メンバーの声を「腹」で聴き、成長につながる働き方を支援する

スターティア株式会社 ソリューション統括部 ネットワークコミュニケーション営業部 岡本 友輔

岡本 友輔Yusuke Okamoto

スターティア株式会社

ソリューション統括部 ネットワークコミュニケーション営業部

部長

2017.02.13

「顧客とビジネスを創る」をテーマに、営業メンバーを導く

2006年に入社以来、岡本友輔は一貫してネットワークソリューションの営業に携わってきた。個人で年間1位の営業成績を挙げた実績を持つ。入社7年目には統括マネージャーに昇進、10年目にあたる2016年からは営業部長を務めている。

営業の第一線にいた頃は、顧客企業の課題や目的に応じてITやネットワークをどのように取り入れるかをとことん考え、先方担当者とタッグを組んで実現させてきた。その経験は、現在の営業部の運営方針にも反映されている。

「以前は未取引の会社にがんがんアプローチをかけて新規開拓するスタイルでしたが、すでに多くの顧客を獲得した今、既存顧客との関係をより深めていくスタイルにシフトしています。『顧客とビジネスを創る』がテーマ。顧客の「パートナー」という立ち位置で、お客さまの将来の発展につながる提案をしていきます」

岡本の役割は部全体の指針を決めて舵をとることであり、個々のメンバーへの指導やマネジメントはマネージャーやリーダーに任せている。しかし、メンバーからの意見は、間にマネージャーをはさまず、直接受け付けている。「お客さまからこんな要望をいただいたのでそれに応えるサービスを創りたい」というビジネスのアイデアから、「マネージャーから〇〇という指示を受けたんですが、どういう意図なんですか?」といった営業方針への疑問まで、メンバーからはさまざまな声が投げかけられる。

メンバーが話をしに岡本のデスクにやってくると、岡本は作業の手を止め、身体の向きを変えてメンバーと正面から向き合う。

「他のことをしながら対応するようなことも、耳だけで聞くようなことも、しないように心がけています。顔を正面から突き合わせて、『腹』で対話する。それによってメンバーの真意をつかみたいですから。不平不満だって言って構わない。感情に任せて言ってくることは聞きませんが、信念を持って伝えにきてくれたことは、真剣に『腹』で受け止めます」

実際、「こんなサービスがあれば絶対にお客さまに喜ばれる!」と訴えてきたメンバーの提案を承認し、新商材を創ったこともある。

「自分のアイデアから生まれた商材が世に出て、利用する会社がどんどん増えていって、何億円ものビジネスに発展する。そんな喜びと高揚感を皆に味わってほしいですね」

メンバーには「何のために働いているのか」とよく問いかける。上司からの指示に黙々と従うだけでなく、自ら仕事の意義に気付き、自らの考えで動けるようになってほしいからだ。オープンに意見が飛び交う岡本の営業部では、常にビジネスやサービスのアイデアが芽吹いている。顧客のニーズをとらえた画期的なサービスがこれからも生み出されるだろう。



Contact

スターティア株式会社

東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階

http://www.startia.co.jp/

スターティア株式会社のメンバーストーリー
スターティア株式会社 富居 綾子
富居 綾子

スターティア株式会社
キャリアプロデュース営業部

キラキラと働き続けて、女性社員たちのロールモデルになりたい

スターティア株式会社 森 一高
森 一高

スターティア株式会社
東東京エリア統括部 エリアコミュニケーション営業部

自分の強みを活かし、経営者から頼られるパートナーに

スターティア株式会社 中原 三樹惠
中原 三樹惠

スターティア株式会社
インフラ事業本部 キャリアプロデュース営業部

「飛び込んでくれてありがとう」の言葉で営業の価値を知った

スターティア株式会社 代表取締役社長 本郷 秀之
本郷 秀之

スターティア株式会社
代表取締役社長

「正しいことを貫く」 社員も企業も成長し、時代に挑戦し続ける

本郷 秀之

スターティア株式会社
代表取締役

「自らつくり、育てると仕事は面白い」

週間アクセスランキング