人手やコストの適正化で
中小企業を応援し、
元気な会社を増やしたい

株式会社ウティル

瀧澤 洋一Yoichi Takizawa

代表取締役社長

社外のさまざまな専門家と協働し、
コスト削減・業務適正化につながる
ワンストップサービスを実現!

顧客が本当にやるべき仕事に
集中しやすい世界を目指して

クライアント企業の“少し先の未来”をいっしょに考えられる存在でありたい

フランス語で「役に立つ」という意味がある「ウティル」。この言葉を社名に掲げている株式会社ウティルのサービスは、多岐に渡る。電話代行事業、オフィス機器関連事業、照明や空調などの建築設備事業などだ。ひとつひとつはバラバラの点のように見えるが、実はそのすべてがクライアントの事業運営をより良くするという線でつながっている。

「私たちの主な顧客は小規模事業者のみなさん。ミニマムの資金・人員で経営しているところが多いという理由で、本業とは直接関係のない業務に時間やお金を費やすのは、その分だけビジネスチャンスを逃す大きなリスクになりかねません。だからこそウティルがお客様と一緒に適正な状態を考えたり代行したりして、お客様には本業に集中していただきたいんです」

こう語るのは、株式会社ウティル代表取締役社長の瀧澤洋一。瀧澤は2015年の会社設立以来、自身も営業の最前線に立ちながら多くのクライアントと話をしてきた。お客様が本当に実現したいことは何だろう。そのためにはどういう状態であればよいのだろう。そうやって顧客の本音に触れるうちに、さなまざなソリューションを組み合わせたワンストップサービスの必要性に気付いていったという。

「たとえば事業拡張のためにオフィスを移転する場合。内装・オフィスのレイアウト・事務機器・通信回線と検討すべきことは山のようにありますが、オフィス移転はそう頻繁に発生するわけではないので、お客様には知見がありません。社内で個別に対応するには難易度が高いうえに、そもそも移転を検討している中小企業は事業が成長しているから引っ越すわけで、社員一人ひとりは忙しいのが前提。専門家がお客様と同じ目線でトータルに考え、最適な状態を提案することに意義があると思います」

瀧澤が専門家として大事にしているのは、顧客が描く『少し先の未来』をとらえること。現時点では最良と思えるサービスが、中長期的な組織の人員拡大を見据えるとフィットしない場合もある。その一方で、すべての企業が社員の増える未来を描いているわけではなく、今の事業規模感を維持していきたいと考える企業もある。そうした企業の想いを知らなければ、芯の通った提案にはならない。だからこそ、顧客とは少しだけ先の未来について話し、より良い方向へ導いていくことを意識している。

ときにはクライアントが考えている真逆の提案をするときもある。クライアントの事業コンディションを見極め、敢えてサービスの導入をおすすめしないこともあった。それもすべては「お客様の役に立つ」ため。ウティルの商売は、ものを売ることではなく一緒に考えることなのだ。

Profile

大学卒業後、株式会社丸和運輸機関(東証1部)にて大規模流通センターの建設、構内設備計画、運用オペレーションの企画提案業務に従事する。その後、ベンチャー企業において、東京支店を開設。建築塗装工事業を立ち上げる。LED照明事業を新規メーカーとして確立させる。LED照明は、製品の企画開発、マーケティング、販売を行い、4万台以上、20万平米以上の物件に納入する。2015年に株式会社ウティルを設立し、代表取締役に就任。

Contact

株式会社ウティル

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-22-11 深山ビル3F
https://utile.jp