起業で手にした
自らの新たな夢。
「利他の心」を持って
幸せを追求する

株式会社インボックス

高梨 雄介Yusuke Takanashi

代表取締役

フローリングや水回りのケアを楽にする
コーティングサービスを提供

じっとしていても夢は描けない。
やると決断して動くことで
新たな目標が生まれ、充実した人生に

ゼネコンの施工管理、士業の会社のナンバー2を経て起業

フローリングのシミ、キズ、変色。これらは補修できるものもあるが、元に戻すことはできない。張り替えをせずに美しさを保つためにはこまめなメンテナンスが必要だ。

しかし、自分でワックスをかけるのは面倒である上、効果は長続きしない。しかも「滑りやすい」「剥がれたワックスが子どもやペットの口に入ると危険」といった不安もある。

こうした問題を解決するのが「コーティング」。表面にラップするように塗膜を張ることで、キズを防ぎ、汚れを落としやすくする。フロアコーティングには多くの種類があるが、高い安全性と性能を備えるのが『マイスターコーティング』だ。すでに付いた汚れを落とし、キズを研磨し、下地をきれいにしてからコーティングを施すとあって、「新築のときのよう」「お手入れが楽になった」と好評を得ている。フローリングだけでなく、キッチン、バス、トイレなどの水回りにも対応可能だ。

この『マイスターコーティング』を手がけるのが株式会社インボックス。代表の高梨雄介は、ハウスメンテナンス業の経営者としては異色の経歴を持つ。大学で土木工学を専攻し、上場ゼネコンで施工管理を務めた後、士業の専門事務所に転職。組織づくりにおいて手腕を発揮し、会社のナンバー2のポジションで5人規模から50人規模への拡大期を支えた。そして、高校生と専門学校生の息子を育てるシングルファーザーでもある。

高梨は当初、前職の実績を活かし、「組織コンサルタント」として独立起業した。そこからハウスメンテナンスサービスの事業に乗り出した背景には、ある想いがある。

「20年近く、『とにかく稼がなければ』という一心で働いてきました。でも、これからは自分の夢や目標を大切にして生きようと思ったんです。会社設立にあたり、まず『理念』を考えたとき、『幸せ』というキーワードが浮かびました。『幸福あるところに繁栄あり』。人に幸せを届けることを第一に考えよう、と。それはお客様に対しても、取引先に対しても、従業員に対しても、です」

航空整備士であった父の影響か、高梨は子どもの頃から手先が器用で、プラモデルなど「手を動かして作る」ことが好きだった。学校では工作や化学の実験に夢中になった。

「外交的なタイプではなかった」と言うが、真面目な性格ゆえに学級委員に推され、小学校から中学校までのほとんどの学年でクラスの代表を務めた。

大学に進むと、理工学部で土木工学を学ぶかたわら、アルバイトにも精を出した。「車を買いたいからセルフメンテナンスを覚えたい」とガソリンスタンドに勤務。また、「料理を覚えたい」という動機で、飲食店でもアルバイトをした。「手を動かしてものを作るのが好き」という性分は料理に対しても発揮されているらしい。社会人になってからもお店で美味しいものを食べると、家で再現できるまで何度も作ってみるのだという。

いたって普通の大学生活を送っていた高梨。ところが3年のとき、その後の人生を変える出来事が起こる。付き合っていた彼女から妊娠を告げられたのだ。

「大学を辞めて働こう」。そう考えたが、親から止められ、大学を卒業した上で就職することにした。結婚し、大学4年生のときに長男が誕生。「家族を養っていかなければ」という覚悟を持って就職活動に臨み、二部上場の中堅ゼネコンに採用された。

Profile

1978年、千葉県出身。航空整備士だった父親の仕事の関係で3歳から7歳までアメリカで暮らし、日本製品の精巧さ、Made in Japanの良さに気付く。小学校、中学校では学級委員としてクラスをまとめる。日本大学理工学部在学中に結婚、第一子を儲ける。道路の舗装工事や宅地造成を行うゼネコン、土地家屋調査士事務所を経てインボックスを設立。

料理が好きで、専門店で食べた味を家庭でも再現している。得意料理はパスタ。

Contact

株式会社インボックス

東京都千代田区外神田6-3-8 Griez AKIHABARA 3F

https://inboxs.jp