人気ブランド『エセックス』担当として
チーム力でよりよいサービスを追求する

株式会社シーアールエス

坂田 容三  Yozo Sakata

パーツ課 課長

 目次

お客様一人ひとりの「理解度」「感じ方」をつかみつつ対話

「見た目と中身がずいぶん違うね」

CRSのパーツ課課長を務める坂田容三は、お客様からそう驚かれることが多いという。

茶髪ということもあり、第一印象は「チャラい人?」と思われるようだ。しかし少し話をすると「生真面目できめこまやかな人」という印象に変わる。

坂田はもともとCRSの向かい側にあったガソリンスタンドでアルバイトをしていた。そこが閉店する際、常連だったCRSのスタッフから「うちで働かないか」と声をかけられて入社した。ドレスアップされた車を見るのは好きだったが、車にくわしかったわけではない。だからこそ接客の場面では、車の知識があまりないお客様の目線に立つことができた。

車のプロや車にくわしい人にとっては当たり前のことでも、それを知らない人は多い。そこで坂田は、相手の知識レベルや理解度を確かめながら、わかりやすく説明することを心がけてきたという。

「対話しながら、お客様の表情や声のトーンに気を配ります。それによって、どこまで理解していて何がわかっていないのかを汲み取り、説明を補足したり、専門用語を別の言葉に置き換えて話したりするんです」

それと同時にヒアリングも入念に行った。例えば、車は車高を下げるなどのカスタムを施すと、乗り心地が変わることもある。それを改善する目的で訪れるお客様も多いが、一口に「乗り心地が良くない」といっても、お客様によって感じ方は人それぞれだ。「柔らかい・固い」と言う人もいれば、「強い・弱い」と表現する人もいる。

「違和感があるのは高速道路走行中なのか下道なのか。スピードが出ているときなのかそうでないときなのか。状況を細かくお聞きすることで、最善の対応ができるんです」

坂田は現在、人気ブランド『エセックス』のパーツ管理を担当。パーツの受発注や仕入れ、通販サイトの運営を行っている。店頭に出ることはなく、お客様と話す機会は電話が中心。顔が見えない分、ちょっとした口調や言葉遣いでお客様に不快感を与えてしまわないよう、気を配っているのだという。

Contact

株式会社シーアールエス

東京都千代田区五番町5-5 KDX五番町ビル4F

http://www.injestar.co.jp/