行動によってしか人生の充実は図れない
ランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好 陽介

ランサーズ株式会社

秋好 陽介Yosuke Akiyoshi

代表取締役社長

2015.10.06

 目次

「発注者」と「受注者」のパイプを作る

高校生の頃、パソコンに初めて触れた私は、その正体は謎ながら「何かものすごいものだ」と魅力を感じていました。その後、大学時代にローンを組んで初めて手に入れたパソコンは、さしたるスペックでもないのに35万円。あの時、もしゲームなどを買っていたら、今の自分も当社もなかったでしょう。

その後、一からプログラミングを学んだのですが、20歳くらいで時間も体力もあったので、一日15時間くらいはパソコンの前に座っていたと思います。知識も技術もどんどん吸収していくと同時に、インターネットの持つ可能性に強烈に惹かれていきました。

その後、学生ベンチャーとして、ポータルサイトの運営や企業向けのホームページ制作を請け負うように。大阪に住んでいましたが、だいたい東京の会社から仕事をもらい、かなりの報酬を得るようになりました。

もっとも、私はとにかくインターネットの世界が好きでしたし、何よりも自分が求められていること、役に立っていることが大きなやりがいでした。自分の運営するサイトに数十万人の人たちが集まってくる。無名の学生フリーランスでもそういう体験ができることに、インターネットのすごさを実感していました。

卒業後に就職したのは、大手インターネットサービスプロバイダです。年収は学生時代の5分の1程度になりましたが、やはり仕事はお金ではありません。私はインターネットの最前線に立ち、企業でビジネスをしてみたかったのです。

担当したのは、新たなインターネットサービスの創出です。といっても、私が直接作っていたわけではなく、プロデューサーやディレクターのような存在でした。エンジニア、デザイナーなど20人近くのスタッフを束ねて、ニュース、地図、ブログといったサービスを企画・制作していました。

その当時のことです。仕事を外部スタッフにお願いする際、大手企業としては信頼できる外注先にしか仕事を任せられませんでした。しかし、私は自分が「受注者」として仕事をしていた経験から、優秀な個人が世の中には数多くいることを知っていました。しかも、個人に依頼した方が、コストも、納期も、クオリティもメリットが大きいのです。

ところが、企業側はどうすれば個人に発注できるかを知りませんし、個人側は大手企業から仕事を獲得する方法を知りません。両者にとって非常にもったいない現実があったのです。そこで、私はひらめきました。「企業と個人とを繋ぐサービスを作ろう!」。こうして私は同社を3年で退職し、7年前に日本初のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を立ち上げました。


Profile

1981年、大阪府生まれ。2000年頃にインターネットと出会ってから、インターネット大好き人間になる。2001年頃から学生ベンチャーとして活動。2005年に株式会社ニフティに新卒入社し、サービス企画/開発を担当。2008年に株式会社リートを創業。2012年に社名をサービス名であるランサーズ株式会社に商号変更。現在に至る。
ランサーズで活躍するフリーランスの方々を紹介「THE LANCER」
http://www.lancers.jp/magazine/

Contact

ランサーズ株式会社

東京都渋谷区渋谷3-10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル9F
http://www.lancers.jp/

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング