どんな環境でも生き残れる
「人間力」の高い人材を
育て上げる

ITカンファ―株式会社

鈴木 義経Yoshitsune Suzuki

代表取締役社長

ソフトバンクのネットワーク、
通信機器の進化を支える

自己破産、難病――
数々の困難を抱えつつ
使命と掲げるのは「人材育成」

社会人として通用する「人間力が高い人」を育成したい

「だめだ、ここ電波がつながらない!」――少し前までは頻繁にあった「通信圏外」に、最近ではめったに遭遇しなくなった。通信環境が整い、人々は携帯電話やスマートフォンを快適に使えるようになっている。そのプロセスを支え続けてきたのがITカンファ―株式会社だ。

同社はソフトバンクをメインクライアントとし、サーバ・ネットワークの設計・構築・運用・保守や通信機器の評価試験・解析・ソフトウェア開発を手がけている。公共施設で何百人もの人が利用するアンテナの検証作業や、地下鉄内でも電波がつながる機器の開発など、これまで、そしてこれからも続いていく通信環境の整備・保守・進化を担っている。

ネットワーク系・サーバ系エンジニア、プログラマーを募集しているITカンファーには、毎年多くの新卒・第二新卒が入社しているが、その多くが技術を専門的に学んだことがない未経験者だという。基礎から学べる研修や資格取得支援制度など、未経験者でも早い段階でエンジニアとして成長できる育成体制を整えているのだ。ネットワーク業界では導入研修後、「いきなり1人だけで現場に放り込まれる」といったこともありがちだが、同社の場合は既存チームの一員となって、先輩のサポートを受けながら実務経験を積んでいける。

しかし、代表取締役社長の鈴木義経は「 “一人前のエンジニア”を育てるだけでなく、もっと大事にしたいことがある」と言う。

「僕は対応力や適応力のある“人間力の高い人”を育てたいんです。人間力が高い人は、仕事をする上で必要なことを理解していますから、どんな仕事に就いても結果を出すことができる。自らの人間力を高めて、どこで働くことになっても、社会で通用する人になってほしいんです」

「人間力を高める努力が、いずれ自分のためになる」。それを社員が理解できる環境やきっかけをつくることが自身の役割であり使命だと、鈴木は考えている。そのため、伸び悩んでいる社員を自ら育てることもあれば、ときには嫌がられようとも、口うるさく社員を指導することもあるという。

なぜそこまでして「人間力の高い社員を育てる」ことに強いこだわりを持つのか。その想いの背景には、自らの壮絶な人生経験があった。

Profile

東京都八王子市出身。中央大学文学部を中退し、石川県の農業短大を卒業。株式会社ノジマに就職し、ネットワーク系のサービスの販売員を務める。約1年半後に退職し独立。しかし、多重債務に陥り、パソコン・ネットワーク関連の仕事でフリーランス、会社員などとして勤務。ソフトバンクの仕事を手がけるようになる。在籍していた会社が倒産の危機に陥ると、リストラされそうなメンバーを引き連れて、2008年11月にITカンファーを設立した。

Contact

ITカンファ―株式会社

東京都千代田区鍛冶町1-7-11 KCAビル3F
http://www.itcamphor.co.jp/