対象は全国に70万橋。
橋梁の安全を守る
専門装置を
開発から施工まで

株式会社クリテック工業

若林 勇二Yuji Wakabayashi

代表取締役

判事を目指した青春時代から
一転経営者へ

培った営業力と徹底した教育で
会社のさらなる成長を図る

橋がこの世にある限り、需要は永久になくならない

車で橋の上を走っているとき、カタンカタンと音がするのを聞いたことがないだろうか。その音の発生源は『橋梁用伸縮装置』。温度変化による伸縮を吸収する役割を果たしており、もしもこの装置がなければ、道路に起伏ができたり道路の下に水が漏れたりしてしまう。車の安全走行のためにも欠かせないものだ。この装置の開発・販売・施工を手がけるのが株式会社クリテック工業。取り扱う製品の幅広さは日本一である。

代表取締役の若林勇二は、同社の事業を「永久になくならない仕事」と言う。現在、15m以上の長さの橋梁は日本に70万橋以上あるのに対し、橋梁用伸縮装置を製造するメーカーは20社程度。1橋に対して一定の間隔で装置を取り付け、一つひとつの寿命は20~30年。つまり、装置の製造・取替が絶えず必要なのだ。

同社の特徴は3つある。1つ目は、自社の工場を持たない、いわゆる「ファブレス」であること。製造設備を自社で抱えることによるコスト面のリスクを抑え、資金や人材を研究開発に集中させられる。

2つ目は、装置の製造だけでなく、橋梁の建設現場で施工管理も担当すること。その理由は、「お客様のニーズを把握するため」である。施工管理を経験することで、現場を理解した上でお客様に提案することができ、現場で発見した課題を研究開発に活かせる。

3つ目は、商社を通さず顧客に直接販売していること。自社で価格を決められるので、市場に左右されることなく、最適な価格を自社で設定して販売数を確保。同社では橋梁関係の幅広い会社との直接的な取引を実現している。

つまり、メーカーとして製品を提供するだけでなく施工まで一貫して行い、さらには施工で得たノウハウを研究開発、営業に活かすことができる。自社の中で全てがサイクルしているので、価格面でもスピード面でも他社を圧倒できるのだ。

その中で、若林は特に施工を重視する。文系・理系や職種に関係なく、現場で施工管理を担当する機会を提供している。

「私は現場仕事を『宝探し』と表現しています。現場では、どのくらいの交通量だと装置が壊れるのか、どの工程に時間がかかるのかなど、実際に行かないとわからない情報をたくさん得られます。それを新製品の開発に活かしたり、現場のことを理解した上で営業したりすることもできる。全てをワンストップで行う当社ならではの価値だと思っています」

Profile

1970年、山梨県甲府市生まれ。小学校から高校まで野球を続け、中学校からはキャッチャーとして活躍。明治大学法学部に進学し、刑法を学ぶ。大学卒業後は司法試験に10年近く挑戦するも合格できず、心機一転人材派遣会社で主に営業を担当。トップセールスを記録すると、出版会社でも新会社の設立、代理店統括業務などを経験。2004年、父親が代表取締役を務めるクリテック工業に入社。2007年、代表取締役に就任。

Contact

株式会社クリテック工業

info@cretec.jp

東京都港区新橋5-27-1 パークプレイス6F
http://cretec.jp