LISTEN

TOP > ストーリーセールス > 自分の個性を活かした 接客スタイルで お客様に寄り添いながら 縁を深めていきたい
ストーリーセールス

自分の個性を活かした 接客スタイルで お客様に寄り添いながら 縁を深めていきたい

社員_マルイチ

株式会社貸衣裳のマルイチ

チーフブライダルスタイリスト
鈴木愛理 / Airi Suzuki

本音を引き出す接客で、新婦の想いに応える衣裳を提案

創業から65年を迎える、名古屋・今池にある婚礼貸衣裳店「ドレスショップマルイチ」。

ブライダルスタイリストとしてチーフを務める鈴木愛理は、新卒入社以来8年間で1000名以上のお客様の衣裳選びをサポートしてきた。「お客様のことだけを考えて接客している時間が、本当に楽しく、幸せ」と笑顔を見せる。

鈴木が接客の際に大切にしているのは、「お客様が何を感じているか」を察知することだ。限られた時間内でお客様が本当に求めているものをつかむ。そのために、会話のスピードや目線をお客様に合わせ、常に笑顔でいることを心がけている。

新婦さんたちは、普段のファッションであれば自分に似合うもの、好きなものがわかっていても、婚礼衣裳となると「イメージがわかない」「どう選べばいいのかわからない」と悩むケースが多い。そこで鈴木は、お客様が身に着けている洋服や靴、小物などから好みを想像する。それをもとに、さらに肌のトーンや雰囲気に合うものを提案。また、お客様が体型にコンプレックスを抱いていると察知すれば、それをカバーするデザインも提案する。例えば、広い肩幅が悩みならケープ付きのドレスで華奢に見せる。小顔に見せたい人には、胸元に大振りのモチーフがついたデザイン…といったようにだ。

鈴木が新婦さんから「こんなのが好き」「こんなふうに見せたい」の“本音”を聴くのは、2人きりになるフィッティングルームが多いという。新婦さんから深い話をされたり、意外な一面を知ったりして、衣裳選びの方向性が大きく変わることもある。

ある新婦さんは、カチッとした服装の、凛とした雰囲気の女性だった。初来店時にその姿を見た鈴木は、スレンダーなラインのドレスや深紅などのカラーがお好みなのではないかと想像していた。ところがフィッティングの際に、意外な本音を打ち明けられた。

「実は可愛いらしい色やデザインに憧れているんです。人には恥ずかしくて言えないんですけど…」。結果的にその新婦さんはピンクの地に花柄をあしらった可愛いドレスを選んだ。

「新婦さんが本当に着たいドレスを提案するためには、本当の気持ちを知ることが大切。表面的なイメージにとらわれない。それを強く意識しています」



お客様の満足のために、軸となるのは「商品」ではなく「人」

鈴木がブライダル業界を目指したのは高校生のとき。親戚の結婚式に参列し、興味を持った。卒業後、ブライダル専門学校に通い、ヘアメイク、衣裳、マナーなど幅広く学んだ。

マルイチに就職を決めたのは、衣裳点数が豊富、そして老舗であることが決め手だった。「長く愛されているお店には、なにか理由があるはず」と考え、幅広い仕事に携われそうだと感じたからだ。

色彩能力検定やパーソナルカラー検定などの資格も取得。ブーケとドレスのカラーバランスなど、細部まで色の組み合わせに気を配る。また、日頃から、SNSやウインドウショッピングでトレンドの色やコーディネートを観察し、提案力を磨いている。

花嫁が最高に輝く一着に出会い、その幸せな姿を見ることができる。それがこの仕事の大きなやりがいだ。しかし、鈴木はそれだけではないと言う。新郎新婦が積み上げてきた歴史や人間関係に触れられたとき、心を動かされるのだという。

「ある日、新婦さんの衣裳選びの付き添いで来られたお母様が、純白のドレスを試着した娘さんの姿を見て、感極まって涙を流されたんです。これまでお2人が母娘として過ごした時間を想像すると、胸に迫るものがありました。こんな幸せな瞬間に立ち会える、この仕事はなんて素敵なんだろうと改めて思いました。何年経ってもこの気持ちは変わらないですね。この時間をもっと大切にしたい。お客様にとっても大切な時間にしてほしいと思います」

チーフとなった今、接客だけではなく、後輩のマネジメントも任されている。

マルイチでは、スタッフ一人ひとりの個性を活かした接客スタイルを大切にする方針。鈴木もマニュアルにとらわれず、スタッフそれぞれの強みを見極め、本人が「自分らしさ」を発揮できるようなマネジメントを心がけている。

例えば個々のスタッフには和装、ドレスなど、それぞれ得意分野がある。正統派の格式高い衣裳が得意なメンバーもいれば、ゲストハウスのカジュアルなスタイルが得意なメンバーもいる。お客様のタイプや挙式予定の会場に応じ、スタッフが得意なスタイルを提案できるようにしている。

「大脇社長夫妻の『人と人との出会いを大切にしたい』という理念に惹かれたことも、入社した理由の一つ。個性を活かし、その人の得意分野を伸ばしていこうという考え方なので、のびのびと働くことができます。社員の意見を取り入れてくれることも多いですね。入社当初は、『商品ラインナップが重要』と思っていたのですが、実際に働いてみると『人』が軸だと実感しました。お客様の本音や気持ちを引き出すことは接客でしかできないことです。これからも、もっと接客スキルを磨き、後輩の育成にも注力し、皆が働きやすい環境づくりをしていきたいです」


インタビュー・編集/青木典子、高橋奈巳 撮影/カメイヒロカタ

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

社員_マルイチ

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (462) 最新ストーリー (64) 社員_アイドマ・ホールディングス (28) 社員_アセットガーディアン (19) 社員_メディケアー (8) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_プルデンシャル生命保険 (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_識学 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 社員_マケレボ (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_Surpass (4) 代表_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (4) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_秋葉牧場 (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_ネットビジョンシステムズ (2) 代表_メディカルネット (2) 代表_プリマベーラ (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー