら カッコイイ、なんていう理由で会社を選んでほしくありません。

では、どういう会社を選べばよいのか。私だったら、成長意欲が旺盛なので、伸びている産業に行きたいと考えるでしょうね。なぜなら、伸び盛りのステージで自分のアイデア を発揮するほうが、世の中にインパクトを与えられるし、貢献できる可能性が高いからで す。逆に縮小傾向の産業に身を置いても、チャンスは減るばかりです。

一度きりの人生。自らの可能性を信じるのであれば、成長中のベンチャー企業を就職先 に選ぶのはありだと思います。そして、もし私がいま就職するとしても、インターネット に関わる仕事を選びますね。インターネットに関わる分野はいまだに成長を続け、今後も 有望だと感じているからです。

ベンチャーというと、できたばかりの会社とか、規模の小さな会社、と思われがちです。 でも私は、ベンチャー企業とは、イノベーション、そしてお客様・スタッフ・株主様の三 者に笑顔の循環を生み出し続けるものだと解釈しています。規模や社歴にかかわらず、新 しい技術や発想で、世の中をもっと便利に、もっとよくしていこうとしている会社が、ベ ンチャーだという考えです。「熊谷さんのところはもうベンチャーの規模じゃないです ね」といわれることもありますが、その意味ではずっとベンチャーであり続けたいと思い ます。

チャレンジし続ける人生

当社もこれまで順風満帆に来たわけではありません。400億円の損失を抱え、倒産の危機に直面したこともあります。そのとき、当社の買収に動いていた外資のファンドからは、買収に応じれば百数十億円の資産が私に残るといわれました。もしあのとき、会社を 売却していれば、ホノルルあたりで悠々自適の生活を送ることもできたでしょう。

しかし、当社のために命を懸けてくれている仲間を残して、自分だけが逃げ出すことなど私にはできなかったし、その判断はいまでも正しかったと思います。そんな苦境にある ときも、仲間が一人も辞めず、他の仲間や会社を守るために必死で努力してくれた。苦境を脱することができたのは、ひとえに心強い仲間があったからこそだと思います。

高校中退で、お金も何もなかった私が、いまは上場企業6社のオーナーです。グループ会社は71社、世界中に会社があり、仲間は3777人、お客様の数は何百万件にも及びます。こんなことができたのは、すべて夢の力です。私の行動や意志を支えているのは夢なのです。命を懸けるに値する夢を持ち、本気で取り組むことができたら、とても幸せなことだと思います。夢に向かって、チャレンジし続ける人生を送ってほしいですね。

 

リスナーの目線

有限である命と果てしない夢。だからこそ時間は最大限に有効活用されなければならない。終始、メディアで拝見する笑顔のままに対応される熊谷社長ですが、さすがに従業員数3000人を超えるグループのトップとあって、時間管理、そして自己管理の鬼とお見受けしました。厳しさと笑顔、公私の振れ幅が、これだけ多くの人を惹ひ きつけるのですね。

Profile

1963年長野県生まれ。
東証一部上場のGMOインターネットを中心に上場6社やGMOクリック証券などを含むグループ71社、スタッフ約3777名を率いる。(2013年11月末時点)「すべての人にインターネット」を合言葉に日本を代表する総合インターネットグループを目指し、Webインフラ・EC事業、インターネットメディア事業、インターネット証券事業、ソーシャル・スマートフォン関連事業を展開。主な受賞歴に、2000年日経ベンチャー「99年ベンチャーオブザイヤー」(新規公開部門2位)、2005年米国ニューズウィーク社「Super CEOs(世界の革新的な経営者10人)」、2013年第38回経済界大賞「優秀経営者賞」などがある。著書に『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(かんき出版)、『20代で始める「夢設計図」』(大和書房)など。

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

代表_GMOインターネット

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (395) 社員_アセットガーディアン (20) 最新ストーリー (17) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ネオキャリア (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー