女性ならではの
「ヒアリング力」を活かし、
企業のマーケティングを支援

 

株式会社Surpass

西川 優希Yuuki Nishikawa

広報・マーケティング部 サブリーダー

クライアントのふとした瞬間のこぼれ話も聞き逃さない

さまざまな企業の営業活動の支援・アウトソーシングを手がける株式会社Surpass。最近、クライアントから「マーケティングも手伝ってほしい」との相談が増えているという。そんなニーズに応えているのが西川優希だ。
営業ツールやWebコンテンツの制作を通じて、顧客のマーケティング戦略をサポートする一方、マーケティング業務を効率化させ、効果の向上を図るMA(マーケティングオートメーション)ツールの導入も支援している。
クライアントのマーケティング担当者は、多様化するマーケティングツールを使いこなせるか不安を抱えているケースが多い。そこで西川は担当者と共に、エンドユーザーの購買プロセスをイチから見直し、注力すべき部分を見極め、順序立てて進めていけるようサポートしている。

女性社員が多く活躍するSurpass。西川自身も「女性ならではのヒアリング力」を活かして、クライアントから本音を引き出しているようだ。

「打ち合わせの合間や終わった後など、肩肘張っていない状態でヒアリングしたときの方が、心の内を打ち明けてもらえることが多いんです。ポロっと出てきた言葉の中から真意をつかみ取るのは、勘が鋭い女性の方が長けているのではないかと思います。何気ない一言も聞き逃さない。そうして初めて、クライアントのニーズを理解し、本当の課題が見つけられると思っています」

コミュニケーション力を発揮する場面はそれだけではない。ときにはクライアントの営業部とマーケティング部のパイプ役を務めることもある。
ある大手資材関連会社を担当したときのことだ。エンドユーザーに発送するチラシを制作するにあたり、どんな特徴を打ち出すか、営業担当者とマーケティング担当者の間で折り合いがつかずにいた。そこで西川は両部署の考えを聞き、中立な立場で妥協ポイントを見出し、双方が納得する方針に着地させた。そうしてできたチラシを発送したところ、反響は上々。両部署とも結果に満足し、それからはお互いの意見を聞いて歩み寄る姿勢を見せているという。「仲介役」として役に立てたことを実感できた仕事だ。

Surpassに入社して一番の成長は、人にやさしくなれたこと

Surpassの風土で気に入っているのは「一人ひとりがやりたいことを応援する」スタンスだという。西川は趣味と実益を兼ねた副業として、Webコンテンツライターとしても活動している。
メンバーのチャレンジを後押ししてくれる社風。ところが、入社当初の西川は抵抗感を抱いていた。

「最初に携わったプロジェクトで営業からコンテンツ制作まで一手に任されて……正直やる気は起こりませんでした(笑)。だけど、いざやってみるとマーケティングの面白さを感じるようになり、周りの人たちも『頑張れ』って声をかけてくれて。そういったエールが原動力となって、いつの間にかこの仕事が大好きになっていました」

Surpassの一員となり、自らの成長を実感する西川は「一番変わったのは人への接し方」だと話す。

「新卒で入社したのはアパレル会社でした。人がどんどん辞めていくので、会社に対してはあきらめというか、冷めた気持ちでしたね。人見知りな性格でもあり、あまり会社の人と関わりを持たないようにしていました。でも、Surpassに入ってクライアントとも社員とも密に接する機会が増え、風土に溶け込むうちに、『相手に優しくしたい』『周りの人の成功をサポートしたい』という想いが湧いてきたんです。キャリアを積んでいけるだけでなく、人として当たり前のこと、大切なことを改めて実感できたことは、私にとって大きな成長。これからもマインドとスキル、両面を磨いて、『BtoBのトップマーケター』を目指します」

 


インタビュー・編集/青木典子、堤真友子 撮影/後藤敦司

Contact

株式会社Surpass

東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3F

http://surpass-star.com/