「リピート通販」を軸に
社員の夢の実現に結びつく
商品・事業を展開

株式会社ライブナビ

野口 裕Yu Noguchi

代表取締役

ヒップケアをはじめとする
美容・健康商品がヒット

ジャンルを問わず、新たなオリジナル商品開発へ
「会社のためでなく、自分のために働いてほしい」

お客様に求められる商品を、社員の強い気持ちで生み出す

「社員が心の底から『世の中に出したい』と思える商品、お客様の役に立ち、継続してお求めいただける商品であれば、取り扱うジャンルにはこだわっていません」

こう語るのは、化粧品などのオリジナル商品で通信販売事業を展開している株式会社ライブナビ・代表取締役の野口裕だ。

ライブナビでは、オリジナルコスメブランド「re:beaute(リボーテ)」を展開。「お尻のニキビ」や「シミ・黒ずみ」に悩みを持っている女性に向けた薬用ジェル『ピーチローズ』、洗浄ジェル『ソフトクレンジング&ゴマージュ』など、ありそうでなかったヒップケア商品を送り出している。

中でも主力商品であるピーチローズは、人気口コミサイトで1位にランクインするなどし、3年間で250%の売上増を達成。ピーチローズシリーズについては、『VoCE』や『Ray』などの人気女性雑誌や有名Webサイトで度々紹介されているほか、国際的な品質基準である「モンドセレクション2018」において、4年連続の金賞・銀賞を受賞。品質が高く、世界基準を満たした商品であることが証明された。

しかし、「展開する商品ジャンルにこだわりはない」と野口が言うように、ライブナビが企画開発する商品は、ヒップケア商品だけにとどまらない。「保湿のできるオイルクレンジング」や「ペット用品」など、「こんな商品を世の中に出したい」という社員の強い想いによって企画された、あらゆるジャンルの商品開発が進行している。

「社員と商品開発の話をしている時間が、いちばん楽しいですね。社員が生き生きと商品企画に励む姿を見ることが、私の幸せなんです」

社員が幸せそうに働くことを願う野口だが、そのような心境に至るまで、決して順調な道のりを歩んできたわけではなかった。

野口が3歳のときに両親が離婚。小学生時代は酷いいじめを受けた。さらには中学2年のとき、母親の悪性癌が判明。「どうしてこんな目にばかり遭うのか」と、自身に降りかかる不遇を受け入れることができなかったという。

経済的にも余裕がなく、中学卒業後は「新聞奨学生」として奨学金をもらいながら建築関係の専門学校に進学。しかし、過酷な労働条件での新聞配達を続けているうちに身体を壊し、およそ半年で退学せざるをえなくなる。その後は「手に職がほしい」と考え、18歳のときに小さな建築会社の大工として働き始めた。

ところが野口には、大工の適性がなかった。入社半年で解雇されそうになり、「これでは今までの自分と変わらない」と心底悔しさを感じた。「こうなったら死ぬ気で仕事して、いつか会社が手放せなくなる存在になってみせる」と決意すると、新しく任された住宅営業の仕事に必死で取り組んだ。そこで野口は、営業の才能を開花させることになる。

Profile

1975年、山梨県生まれ。建築専門学校を中退後、建築会社に入社。住宅営業職としての業績が評価され、29歳で最年少の取締役に就任。33歳のとき、会社員時代に貯めた1200万円の資金を元手に、不動産業で独立起業。新たなビジネスモデルを模索した結果、「化粧品」での単品リピート通販に乗り出す。2010年4月に美容通販事業「re:beaute リボーテスキンケア」ブランドの販売をスタート。2011年6月に発表したヒップケア商品「ピーチローズ」が大ヒットし、右肩上がりで成長を続けている。

Contact

株式会社ライブナビ

埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-333-13 OLSビル13F

https://livenavi-rebeaute.net/