空室をママの情報共有カフェやシングルマザーのシェアハウスとして活用

インブルーム株式会社 代表取締役 野村 洋子

野村 洋子Youko Nomura

インブルーム株式会社

代表取締役

2016.06.13

インブルーム株式会社は、女性の再就職を支援するために立ち上げた会社です。子育てなどでいったん職場を離れたものの、仕事に復帰したいという女性にさまざまな働き方を提案しています。女性は、結婚や出産などの理由でいったん職を離れることがあります。

ですが、社会復帰への道は険しく、保育所に入れない、協力者がいないなどの理由で、仕事を探すスタートラインにさえ立てない方が少なくありません。私は、そんな女性たちが、もっと自由に仕事に就ける環境をつくりたいという思いをずっと持ち続けてきました。

当社に問い合わせをくださる方々の状況は、保育所に預けられないので今すぐは難しいけれど、仕事に復帰したいという方から、シングルマザーで思うように住居が借りられず、仕事も見つからないという方までさまざまです。昔は、祖父母や近所の方のお世話になったり、叱られたりしながら、自然と地域で子育てをするビジョンがありました。今は核家族化が進む中で、そうした意識は希薄になる一方です。子育ての悩みをママ友に相談する場所なども、まったく足りていないのです。

協力者のいないシングルマザーを取り巻く状況は深刻です。私は空きビルや空室といったスペースで、シングルマザー・シングルファザーが、共に暮らし、協力しながら子育てができるシェアハウスをつくり、運営したいと考えています。親にとっては、子どもが一人でいる状況が最も不安ですが、シェアハウスで協力し合って生活できれば、そういった不安の種は解消されます。また、子どもたちは社会性を身につけることもでき、親は落ち着いて仕事に就ける環境がつくれるでしょう。

さまざまな事情で職場を離れた女性たちや、環境が整わず仕事に就けない女性たちが仕事をしたいと思ったときに、子育てしながら働くためのサポートを提供したい。多くの女性が当たり前にそんな支援を受けられる社会を、このプロジェクトを通して実現していきたいと思っています。


書籍「空室が日本を救う!イノベーティブ企業22社からの提言 」から掲載】


Profile

Profile

大阪出身。IT関連企業でインストラクターとして活躍後、広告代理店で営業を担当。女性の活用に悩む経営者との出会いから、結婚や出産などでいったん職場を離れた女性の職場復帰を応援するインブルーム株式会社を起業し、女性の再就職支援に注力する。

Company Profile

企業向けに女性を活用した派遣・紹介サービスや営業支援事業を行う会社として、2006年に設立。「ママ×仕事=もっと輝く私」をモットーに、環境の変化によりいったん仕事から離れ、仕事復帰を決意された女性に向けてさまざまなサポートを展開している。

Contact

インブルーム株式会社

東京都港区南青山1-4-2 八並ビル5F
TEl:03-5785-1107

関連書籍のご案内

書籍
「空室が日本を救う!イノベーティブ企業22社からの提言」

日本社会が抱える課題の一つに空き家、空きビルなどがある。この課題解決に必要なのが発想の転換、アイデアである。人口が減少し、若者たちのワーキングスタイルが変わりつつある今、スペースの用途を単に住まいやオフィスに限定する従来型の発想では、本当の意味での課題解決には結びつかない。外国人や企業、シングルマザーなど入居困難者や介護、保育、クラウドソーシングなどといった用途で空きスペースを必要とする人が増えている現状を鑑み、自由な発想でスペースを活用していく事こそが解決の糸口となる。そして、こうした取り組みは空室問題の解決だけではなく、女性就労や子育て支援、医療、介護、インバウンドなど、一見空室とは関連性がないようにも思える様々な日本の課題を一括して解決する可能性を秘めている。そこで、本書では画期的な発想で空室問題の解決にあたる20社の実例や知見、ビジネスモデルを紹介する。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング