ストリートカルチャーを
軸としたモノ・コトを育て、
世界中へ発信する

株式会社ビーズインターナショナル

西方 雄作Yusaku Nishikata

代表取締役社長

『X-LARGE®』『X-girl』ほか
ライフスタイル、映画配給まで
幅広く文化を発信

ロサンゼルス・上海を拠点に
グローバル展開を強化へ

欧米生まれ・日本育ちのブランドを幅広く展開

『XLARGE®(エクストララージ)』『X-girl(エックスガール)』――10代~20代の支持を集める、ストリート系ファッションブランドの代表格だ。

これらを運営しているのが株式会社ビーズインターナショナル。同社はアメリカやイギリス発のブランドと販売代理店契約、あるいは商標権・営業権を買収して、日本マーケットに合わせたテイストを加えて発信している。『XLARGE®』『X-girl』も「アメリカ生まれ、日本育ち」のブランドだ。

同社ではほかにも幅広いジャンルのブランドを展開している。スニーカーを中心としたスポーツファッションセレクトショップ『Styles(スタイルス)』、カリフォルニア風のライフスタイルを提案する『COMMUNITY MILL(コミュニティミル)』、1940年~1970年代頃のデザインのヴィンテージ家具で国内トップクラスの在庫数を誇る『Mid-Century MODERN(ミッド・センチュリー モダン)』、Apple社製品の収納・持ち運びに特化したバッグ&ケースブランド『Incase(インケース)』、環境に優しいバイオテクノロジーを使ったシューケアブランド『SNEAKER LAB(スニ―カーラボ)』など。

代表取締役社長の西方雄作は、「ストリートカルチャーを軸として、そこから生まれるものは『モノ』にとどまらず『コト』の発信にも取り組んでいく」と意欲を見せる。

2010年には映画配給・宣伝事業を開始。ファッション分野の域を超えたカルチャー全般を盛り上げている。また、外部とのコラボレーションにも積極的だ。2017年2月には、日本を代表する前衛芸術家・草間彌生の展覧会『草間彌生 わが永遠の魂』と『X-LARGE®』『X-girl』のコラボが実現した。草間彌生のアイコンであるドット柄があしらわれた服や小物は、普段ストリート系になじみがない層にも広く認知され、先行予約段階から大きな反響を呼んだ。

同社は、時代に合わせたマーケティング手法の開拓にも力を注ぐ。最近では、多くの人への影響力を持つ「インフルエンサー」を活用して商品やサービスをPRする「インフルエンサーマーケティング」の強化を図っている。2018年春、新事業部・ビーズエンターテイメント部(B’s ENTERTAINMENT)を設立し、自社所属のインフルエンサーを活用するほか、社外のアーティストとも契約。「ストリートカルチャー」を体現するインフルエンサーのマネジメントや研修を手がけている。当面は自社ブランドのマーケティングに活用するが、知見が蓄積されれば、外部へのコンサルティングも視野に入れているという。

さらには海外へも展開。既存のロサンゼルス拠点に加え、2018年6月には中国・上海にも子会社を設立。アメリカおよび中国を中心とするアジアで販売を強化していく。

「グローバル展開の加速をはじめとし、時代の変化に応じて組織や取り組みを柔軟に進化させていきます」

Profile

1978年、東京都生まれ。2000年、早稲田大学商学部を卒業し、伊藤忠商事株式会社に入社。ファッション事業部において数々の事業立ち上げに携わる。2015年、伊藤忠商事を退社し、2016年、株式会社ビーズインターナショナルに取締役として入社。2017年、代表取締役社長に就任。

Contact

株式会社ビーズインターナショナル

東京都目黒区東山1-1-2 東山ビル7F

https://www.bs-intl.jp/