教育は百年の計―空室利用で、未来を担う子どもたちに充実した英語教育を

株式会社リノヴェ

柏木 陽佑Yousuke Kashiwagi

代表取締役社長兼CEO

 目次

英語教育と教育業界をリノべーション

アメリカの大学を卒業後、現地の出版社を経て日本の大手英会話学校に就職した私は、語学教育をライフワークにしようと心に決めていました。そして、当時勤務していた会社が倒産したのをきっかけに、英語教育事業を中心に行うリノヴェを立ち上げました。

社名であるリノヴェは、英単語の”RENOVATION”が由来です。この名には、いくつかの思いを込めています。まずは、既存の英会話教育の枠にとらわれず、国際感覚を育くみながら、英語でコミュニケーションをとれる子どもを育てたいということ。さらに、当社だけでなく、教育業界を働きやすい環境に刷新したいという願いもあります。現在、「ブラック企業」という言葉をよく見聞きします。じつは、語学学校や塾などには、そうした企業が多いのです。残業代が支払われない上に長時間労働が常態化するスクールも少なくありません。そんなところで働く人が全力で教育に向き合えるでしょうか。

だからこそ私は、従業員がやりがいを持って働ける環境づくりをしたいと考えています。
実際、後述の保育園で働く従業員の給料相場は、周辺の同業種の従業員よりも2割ほど多く設定していますし、福利厚生にも目を向け、定着率は非常に高いといえます。

また、安定した教育を行うには、コストコントロールにも配慮しなければなりません。そこで考えたのが、空き家の活用です。英会話教室はスペースさえあれば、大がかりなリフォームをしなくても開業できます。当社の第一号教室「5Star英会話 阿南本校」は、もともとおもちゃ屋だった場所を教室に転用しました。オーナーにも喜んでいただけていて、1年間のフリーレントの上に、相場の半額以下で貸していただいたりと、優遇を受けています。

Profile

2011年3月、英語教育業界を変えたいという思いから創業。同年4月に、第一号となる英会話教室「5Star英会話 阿南本校」を開校しました。この教室は、もともとおもちゃ屋だった空きテナントを活用し、大家さんの協力を得ることで、ランニングコストの削減に成功。2014年には、同代表が運営する「株式会社英語保育所サービス」が、英語で保育を行う「5Starインターナショナル保育園」を開園。さらに、2015年6月には、英語の学童保育サービス「5star英語学童クラブ」を開始するなど、保育と語学教育の融合に力を入れています。