引越しを通じて、
ひとつでも多くの
笑顔を生み出したい

株式会社アップル

文字 放想Yukio Monji

代表取締役

14歳で引越業に入り、21歳で引越会社を創業

「お客様に喜んでいただく」という信条と
利便性を高めるシステム投資で、
2034年までに「引越し業界・日本一」を目指す

格安でありながら、高品質な引越しサービスを提供

2006年の設立以来、増収を続けるアップル引越センター(株式会社アップル)。10周年を迎えての年間売上高は10億円近くに達した。創業者の文字放想(もんじ・ゆきお)が中古の2トントラック1台で始めた事業だったことを考えると、目覚ましい成長ぶりだ。

アップルの強みは「格安」でありながら「品質が高い」ことだ。

同社では、利用したお客様から寄せられるアンケートを重視。喜びや称賛の声を受けた社員を高く評価し、表彰する。お客様に喜んでもらえる行動を共有し、社内に広げていくことで品質向上に取り組んできた。顧客の満足度が高まり、再利用や紹介による受注が増えたことで広告宣伝費を抑えることができ、格安料金を実現できているのだ。

「『売上を上げること』を目標にするのではなく、『お客様に喜んでもらうこと』『気持ちよく新しい生活を始めてもらうこと』にとことんこだわっています。スタッフ一人ひとりがそれを目指して行動しているから、お客様に満足いただけているんです」

文字はそう自信を見せる。

とはいえ、「安さ」と「高品質」だけではない。成長の背景には、綿密なターゲット戦略もある。通常、引越業界では単身者、家族、オフィスという3つの分類で顧客分析が行われるというが、アップルではさらに細かく分類。特に単身者について、首都圏、関西圏、地方ごとに「予算に限りのある20代」と「予算に余裕のある30代」などに分け、「首都圏に住む30代の単身者」を主なターゲットに設定した。そうした人々にとっての利便性向上に取り組むことで、満足度アップにつながっているのだ。

お客様の利便性を追求し、最近リリースしたサービスの一つが、単身引越しECサイト「ラクニコス」。スマートフォンから3分で引越予約ができるサービスだ。住所、荷物などのデータを入力するだけで、引越し費用の確定金額がカレンダー表示される。アップルが持つ過去10年分の見積りのビックデータを活用し、訪問や電話でのやりとりなしで見積もりと引越予約ができるようにしたのだ。これまで「ネットで引越予約」をうたったWEBサイトはいくつかあるが、スマホ向けに最適化されたサイトは業界初である。

株式会社アップル 代表取締役 文字 放想

Profile

1984年生まれ、神奈川県出身。

14歳(中学校2年生)の時から引越し会社で作業員のアルバイトを始める。

その後、何社もの引越し会社でアルバイトや社員として働く。

2006年、21歳の時に株式会社アップルを設立。現在に至る

Contact

株式会社アップル

東京都中央区日本橋馬喰町1-5-6-9F

http://www.apple-hikkoshi.co.jp/