LISTEN

TOP > ストーリー経営企画・社長室 > 持続可能な酪農事業を実現すべく、経理の観点からサポートするお金のスペシャリスト
ストーリー経営企画・社長室

持続可能な酪農事業を実現すべく、経理の観点からサポートするお金のスペシャリスト

社員_秋葉牧場

株式会社秋葉牧場ホールディングス

経理購買部長
川澄 文子 / Fumiko Kawasumi

組織の一員として、会社発展に貢献したい

酪農事業をベースに、観光牧場の運営や乳製品の製造などを展開し、農業の6次産業化を実現する株式会社秋葉牧場。同社で経理部長を務めている川澄文子は、自社の魅力についてこう語る。

「ひとつひとつの事業を切り取ってみれば、規模や知名度の面で当社より勝る企業はあるでしょう。ですが、バラエティーに富んださまざまな事業を複合的に組み合わせて、新しい価値を生み出すのは、秋葉牧場にしかできないことだと思います」

経理業務だけでなく購買・財務部門にも携わり、企業の心臓部である「お金にまつわる分野全般」を管理している川澄。2021年6月の入社以前は、長年金融機関に勤務していた。中小企業などへの融資に係る調査・審査業務を通じ、いくつもの企業発展を目にしてきた。目の前にある仕事に真摯に励み続ける一方、企業の事業拡大、あるいは構造改革を直接的にサポートできないもどかしさも感じていた。

そこで金融機関の退職を機に、「企業の一員として、組織の中から経営革新をしたい」という想いを実現すべく、秋葉牧場へ入社する。

同社を牽引する秋葉社長について、「心から楽しんで事業に取り組んでいる人」と話す川澄。そんな社長から川澄に与えられたミッションは、以前から課題だった経理・購買業務の体制強化と、課題の「見える化」だ。

例えば仕入や物品購入時の決裁制度。なじみの業者からの言い値の購買もあれば、口頭決裁も多かった。そこで責任と権限、プロセスを明確化するために、書面での稟議(りんぎ)制度の枠組みを作り、運用を開始した。

「秋葉牧場はとても自由度の高い会社です。それ故、業務フローにおいてルールや規則が曖昧な部分も見受けられました。長年根付いていたやり方を変更し、ひと手間をかけるのは、ベテランであればあるほど面倒に思うかもしれません。しかし、ここで組織体制を整えることで、経営面にいい影響を与えられると考えています。

改善点に気が付いたら、その都度社長にお伝えしていますが、社長が柔軟に受け入れてくれるのも改革のしやすさにつながっています。今あるものを一気に変えるのではなく、少しずつよい方向に進めていければいいと思います」

行動力や推進力のある人材が、会社を牽引する

東京ドーム7個分の敷地面積を持つ、同社が運営する「成田ゆめ牧場」は、広大な自然の中で牛やヤギ、ヒツジ、小動物といったたくさんの動物たちと触れ合える場所。2021年12月に建て替えた新牛舎では、牛たちが寝転んだり、ゆっくり牧草を食べたりと、思い思いに過ごしている。

普段、川澄が直接関わることは少ない牧場での業務だが、入社時の研修でさまざまな牧場内の仕事を経験した際は、新たな発見の連続だった。特に印象に残っているのは、牧場での体験を満喫する来場者と間近で接したことだという。

「親子連れの方をはじめ、たくさんのお客様と触れ合えたことは、『こんなにも愛されている牧場なんだ』と気付かせてくれる貴重な経験となりました。と同時に、お客様の笑顔は事業が継続してこそ成り立つものだと痛感したのです。

数字は嘘をつきません。動物たちがストレスフリーに過ごせる空間や、高品質な製品生産を実現できる環境を作っていくためにも、経理部門だからこそ言える事業の経済性や利益モデルに関する意見を、しっかりと会社に伝えていくべきだと感じました」

川澄のように部署を束ねる部長や事業ごとの統括責任者といった、マネジメントポジションに委ねられる裁量権が大きいことも、秋場牧場の働き方における特徴の一つだ。責任の重さはついて回るが、それ以上にやりがいが大きい。

「秋場牧場のマネジメント層は、企業経営に近い経験ができる環境です。自分が管理する部署や事業について、より成長するための戦略立案や目標設定まで任せてもらえる土壌があります。また自ら考え行動できる社員は、事業拡大にダイレクトに関わることで経営力や事業推進力を養えます。熱意ある人材にチャンスが与えられる職場です」

太い幹を胸に、リスクにも耐えられる組織体制を作る

2022年には創業135年を迎える秋葉牧場。金融機関での融資業務を通して、廃業や経営難に追い込まれるいくつもの企業を見てきた川澄。だからこそ、この135年という数字の重みを理解している。後継者不足が叫ばれる酪農業を生業とする同社を守り続けるためには、経営上の「太い幹が必要」だと話す。

「太い幹を持つ木は、台風や突風が来てもなかなか倒れません。経営上でも、太くて強い軸を持っている会社こそ、常につきまとうあらゆるリスクに耐え、時代の流れに柔軟に対応できると考えています。

当社の太い幹は『酪農への想い』。観光事業や製品開発なども手がけていますが、ベースにある酪農事業には、どの社員も強い想いを抱いています。彼らが新しいアイデアや取り組みに対して思いきり臨めるよう、経理の立場から組織のサポートに尽力していきたいです」

公開日:2022年3月7日

Staff

インタビュー・執筆:堤真友子/編集:金指 歩
撮影:新見和美

関連キーワード

社員_秋葉牧場

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (643) WAOJE Tokyo (34) メンバー_WAOJE Tokyo (23) 社員_マケレボ (18) 社員_アイドマ・ホールディングス (18) KGF (17) パートナー_リスナーズ株式会社 (16) 社員_秋葉牧場 (14) 社員_インフォマート (14) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (12) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) メンバー_WAOJE Tokyo(団体表示用) (10) 01 社員ストーリー (9) 社員_アセットガーディアン (9) WAOJE Tokyo_イベント (9) 最新ストーリー (8) WAOJE Tokyo 理事・委員 (8) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_ココザス (7) ピックアップ (7) 社員_プリマベーラ (6) 社員_プルデンシャル生命保険 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 企業_イクリエ (6) 価値観1 (5) 社員_SB C&S株式会社 (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ピープルズコネクト (5) 社員_日本ファイナンシャルプランニング株式会社 (5) 社員_PMG (5) 女性起業家特集 (5) 卒業特集 (5) 入社式特集 (5) 新入社員特集 (5) 沖縄特集 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_シーアールエス (4) 社員_Surpass (4) 社員_識学 (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) ゴルフ特集 (4) 01 レビュー (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー