絶対にあきらめなければ
夢は叶う!
新事業を通じて
「夢を実現できる会社」へ

株式会社ランクアップ

岩崎 裕美子Yumiko Iwasaki

代表取締役

化粧品会社としての成功、そして社員と目指す未来

その後、広告代理店を退職し、37歳で株式会社ランクアップを設立。最初の事業内容を化粧品に定めた。

化粧品会社を始めた理由は、「自分の肌をきれいに」したかったからだ。岩崎は広告代理店でトップ営業となり取締役として活躍していたが、10年以上の長時間労働と不規則な生活により、肌が30代とは思えないほどボロボロになっていた。なんとか肌をきれいにしようとさまざまな化粧品を試してみたが、ほとんど効果が得られない。

そこで岩崎は化粧品の成分の勉強を開始。「女性が本当に美しくなるためには、どんな成分をどのように配合するべきなのか」を学んだ。その結果、自分が本当に納得できる製品を作ろうと、化粧品会社を創業することにした。

岩崎は苦労の末、パートナーである製造会社と『ホットクレンジングゲル』の開発に成功。無添加の化粧品ブランド、『マナラ』が誕生した。無添加の品質と、これまでにない使用感が顧客の支持を集め、多くの女性から「肌がきれいになった!」という喜びの声が寄せられた。会社設立から12年で売上は100億円を突破。さらにはアジアを中心とした海外でも販売を始め、今後は海外での販売を強化させていく。

2014年からは新卒採用を開始。「挑戦」の理念のもと、新人だからと仕事を限定せず、一戦力として配属している。そのため、新人の成長スピードが速いという。入社2年目にして量販店の本部交渉を担当する者や、年間12億円もの予算を持ちプロモーションを行う者など、責任あるポジションを任されているメンバーもいる。2017年に入社した営業部の松村怜央も期待する新人の1人だ。もともとは大手企業を志し、人々の「働く」を支えたいという想いから人材会社を志望していた。しかし、就活中に岩崎と出会い、その情熱と挑戦していく企業風土に惹かれ、入社を決めた。

現在は大型量販店やバラエティショップの営業を担当し、日々奮闘中だ。「まずは経験を積んで成長したい。そして将来は、夢だった人事や人材に関する事業をランクアップで立ち上げたい」と意欲を見せる。

岩崎は、これからも「効果を実感できる製品とサービス」を創造し、たくさんの人の悩みを解決し、世界中の人々を輝かせていきたいと考えている。

「絶対にあきらめなければ、自分のやりたいことは実現できる、と今なら自信を持って言えます。事業に取り組む上では、『儲かりそう』『流行りそう』ではなく、『誰かを確実に幸せにする』『誰かの悩みを解決する』という想いが一番大切なことだと思っています。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、私の会社も、こうした強い想いから始まったのです。社員の夢を叶え、人を幸せにする事業を増やしていく――そのためにも、まずはこの会社から、たくさんの社長を生み出していきたい。志の高い社員の皆とともに、たくさんの大きな夢を叶えていきます」

株式会社ランクアップ 代表取締役 岩崎裕美子

2017年度入社 リテール販売事業部・松村玲央(写真右)


書籍「インターン・新卒採用の注目企業 」から掲載】

Profile

1968年2月8日、北海道生まれ。藤女子短期大学卒業後、JTB入社。その後、複数の広告代理店を経て、2005年にマナラ化粧品を開発・販売する株式会社ランクアップを設立。12年連続増収。2016年度の売上は100億円を突破。社員数約50名で1人2億円を売り上げるという生産性の高さは業界でもトップクラス。

Contact

株式会社ランクアップ

東京都中央区銀座3-10-7

https://manara.jp

2020年新卒採用サイト
https://rankuphd.jp/