LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 人と人をつなぐ力、 事業デザイン力を駆使して、 マーケットの創造へ
ストーリー代表・CEO

人と人をつなぐ力、 事業デザイン力を駆使して、 マーケットの創造へ

代表_エイトランド

株式会社エイトランド

代表取締役 経営コンサルタント
中川 勝弘 / Katsuhiro Nakagawa

「誰と誰が出会えば幸せになれるか」を常に考える

「どうしたらこんなに広い人脈が作れるの?」「なぜこんなスゴイ人とつながってるの?」

中川勝弘は、そんなふうに驚かれることが多い。

中川は大学時代から父が経営するナイトクラブの経営を手伝い、店舗拡大を果たした。その後、ITベンチャー企業を創業。現在は経営コンサルタントとして、コスト削減、ビジネスマッチング、営業支援、ファイナンス支援、組織活性化など、幅広く経営支援を手がけている。

その中でも、長年得意としてきたのが「人と人、ビジネスとビジネスのマッチング」だ。飲食店やIT企業の経営者時代に手にした豊富な人脈を活かし、手を結んだらお互いに利益を生むだろうと踏んだ人と人、会社と会社を引き合わせる。

そんな「縁結び」役を務めてきたのは子どもの頃までさかのぼる。好きな女の子に気持ちを打ち明けられない友達がいれば「告白しちゃえよ!」と背中を押した。

「思ったことは素直に言うべきだと、その頃から思っていたんですね。今も私は好きな人には好きだと、尊敬する人には尊敬していると、言葉に出してきちんと伝えています」

学生時代にはあらゆるジャンルの本を読んだ。

中でも中川が「自分のバイブル」と評するのが、本宮ひろ志の漫画『俺の空』。大財閥の総帥の息子である安田一平が人生の伴侶を探す旅に出て、多くの人と出会いながら大人物へと成長していく物語だ。女性を次々と引き寄せてものにする魅力にも憧れたが、「人とつながっていくことによって会社が、そして自分自身が大きくなっていく」という世界観が中川の中に根付いた。

また、三国志や司馬遼太郎などの歴史小説にも熱中し、歴史上の人物の行動を真似た。

義を重んじ、自分の筋を通す前田慶次に強い憧れを抱いた。

「小説やドラマの主人公に影響を受けやすいんです。薩長同盟の話を読んで坂本龍馬の立ち位置に憧れた時期もありました。大学時代は家業のナイトクラブ経営を手伝っていたんですが、年に1~2回、自分が気に入っている男性たちだけを集めて、引き合わせる会を主催したんです。皆さんにすごく喜んでもらって、何だかすごいことをしている感覚を味わった。すごく楽しかった。その体験が後々の仕事のスタンスにつながっていったんです」

ベンチャー起業後は、成功して大金持ちになってこの世の「主役」になってやる、という野望を抱いた時期もある。しかし、そういう思いで仕事しても、うまくはいかなかった。自分が主役になろうとしてもどんなにもがいても、空回りに終わったり、落とし穴にはまったりすることもあった。「俺は主役になっちゃいけないということか」と悟り、この先、どうやっていこうかと悩んだ。

それでも、成功している人たちと一緒にいることが好きだった中川は、そういう人が集まる場所に頻繁に出かけた。そこにいるのは「主役」ばかり。「俺はこうだ」「俺なんかこうだ」という自慢大会が展開された。ふと気付くと「すごいですね!」と素直にほめたたえる「脇役」が自分しかいないことに気付いたという。

「そのとき思ったんです。『これってすごくいいポジションじゃん!』と。そこで、目指す立ち位置を、主役から脇役へ舵を切りました。『主役』たちを見ていると、彼らには『業界を変えてやろう』といった気概があり、アウトプットする力がある。その能力は自分にはない。でも、人の良いところや才能を見出す能力は誰よりも長けている。これを活かしていこうと考えたんです」




「つなぐ」から「不足を補って成果を出す」へ

中川は生来備えている「人の懐に飛び込む術」を活かして多くの人とつながり、その人たち同士をマッチングする活動に力を注いだ。人と人がお互いのエネルギーをぶつけ合うことで新しい価値が生まれる。その仲介役を務められることに喜びを感じていた。

しかし、2012年頃から違う想いが芽生えてきたという。

「人を紹介するだけでなく、確実に成果を出すところまでコミットしたいと考えたんです。そこからは相手が困っているところ、足りないところ、苦手なところなどネガティブな部分を汲み取って、自分がどのようにしてカバーしてポジティブに変えられるかを考えるようになりました」

中川がこれまで関わってきた会社は数千社に上る。その業種も規模もさまざまだ。それだけ多くの会社や経営者を見てきたからこそ、相手の状況を客観的視点で分析し、その強みと弱みを見極めることができる。

社長以外の人材が育っていないと見れば、「ナンバー2・3」になり得る候補者を見つけて教育し、長期成長の土台を作る。

社員が社長に遠慮して本音を言えていないと見れば、会議に同席し、社長の言葉を遮ってでも社員が思う存分に発言できる状況を作る。

社員のモチベーションが下がっていると感じたら、彼らが目指すべき「ゴール」のイメージを明確にし、お金だけでなく「心の報酬」となるものを考えて提示する。

商品が売れなくなった会社があれば、営業手法の刷新や他社との提携を推進する。

「この会社と組めば、事業を伸ばせるのではないか」とあたりをつけたら、その会社の社長に自らアポイントを取って会いに行く。

新規立ち上げ段階での会社では、若手営業担当者に顧客開拓の仕方を伝授するため、自ら電話アポ取りをして見せて手本を示す。

その会社がよくなるために必要なことなら、あらゆる役割を引き受けてきた。


コンセプトメイクから担える「CDO」を目指す

また、その会社の強みを最大限活かせるような「事業デザイン」も担う。昨今、「CDO(最高デザイン責任者)」という役職を設ける企業が増えている。主にはメーカーの商品デザインを担うトップを指すが、中川は「事業デザイン」ととらえ、さまざまな会社でCDOの役割を果たしたいと考えている。

「ファッション業界においても、世間に受け入れられ、好まれるデザインは時代とともに移り変わっていきます。最近では1970年代のファッションもリバイバルで流行り始めていますが、当時のままではなく要所要所デザインし直されているんです。同じように、企業のビジネスもデザインを都度見直していくべきだと考えています」

企業のリ・デザインを考えるとき、大切にしているのはその会社の根本にあるコンセプトだ。どんな会社にも創業に至った想いやこだわりがある。その原点を見据え、過去から現在、現在から未来につながる「ストーリー」をイメージして、コンセプトメイクに取り組むのだ。


新しいマーケットを創造し、仲間たちに提供したい 新しいマーケットを創造し、仲間たちに提供したい

愛する人たちをもっと喜ばせるために、この先自分に何ができるのか――中川の頭にはある地図が描かれている。

まず自身がお金をたくさん集められる立場に立ち、集めたお金で新しいマーケットを開拓する。そこにさまざまな人を呼び込み、それぞれの強みを活かしてビジネスを展開してもらえれば、と考えているのだ。

といっても、「ファンド」を意味しているのではない。ファンドはリターンありきで運営されるものだが、中川は多くの人にチャンスを提供し、成長をサポートする立場に立ちたいという。

例えばボランティアの領域であれば、参加している人たちにいろいろなかたちでリターン増やせるような仕組みを作る。1社が成功し、そのビジネスに参加した別の会社も成功する。そんな成功の連鎖を生み出す最初のきっかけを創れる立場になるのが目標だ。

「昔の私は『人から愛されたい!』という想いが強かったんです。その欲求がモチベーションとなって、人に喜んでもらえそうなことを一生懸命考えて、提供してきました。でも、最近は少し変わりました。今は、自分が『愛している』という感覚。自分が愛する会社、経営者が今よりさらに良くなっていくためにお手伝いできるのが楽しくてたまらない。パートナーとして傍らに寄り添い、何年もかけて成長をサポートしていきたい。そのために、自分が提供できるものはなんでも提供してするし、共有できるものはなんでも共有していきます」



リスナーの目線

屈託のない笑顔と弾んだ声で、初対面の人相手にも心のトビラをこじ開けるようにスルリと入り込んでくる中川社長。一見派手でお調子者のような印象もありますが、人への思いを語る表情や言葉から、実は真面目で繊細、真摯で誠実な方なのだと感じました。これからも多くの会社が中川さんの愛に包まれ、成長を遂げていくことでしょう。

Profile

1966年神奈川県横浜市生まれ。大学在学中、実父が横浜にて経営していたナイトクラブが焼失。留学を諦め、父の事業をサポートする傍ら、2000年にIT系ベンチャー企業を創業。データマイニングや通信等に関わるサービス提供を行う。3年後、代表を退任。以降、現在の会社であるエイトランドを設立し、飲食業界向けの経営コンサルティング・出店プロデュースを展開。現在は、介護事業、IT関連企業、医療関係にまで幅広く携わり、事業戦略立案、コスト削減やビジネスマッチング、営業支援やファイナンス支援など、経営に関わるコンサルティングを広く行っている。著書に『図々しいから愛される人脈術』(マガジンハウス)

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

代表_エイトランド

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (394) 社員_アセットガーディアン (20) 最新ストーリー (17) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー