明確な目標を持って挑めば、辛い仕事も辛くない。辛いと思わないからすべてがうまくいく!

株式会社ゼニアス

坂口 勇介Yusuke Sakaguchi

代表取締役

 目次

「コンパクトラグジュアリー」な中古マンションで差別化

中古マンションを買い取り、リノベーションして販売するのが当社の主な事業内容です。また、マンションやアパート、ビルなど、投資用物件をご購入いただいたお客様向けには、賃借人の募集、家賃の受け取り、近隣とのクレーム処理などの一貫したプロパティマネジメント(PM)事業も行っています。

中古マンションは、比較的コンパクトな物件に特化し、リノベーションする際のデザインをラグジュアリーに演出する「コンパクトラグジュアリー」をコンセプトにすることで、他社との差別化を図っています。都心部を中心に展開している理由のひとつは、東京23区の平均世帯人数が1・88人(平成27年)と2人を割り込んでおり、しかも年々さらに減る傾向にあることです。つまり、単身者やDINKSがこれからも増えていくので、ワンルームや1LDKなど、コンパクトな物件へのニーズが一層高まるものと見込んでいます。

私たちのビジネスにおいて肝となる物件情報については、地元の不動産業者から取り込むほか、時には売れ残っている物件なども含めて、こちらからアプローチすることも少なくありません。売れない物件と言っても、ほとんどの場合、“室内が汚い”“設備が古い”というのがその理由です。エアコン等の電化製品やキッチン、バスルームなどの設備は築10年、20年と経つと、ものすごく古く感じるものです。こうした物件を私たちが買い取って、照明器具の交換やシステムキッチン導入、バスルームに追い焚きや乾燥機、ミストサウナなどの機能がついた湯沸かし器を設置したうえで、部屋を現代風に格好良くリノベーションすることで、物件の価値は飛躍的に上がります。特に都心の人気のエリアであれば、築年数とはあまり関係なく、高く評価されるケースが多いですね。

40㎡に満たなくて、銀行の住宅ローンが通らない物件は買い手が見つかりにくいのですが、当社はそうしたニッチなところもあえて買いに行きます。中古マンション販売だけでなくPM事業も手掛けており、投資用物件の出口戦略を持っていることが、逆張りのビジネスも可能にしています。

2020年の東京オリンピックに向けて、都心の物件は値上がり基調にあり、全体の売り物件数は少なくなっている中、当社が前期比1・5倍の契約数を達成できているのは、コンパクト物件にもアプローチできるスキームを多く持っているからなのです。

Profile

1978年、埼玉県生まれ。1998年、大学中退後、渋谷区の老舗不動産会社へ就職。持ち前の営業力と行動力により最年少記録を次々と塗り替える。2002年、24歳にて売買営業の管理職へと抜擢され、仕入れ物件の決裁権を与えられる。約9年間の在籍期間中に販売したマンションは1000件を超える。2007年2月、株式会社ゼニアス設立、代表取締役に就任。「従業員とその家族が誇れる会社を作る」を目標に掲げ、経営理念である「真の豊かさの追求」と「人間性の向上」を追求して、現在に至る。

Contact

株式会社ゼニアス

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー18F
http://www.zegnas.jp