LISTEN

TOP > ストーリーセールス > お客様の人生に寄り添い、夢や人生を応援する ライフプランナーであり続けたい
ストーリーセールス

お客様の人生に寄り添い、夢や人生を応援する ライフプランナーであり続けたい

社員_プルデンシャル生命保険

「感動を与えられる仕事」と確信し
大手IT企業を辞めて生命保険業界へ

お客様の一番近くで
人生に役立てるチャンス
を増やしたい

プルデンシャル生命保険株式会社
金岡 英雄 (写真左)Hideo Kaneoka
首都圏第四支社 第二営業所 ライフプランナー 営業所長

生命保険を通じて、お客様によろこびと感動を提供したい

「お客様の人生を傍で見守り続けることが私の使命」。

そう語るのは、プルデンシャル生命保険株式会社でライフプランナーを務める金岡英雄だ。大手外資系IT企業で3年間、営業として勤務したのち、保険業界に転身。現在は、個人のお客様を中心に、単身者からファミリー層まで、多くの信頼を集めている。

金岡がライフプランナーに転身し、初めての顧客となったのは、同じ年で旧友の金谷智さん。2人は大学3年生のとき、就職活動のセミナーで出会った。大学や志望業界は別々だったが、互いに「話しやすい」と好印象を抱き、意気投合。お互いに「ヒデちゃん」「谷君」と呼び合う仲に発展した。卒業後、大手IT企業に入社した金岡は、宮崎の支社へ赴任。金谷さんは教師として、それぞれの道を歩み始めた。

それからも、たまにメールで連絡を取り合う関係を続けていたが、再会したのは5年後。このとき、金谷さんは金岡の「顧客」になった。それから2年、出会いから7年が経った今、ビジネスパーソンとして互いの成長を実感した金谷さんが、金岡さんのライフプランナーの仕事について、改めてその想いを聴いた。

金谷 そもそも大学を卒業して、IT企業に就職したのはなぜだったんですか?

金岡 学生時代からIT企業に行きたいと考えていました。両親がIT関連の仕事をしていたので、自然に興味を持つようになったんです。「ITは新しいものを生み出す」というイメージがあって、新しい常識が生まれる世界で、それを発信する側に立ちたいと思ったんですね。私は、ずっとパソコンに向かっていられるタイプではないのですが、新しいものを人に楽しく伝えていくことは得意。そう考えて、営業職を志望しました。そこで、一番新しいものを創っている会社、一番特許が多いIT企業を探し、入社しました。

金谷 ブランド力のある大手IT企業から突然保険業界へ…なんてびっくりした。ずいぶん思い切った決断をしましたね。生命保険に興味があったんですか?

金岡 いえ、全然(笑)。でも、生命保険に加入はしていましたよ。社会人2年目、23歳のときに初めて。大学の先輩からプルデンシャル生命のライフプランナー、現在の所長を紹介されたことがきっかけで。

それから2年後くらいに、その方から「一緒に働こう」と誘われました。でも、転職する気はなかったので、最初は断りました。すると、彼が私の赴任先の宮崎まで来たんです。有名なチキン南蛮のお店に案内して、食べ終わったとき「今、仕事は楽しい?」と聞かれて、「楽しいですよ!」と即答しました。でも、その次に話すことがなかったんです。当時、私は営業として地方銀行を担当し、仕事は充実していたのですが、時間を持て余していることもありました。それを見抜かれ、「お前、全然キラキラしていない。頑張っていないな」と。そのときは、「えっ?」と反発する気持ちも湧きました。でも、実はとても悔しかった。図星だったんです。志を持って入社して、地方のクライアントを任されていたのに、私は環境に甘えて、流されるままになっていました。そして、話を聞いているうちに、「この人の元で働いたら自分は変われるかも」「生命保険業界でも自分が本当にやりたいことができるのではないか」、そう感じました。そして、転職を決意して電話をかけたら、「俺のシナリオ通りだ」と言われましたけど(笑)。

金谷 新卒のときにIT企業を目指したのは「新しい常識が生まれる世界」に惹かれたからですよね。でも生命保険って成熟した業界でしょ。商品ラインナップに多少の変化はあっても、ITのように新しい時代をつくる商品とは言えないのでは。「新しいものを発信したい」という目標とは違いませんか?

金岡 ですよね。ところが自分にとっては同じだったんです。私の根底にあるのは「目の前の人をよろこばせたい」ということ。子どもの頃から、友達を笑わせたり、よろこばせたり、驚かせたりすることが好きでした。学生時代は旅行の幹事を率先して引き受け、「このプランならみんな驚くだろう」「こんな部屋なら、入った瞬間よろこぶだろうな」と考えて企画をすることが楽しかった。私をスカウトしてくれた今の所長と話をしているとき、そんな自分の本当の想いに気付いたんです。同時に、2年前、彼を通じて生命保険に入ったときのことを思い出しました。あのときの自分は「生命保険ってこんなことができるんだ、すごいな」って驚き、感動したんです。生命保険は必要だとは思っていたけど、それを学ぶ機会も正しく教えてくれる人もいない。だからこそ、ITのように新しい世界を創造するものでなくても、生命保険は、「目の前の人を驚かせる」「人をよろこばせることができる」と確信したんです。

 

“お客様の人生に寄り添う”という約束を守るために

こうしてライフプランナーに転身した金岡は、研修後、アポを獲得するため、知人や友人全員に電話をかけた。その中で、アポを快諾してくれた金谷さんと再会を果たす。

当時の金谷さんは、非常勤講師として小学校で学級担任を務める傍ら、起業の準備に取り組んでいた。もともと金融・生命保険への関心が高く、「長いスパンの話なのでリスペクトできるプランナーと出会えたら入ろう」と考えていたため、自分で資料を取り寄せ、3名の保険営業から話も聴いていた。しかし、なかなか決断できないでいた。信頼できる人、パートナーとして任せられる人に会えるのを待っていたからだ。

金谷 この頃、僕は起業に向けて準備を進めているタイミングで、国際交流系のサービス・オンラインの英語塾等、まだまだ事業モデルを模索している最中だったから、不安もあった。そんな僕の話をしっかり聴いて、応援してくれたのが金岡君でした。僕の状況を考えた上で、本当に必要な保険を提案してくれたよね。

金岡 「25歳の今、一番重要な備えだけは持っておこう」と提案させていただきました。例えば、事故や病気で仕事が続けられない状態になった場合、ご両親に負担がかかってしまう。金谷さんは、ご両親への感謝の気持ちから、本当にそうなることがないようにと、万が一の際でも自分自身の収入を保障することができるプランをご契約いただいたんですよね。生命保険は大切な方への愛情であることも説明させていただきました。

金谷 真摯な姿勢で、お客様と向き合っているんだなぁと感じました。本当に僕のことを考えてくれているのが伝わってきました。誰に対しても、きっとそうなんでしょうね。

金岡 お客様と向き合うために、お会いする前の準備を徹底して行っています。例えば、その方が勤務されている業界のトピックやニュースを頭に入れておくことが多いですね。それはご契約後も変わりません。例えば、金谷さんは教育分野で活動されているから、ニュースで教育や学校に関するトピックを目にすると必ず読みます。その方を取り巻く環境や課題を理解しておきたいと考えているから。もう一つ、徹底して“聴く”ことを心がけています。相手の状況や不安に思っておられること、将来のビジョンなど、心を開いてお話しいただけるように、聴く側に徹する姿勢を大切にしています。お客様がご自身の想いを語りやすい空気づくりを意識しています。

金谷 なるほど。だから、僕も存分に、その時の状況やビジョンを話すことができたんですね。それから2年の間に、僕の仕事の幅が広がってきて、プランの変更も提案してもらいました。人生のステージが変わるたび、保険を通じて寄り添ってもらっていると実感しています。

金岡 ありがとうございます。実は、「人生かけてお客様に寄り添う」という意識が根付いたのは金谷さんのおかげなんですよ。初めて契約してくれたときに、ふと、「ヒデちゃん辞めたらどうなるの?」って質問してくれましたよね。このときにハッとさせられました。ライフプランナーとして多くのお客様を担当させてもらうことは、お客様の人生にずっと寄り添わせていただく約束をしたということ。ご契約いただく意味、その重みを強く感じました。金谷さんの一言で「ライフプランナーを一生の仕事として向き合う」、その覚悟が決まったんです。

金谷 そうだったんだ。僕は金岡君だからお願いしたい、任せたいと思ったので、「これからも本気で、真剣にやっていくよ」と言われて、すごく安心しました。心強いパートナーができたと思った。一生続ける、ということだけど、「ライフプランナー」の仕事では、どんなときにやりがいやよろこびを感じますか?

金岡 やっぱり、お客様に「保険でこんなことができるなんて、知らなかった」「この保険に入れて安心です」と驚いたり、よろこんだりしていただけたときですね。「金岡に会えて良かった」と言ってもらえたときもやりがいを感じます。お客様から「金岡だからこそ紹介したい」と、大切な方をご紹介いただいたときもすごくうれしいです。

最近では、お客様がご自身の同級生をご紹介くださいました。お二人とも、保険のプランによろこんでくださって、「3人で飲みに行きましょう」と誘ってくれたんです。涙が出そうなくらい感動しました。その席で、学生時代の思い出話などをお聞きしたのですが、保険をきっかけに、私もこのお二人の世界に入れていただくことができた。一般的な“お客様と営業の関係”では、なかなかないことですよね。お客様の人生を垣間見ることができるのも、やりがいの一つです。

 

お客様が歩む人生の中で、僕が役立てるチャンスを増やしたい

金谷 ヒデちゃんには、信頼できるパートナーとしてお世話になりっぱなしだけど、一緒にやりたいこともあります。これから僕がさまざまな事業展開をしていく中で、金融のプロの知見が必要になったときに、力を貸してほしい。

例えば、今、取り組んでいる学生に向けた起業塾などで、金融や税の知識を伝える講師として携わってもらえたらと思っています。今後、ここから起業した人たちの会社運営や結婚時のキャッシュフローや家計、教育資金についても相談に乗ってもらえるでしょう。これから事業を運営していく中で、とても頼りにしています。

金岡 うれしいですね(笑)。今後、金谷さんが事業を法人化した場合の保険や金融知識についてもサポートさせていただきます。また、結婚など、お客様のライフステージが変わるときは、私がお役に立てるチャンス。奥様やお子様にかかわることもお任せいただいて、そのお子様が大きくなるまで応援することができれば、素敵ですよね。

金谷 ライフプランナーとして金岡君はこれからどうなっていくんだろう?今後のビジョンをどう描いていますか?

金岡 営業所長として、採用や新人の育成などマネジメント分野にも挑戦していきます。自分の想いを熱く、真剣に、楽しく語っていくことで、仲間を増やしていきたいですね。環境の問題で、自分の力を発揮できていない20代や30代の若い人材を発掘し、彼らとともに多くのお客様へライフプランナーというサービスを届けていきたい。そして、自分とかかわってくれたすべての方に、プラスの影響を与え続けることができる存在でありたいと思います。金岡に会うと「元気が出る」「頑張ろうと思える」「本音が話せる」「悩みへの答えが出せる」――そんな風に思ってもらえる存在を目指します。

金谷 僕が願っていること、仕事や人生においてやりたいことが、これからどんどん叶っていくとしたら、金岡さんが25歳から、僕を支えてくれていることが大きいです。すごく感謝している。人生のパートナーとして、今後も一番近くに居続けてほしいです。

 

リスナーの目線

初の対談取材とあって、照れた様子でスタートしましたが、次第に冗談も飛びだす楽しい対談となりました。笑いが絶えない会話の中で、端々に感じられたのはお互いへのリスペクト。会うときはいつも握手を交わしてから話を始めるそうです。業種や将来の目標も異なるお二人ですが、ビジネスで共通しているのは「誰かのために」という想い。その想いを持ち、仕事、人生に真剣に向き合っているからこそ生まれた二人の強い絆を感じました。

インタビュー・編集/青木典子高橋奈巳  撮影/出島悠宇

Profile

金岡 英雄(写真左)
1990年、中国瀋陽にて生まれる。2012年、早稲田大学国際教養学部卒業後、日本IBM株式会社入社。2015年退職し、同年9月、プルデンシャル生命保険株式会社入社。

特技は、語学(英語、中国語)。趣味はマラソン、スノーボード、ゴルフ、映画、舞台、広告鑑賞など。雑貨や文房具、インテリアを見て歩くウインドウショッピングも好き。旅行の企画や動画編集も得意。

クライアント
金谷 智(写真右)
株式会社 LX Design 代表

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

社員_プルデンシャル生命保険

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (521) 最新ストーリー (133) 社員_アイドマ・ホールディングス (28) 社員_アセットガーディアン (19) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) 社員_マケレボ (10) WAOJE Tokyo (9) KGF (9) ピックアップ (8) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_プルデンシャル生命保険 (7) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (7) 社員_シーアールエス (6) 社員_識学 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_秋葉牧場 (6) 価値観1 (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) WAOJE Tokyo 理事 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_Surpass (4) 社員_インフォマート (4) 社員_風と緑の認定こども園 (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 01 社員ストーリー (3) 01 レビュー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 代表_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) WAOJE Tokyo_イベント (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー