理念は「誰かを想って創る」。
クリエイティブ事業を軸に
人材事業など幅広い展開へ

株式会社デパート

見條 陽亮Yosuke Kenjo

代表取締役

「イイ会社を創る」。ビジョンを持ち
こだわったWeb制作で成長

「教育」「医療」「雇用」「環境」「食料」分野へ。
成長を望む社員が活躍できるステージを増やす

 目次

Web制作を通じ、大手企業のブランディングや売上アップに貢献

企業理念は「イイ会社を創ることで、イイ社会を創り上げること」。Web制作を中心とするクリエイティブ事業と人材事業を手がける株式会社デパート。目標とするのは、クライアントやユーザーにとって「イイ結果」を生み出すことだ。代表の見條陽亮は、「イイ結果」の積み重ねがひいては「イイ社会」を創り出すと考えている。

「『イイ社会』を生み出すためには、まず『イイ会社』でなければならないと思っています。具体的には、社員が自由に楽しくチャレンジできる、働きやすい環境であること。会社から与えられるだけではなく、自分のやりたいこと=会社のやりたいことになるのが理想です。チャレンジによって個人が成長すれば、会社の成長にもつながると思うんです」

デパートは、Webサイトの制作を通してクライアント企業の事業成長を支援してきた。サイトの企画立案に始まり、マーケティング・キャンペーン施策などの戦略もクライアントと一緒に練っていく。社内に専門チームを結成し、サイト開発後も運用・保守業務を担いながら、サービスをより良いものにするための改修提案を行う。

デパートの仕事のゴールは、依頼されたWebページをただ完成させることではない。クライアントの潜在ニーズや将来展望を踏まえ、企業の問題解決まで担うところに強みを持つ。その姿勢に、ファーストリテイリング、東京ガスグループ、小学館、電通グループ、アマナなど日本を代表する多くの大手企業が厚い信頼を寄せている。

デパートが掲げるミッションは「誰かを想って創る」こと。「誰か」の定義の1つが「お客様」だ。ここにはクライアント企業にとってのお客様である「消費者」も含む。

「相手を想う」ことから始まったプロジェクトの一例に、大手出版社のメディアサイト制作がある。もともとあった雑誌の紙面との差別化やシステムの移管などさまざまな課題があったが、見條が特に重視したのは、サイトを見るユーザーとサイト運用者双方にとって最適なものを創ること。ユーザーが見やすいサイトにすることはもちろん、運用者の業務効率を考えた運用体制まで設計することを心がけた。

そのクライアントの目標は、サイトの広告収入の向上。そのためには、掲載記事のPV数を上げる必要があった。そこで、読者が読みやすい記事創りはもちろん、読者が「どんな場所でどのように読むか」まで想像を巡らせた。当時は、通勤や移動中にスマートフォンでニュース記事を見るのが主流になりつつあった頃。制作チームでは特定のサイトを毎日訪れて記事を読むユーザーは減っていくと推察し、大手ニュースまとめサイトへ記事が配信される仕組みも構築した。各メディアの特性を分析し、どんなコンテンツなら他媒体でも取り上げられやすいかまで、サイト編集部と一緒に模索した。

デパートでは常に、最後まで“想う”というスタンスを貫きながらクオリティの高い成果物を創り、クライアントが望む結果を出してきたのだ。

そして「誰かを想う」は、お客様やエンドユーザーに対してだけではない。社内で働く仲間やパートナーに対しても、相手を思いやる姿勢を重視しているという。

こうした見條の「相手を想う」意識は、学生時代から培われたもののようだ。

株式会社デパート 代表取締役社長 見條 陽亮 Yosuke Kenjo

Profile

大学卒業後、大手通信機器販売会社にて企画営業に従事。東証一部上場を経験後、デパートの前身企業にて取締役、ディレクターとして多数のクライアントとさまざまなクリエイティブに携わる。2015年6月に前身企業より独立。デパート社を設立し、今に至る。

Contact

株式会社デパート

東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル5F

https://depart-inc.com/