対象は全国に70万橋。
橋梁の安全を守る
専門装置を
開発から施工まで

株式会社クリテック工業

若林 勇二Yuji Wakabayashi

代表取締役

司法試験に失敗すること10年。自分の天職を見つける

3人兄弟の長男として生まれ、「社会貢献をしろ」と父から幾度も言われて育った若林。「この世に生かされているということは、人の役に立つために生きている」と、幼い頃から教え込まれた。それを実現できるのは何かと、小学生なりに考えた。そんな折、親戚が詐欺被害に遭い、「弱い人を騙すような人間は僕が裁いてやる」と決意。判事を目指そうと考えた。

ところが、小学校から始めた野球に熱中するあまり、成績は急降下。高校ではレギュラーの座をつかみ活躍するも、勉強はそっちのけに。大学受験もうまく行かず、2年の浪人生活を送ることになる。しかし、浪人中に若林の考え方を変える出来事があった。

「当時の私は、人に相談するのが本当に苦手でした。幼稚園の頃から『長男として母や兄弟を支えていけ』と父に叩き込まれたせいか、自分が主体となって他を引っ張っていかなければ、と思い込んでいたんでしょうね。どうやって勉強すればわからなかったのに、誰にも頼れずに一人で抱え込んでいたんです。でも、このままではいけないと思い、高校時代のチームメイトであり、すでに大学へ進学していた友人に思い切って相談してみました。すると、彼は『ずっと活躍していた君のような人が、僕に質問してくれるなんてうれしいよ』と言ってくれたんです。『人に相談していいんだ』と気付き、涙が出るほどうれしかった。彼のその一言を機に、勉強に熱が入りました」

明治大学へ進学し、判事を目指して法律を専攻。ところが、司法試験に挑戦し続けるも、合格に至らないまま10年の月日を費やすことになる。

30歳が近づいた頃、先に社会人になっていた友人たちと会う機会があった。彼らの話題といえば仕事の愚痴ばかりで、居心地の悪さを感じた。しかし、ふと我が身を振り返る。

「愚痴ばかりをこぼす友人たちも、社会に出て何かしらの形で社会貢献しているんですよ。一方で、私は惰性で司法試験の勉強を続けていて、何も人の役に立っていない。そのときに出会ったのが『経済』の語源となった『経世済民』という言葉でした。法律は、物事が起こったあとに解決するためのものですが、経済は、自分が先に動いて思いどおりの世の中にしていくためのもの。『自分が動くこと=社会貢献』であると感じ、経済のほうが向いているんじゃないかと思いました。そうして社会に出ることを決めたのですが、やはり愚痴ばかりの社会人にはなりたくない。そういう人を一人でも少なくしたいと思い、経営者を目指すことにしたんです」

司法試験への挑戦に区切りを付けて就職を決意。普通なら法律知識を活かせる職を選ぶところだが、若林は人材派遣会社の営業職に就いた。古くから若林を知る友人たちも驚く選択だったが、死に物狂いの努力でトップセールスを記録した。

営業の仕事を選び、頑張れた背景には「営業っていうのは、物やサービスを売ることじゃなくて、自分をわかってもらうことなんだよ」という父の言葉があった。司法試験の勉強に10年を費やし、失敗に終わった経験は、一般的に見ればネガティブなもの。しかし、若林はそれを「人が経験していない、自分ならではの人生」ととらえ、「それを表現できる仕事こそ営業」と考えた。業績も上がり、「営業は天職」とまで感じるように。その後勤めた出版会社でも好成績を残し、営業スキルを確立させていった。

出版会社を退職後は、起業の準備を進めていた。その気持ちとは裏腹に、周囲からは「お父さんの会社に入らないの?」と言われた。父は数年前から企業の代表を務めていた。それがクリテック工業だ。

「自分で事業を立ち上げたい」という理由から、父の会社には絶対入らないと決めていた若林だが、周囲の声をきっかけに業界研究をすることに。すると、車が道路を走る限り永久に需要がある仕事であり、かつ競合も少なく大手もいないとわかった。自分がこれまで培ってきた営業力を活かせば十分勝てる分野だと思い、入社を決めた。

一般的に、社長の後継者として中途入社する人の多くは、権威を示すために最初から専務や常務などの肩書を持つ。しかし若林はあえてそうしなかった。ヒラ社員で、全社員のうち最低額の給与でスタート。「肩書で周囲を無理やり納得させたくない。実力がなければ皆ついてこない」という考えからだ。『結果が伴わなければ切ってくれ』と父にも言った。でないと社員が不幸になってしまう、と思ったという。また、入社当時から、同族経営をするつもりはなく、親族以外を教育して、後継者にするつもりであった。

メーカーは未経験だった若林だが、他業種で培ってきた営業力を発揮し、従業員にもノウハウを伝授。その結果、会社の業績は3倍成長。2007年に社長に就任した。

Profile

1970年、山梨県甲府市生まれ。小学校から高校まで野球を続け、中学校からはキャッチャーとして活躍。明治大学法学部に進学し、刑法を学ぶ。大学卒業後は司法試験に10年近く挑戦するも合格できず、心機一転人材派遣会社で主に営業を担当。トップセールスを記録すると、出版会社でも新会社の設立、代理店統括業務などを経験。2004年、父親が代表取締役を務めるクリテック工業に入社。2007年、代表取締役に就任。

Contact

株式会社クリテック工業

info@cretec.jp

東京都港区新橋5-27-1 パークプレイス6F
http://cretec.jp