LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > おしぼりレンタルを軸に 多角展開に挑み続け50年。 変わらず守ってきたのは 「チャレンジする姿勢」
ストーリー代表・CEO

おしぼりレンタルを軸に 多角展開に挑み続け50年。 変わらず守ってきたのは 「チャレンジする姿勢」

代表_アルサグループ

「清潔」「快適」「安心」をテーマに
幅広い事業を展開

若手のチャレンジを促しながら、
「子や孫を入社させたい」と思える
会社づくりを目指す

アルサグループ
代表
中田 春昭 / Haruaki Nakata

10年の修業を経て、母との約束を守り「一国一城の主」に

創業から50年。アルサグループは、株式会社アルサのレンタルおしぼり事業からスタートし、マットレンタル、病院・ホテルのリネンサプライ、株式会社ホウエイではタオル等のリネン類、炭の輸入、株式会社さららいとではミネラルウォーターの宅配事業など、幅広い領域で事業を拡大してきた。

現体制を一代で築き上げた中田春昭が常に心がけてきたこと。それは「チャレンジ精神を持ち、有言実行する」だ。

春昭は大分県豊後高田市で、半農半商で小さな酒屋を営む家の4人兄弟の末っ子として生まれた。2歳のとき、父が第二次世界大戦のなか、フィリピンで戦死。一家の大黒柱を失った中田家は、母も兄弟も総出で働いた。春昭もまた、朝は草刈りをして牛や豚に餌をやってから登校する毎日。部活動をすることは許されず、学校が終わるとまっすぐに帰宅して、田んぼや煙草畑の手入れをしたり、芋を掘ったりした。今のように便利な機械はない。すべて手作業のため、まだ幼い春昭には骨身にこたえる重労働だった。

中学卒業後は、地元の2歳上の先輩を頼って京都のクリーニング店に入り、住み込みで働いた。毎日ホンダのカブで必死に営業。京都の貴重な歴史史跡に目をやることも忘れて昼夜奔走したが、この経験が後に歴史好きとなるきっかけとなった。

兄を頼って名古屋の大手クリーニング会社へ移ると、その寮では老夫婦が夜な夜なおしぼりを巻く内職をしていた。それを手伝ったのが後にアルサの主力事業となる「おしぼり」との出会いだ。

その後、北九州へ。クリーニング店に勤務しながら、個人の副業としておしぼりレンタル業を始めた。おしぼりレンタルの得意先が増え、1968年、24歳のときに独立起業。その頃には従業員3人体制、扱うおしぼりは1日2000~3000本にも達していた。

「15歳で故郷を出たときから、いつか独立しようと思い続けていました。京都に向かうとき、夜行列車の駅のホームで泣くおふくろに向かって『一国一城の主になるから』と言って家を出た。およそ10年を経てようやくその約束を果たせたんです」

創業から6年後、株式会社中田おしぼりとして法人化。しっかり洗われた匂いのないおしぼりを、約束の時間通りにお客様へ届ける。信頼を得るため、それをひたすら心がけた。もともとクリーニング店の職人だけあって、商品を清潔に保つ技術には自信を持っていた。

もう一つ、大切にし続けたこと。それは「素直であること」だ。若くして起業した自分が事業を成長させていくためには、絶えず学び続けなければならない。人に教えを請うためには、素直であらなければならない。そのことは社会に出てすぐ実感したという。

「子どもの頃は悪ガキで、大人の言うことなんて聞かなかった(笑)。でも、社会に出たとたん、素直さがないと誰も相手にしてくれないのだと気付き、すぐに態度を改めました。人の言うことを素直に受け入れるようになると、周りがどんどん教えてくれるようになる。多くのことを学べて、日々成長していけるんです」

人の話に耳を傾け、受け入れる素直な姿勢。そして事業拡大へのチャレンジ精神。それを兼ね備えたからこそ、「面白い奴がいる」と大物政治家や地元の名士に可愛がられ、金融機関などにも信用を広げていけたのだ。


 

事業を多角化。チャレンジと有言実行で危機を乗り越える

おしぼり事業で規模、エリアの拡大を進めていった春昭。さらなる大きなチャレンジが「海外進出」だった。

1980年頃には台湾からタオルが大量輸入されるようになった。当初は商社を通じて仕入れていたが、コストを抑えるため自社輸入に乗り出したのだ。まずは仕入れ先を台湾・中国・パキスタンで開拓。さらには「人が行かないところにこそチャンスがある」と、北朝鮮・ベトナムにも手を広げた。

当時は、ベトナム戦争終結からまだ間もない時期。ハノイのノイバイ空港に降り立ち、ライトが割れた自動車や横倒しのバス、ガレキの山が残るハノイの街を目の当たりにして唖然とした。しかし、若者たちの活気に満ちて働く姿に、この国は必ず成長していくと確信した。そんな中、現地の織物工場と交渉。電話回線はなく日本とはテレックスでやりとりをする状況だった。イデオロギーも文化も価値観も違う海外でのビジネス。それを推進するにあたり、春昭が大切にしていたことがある。それは「心を開いて接すること」だった。

「腹を割って本音で付き合えば、日本人も北朝鮮人もベトナム人もそれほど変わりはない。困っていることは困っていると率直に言うし、値段の交渉にしても、胸襟を開いて話をするだけ。それは海外でも国内でも同じで、本音を隠して相手の腹を探ったりするようなやり方は、私はしたことがありません。『真実一路』を貫くだけです」

そんな正直な姿勢で国内外の人々から支援を得て、おしぼりレンタル事業は順調に拡大した。しかし、時代は変わっていく。紙おしぼりが台頭するようになり、春昭はシェアを奪われていくことに危機感を覚えた。産業は発展期があれば安定期があり、やがて下降期がやってくる。事業の多角化も考えなければ会社の存続さえ難しくなる。そう考えた春昭は、多角展開に乗り出すことを決断。これまでこだわってきた「清潔」「快適」「安心」を軸に、既存の技術や販路を活かす事業を展開していった。

春昭のモットーである「有言実行」は、会社が順風満帆なときだけでなく、逆境でも発揮された。中でも「大きな決断だった」と振り返るのが、中国の合弁事業からの撤退だ。

事業の拡大を目指して1989年に上海事務所を開設し、1992年には現地で4つの合弁会社を設立した。しかし春昭は「調子に乗り過ぎていた」と自己反省する。会社にまだそれほどの力がないのに無理していたのではなかったか、と。

他の国と異なり、中国では商品の品質を安定させるのに苦労した。中国の経済情勢が変わり、以前は安かった人件費がどんどん高騰。人材も足りない。日本と中国でこのまま事業を続けていくと、日本まで潰れかねない状況に立たされた。

「まずは本社の足腰をしっかりさせるのが先決だ」。そう判断した春昭は、中国の合弁事業から撤退。その一方で、ハイテク機器を導入した最新鋭の久山工場(福岡県糟屋郡久山町)の建設を進めた。福岡市内にあった東区・箱崎のマット工場、東区・原田の空港おしぼり・イヤホン専用工場、筑豊・穂波のおしぼり工場の3つの工場を久山工場に集約。その決断が当たり、V字回復を果たすことができた。

以降は多角展開も加速。そんなアルサグループには、M&Aの申し入れも増加している。今では社内にM&Aを専門で担当する人材も揃った。数字はきっちり見極めた上で「勝算あり」と判断すれば、極力引き受けるようにしている。

「世の中は日々変化し続ける。それに伴い、アルサグループも進化を止めてはならない。今後も経営方針をアップデートし続けなければ、企業として『賞味期限』を迎えてしまいます。変化を恐れずにチャレンジする。これからもその姿勢を大切にしていきたいですね」


「子や孫を入社させたい」と社員が思えるような会社づくりを

春昭のチャレンジ精神、有言実行は、自社事業の拡大だけでなく、業界全体の地位向上にもつながっている。

創業から約20年、株式会社アルサに社名変更した頃、春昭はCI(コーポレートアイデンティティ)、人材育成の強化に取り組んだ。

そのときに注目したのが、第一交通産業グループだった。同社ではCI施策として、タクシードライバーに制服・制帽の着用を義務付け、挨拶を徹底し、お客様へのおもてなしの意識改革を実施。それから10数年で大会社に成長していた。春昭は第一交通産業に習い、「どんなふうに社員教育を行っているのか」とたずねた。

「仕事に対する姿勢、お客様への心配りに刺激を受け、『見習わなければ』と。それまでおしぼりの配達はTシャツ・サンダル履きで行っていたのですが、紺のスーツにネクタイを締めて行うようにしました。髪型もさっぱりした長さに整えさせて。身なりを整えることで気持ちも引き締まる。誇りを持って取り組むことが大事です。当社の取り組みに同業他社も追随するようになり、業界全体のイメージ向上にも貢献できたと思います」

素直な姿勢で人から学ぶ。そこに独自性を加え、強い決断を持って辛抱強くチャレンジしていけば、必ず成功できる。春昭は自身の経験からそう確信している。

「私はすべて自分で決断する、ワンマンな経営者でした。けれど、今の成長は私一人の力で成し遂げられたわけではない。さまざまなチャレンジを現場で実行してきてくれた社員の皆さんには感謝の気持ちしかありません。でも、これからはトップダウンの時代ではない。アルサグループを進化させていきたいと思ってくれる人は、主体的にどんどんチャレンジしてほしいし、そのための道は用意していくつもりです。これからも、『自分の子どもや孫をアルサグループに入れたい』と社員が思える会社づくりをしていきたい。そして、次の世代には、上場を見据えた体力強化にも力を入れてほしいですね。そのための人材は揃ってきていますから、きっとやってくれる。まったく心配はしていません(笑)」


 



リスナーの目線

インタビュー後の雑談では「歴史が大好き」というお話も伺えました。決断を迫られる局面でも、歴史上の人物を思い浮かべ、それぞれの「いいとこ取り」をされてきたのだとか。北朝鮮や終戦直後のベトナムへの進出など大胆なチャレンジをされた過去からは「豪胆な武将」をイメージしますが、実際には「軍師官兵衛のような『寛容』と『忍耐』が大切」と語る姿が印象的でした。

インタビュー・編集/青木典子、横山瑠美 撮影/木下将

Profile

1944年、大分県豊後高田市にて、半農半商で小さな酒屋を営む家の4人兄弟の末っ子として生まれる。中学卒業後、京都のクリーニング会社に就職。名古屋のクリーニング店での修業も経て、1966年、北九州へ。クリーニング店に勤務し、複数店の業務を掛け持ちしてこなすかたわら、個人でおしぼりのレンタル事業を開始。1968年、個人おしぼりレンタル事業を創業し、1974年、法人化して株式会社中田おしぼりを設立。1987年、株式会社アルサに社名変更。2009年にはアルサグループ各社の本社機能を福岡市博多区中洲へ移転する。2017年、ホールディングス体制へ移行し、本格的なグループ運営を始動する。

関連キーワード

代表_アルサグループ

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (381) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 最新ストーリー (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2) 代表_株式会社サーキュレーション (2) 代表_アルサグループ (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー