世界を相手に、人のやっていないことをやりたい

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役社長 柴崎 洋平

柴崎 洋平Yohei Shibasaki

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

代表取締役社長

2015.04.24

「これが世界レベルか!」

私の原点は、20代半ばにしていきなり世界レベルを体験したことに遡ります。

大学を卒業してソニーに就職した私は、1年半の国内営業を経て、海外事業部門に異動になりました。私が担当したのは、ノキアやモトローラ、サムスンといった世界的な通信会社に、携帯電話に内蔵される小型カメラを売り込むこと。経営企画やマーケティング部門の人間を前に、「これがジャパン・クオリティーです。みなさんの携帯電話の中に、世界最高画質のカメラを取り入れることで、ユーザーのライフ・エクスペリエンスを変えましょう」といったセールストークをしていたわけです。

そこで実感したのは、商談相手の優秀さでした。発想力や構想力、論理的思考力、表現力、そして身のこなし方まで、すべてが卓越していたのです。私は担当していた製品の品質が世界的にも評価されていたからこそ、彼らと取引をさせてもらえていましたが、個人の力ではとても太刀打ちできないと感じました。「これが世界レベルか!」と、鼻っ柱をへし折られた気分でした。

一方で、海外出張を終えて日本に戻ってくると、本社は見渡す限りの日本人です。その日本人が会議室で、世界を相手にどう戦うかを議論している光景を見て、私は違和感を覚えました。

確かに日本人の中にも優秀な人はたくさんいます。けれども私が世界で会ってきた超優秀な人材をもしここに結集させたら、まさに世界最強のチームができると思ったのです。また働く側にとっても、自分の能力を活かす場が、自国だけではなく世界へと広がることは、大きなメリットのはずです。

このときの思いを体現するために立ち上げたのが、現在私が代表を務めるフォースバレー・コンシェルジュです。

海外の優秀な新卒人材をデータベース化

私たちの主力事業は、日本企業と海外の優秀な新卒人材の橋渡しをすることです。

1992年に205万人だった日本の18歳人口は、2012年には120万人にまで減り、2031年には87万人にまで縮小するという予測が出ています。日本企業にとって、従来のように日本の大学を卒業した若者だけを採用していたのでは、優秀な人材を確保するのが難しい時代になりました。

そこで私たちは、世界のトップ大学を行脚し、そこで日本企業への就職セミナーを開催しています。我々のクライアントである日本企業の人事担当者にも協力いただき、大学の大教室や講堂で説明会を開くのです。

2012年度は中国やシンガポール、インドなど15ヵ国の大学でセミナーを実施。実施校は、中国であれば清華大学や北京大学、シンガポールではシンガポール国立大学といったように、いずれも錚々たる名門大学ばかりです。2013年度はアメリカやヨーロッパにまでエリアを広げ、40ヵ国で開催中です。

セミナー会場は、日本企業への就職に興味を持った学生たちでいつも満員になります。全員というわけにはいきませんが、セミナーに参加してくれた学生に対しては、個別に面談やキャリアカウンセリングを行ったり、専門分野に関するテストを受けてもらっています。つまり我々は、世界のトップ大学に通う最優秀クラスの学生たちに関して、専門分野や能力などの情報を収集し、それをデータベース化しているわけです。そのため、クライアントからの「東南アジア出身の優秀な学生が欲しい」とか「将来技術者として有望な工学系の若者が欲しい」といったリクエストにも、きめ細かく対応することが可能です。

現在データベース化されている学生数は約10万人ですが、これが100万人に達したら、クライアント企業にデータベースを開放しようと考えています。採用担当者が直接自分でデータベースにアクセスして、条件を打ち込むと該当する人材が表示される仕組みです。これが完成すれば、海外から優秀な新卒人材を採る動きがさらに活発化し、日本の採用市場に大きなインパクトを与えることになると思います。

海外就職セミナーは、参加する学生にとっても新鮮で魅力的なものであるはずです。例えばシンガポールの学生が卒業後に就職するのは、基本的にはシンガポール国内の企業です。いきなり新卒で海外の企業に就職するという選択肢は、今のところまずありません。こうした状況はシンガポールに限らず、日本も含めて世界中どの国も同じです。

そこに私たちがやってきて、日本企業への就職の道を開くわけです。いくら日本経済が落ち込んでいるといっても、日本には世界レベルのブランド力を持った企業がたくさんあります。学生にとってはチャンス以外の何物でもありません。

このように、海外の優秀な新卒人材を獲得するために、海外の大学で就職セミナーを開催するスキームを持つ事業を、これだけの規模で展開している企業は、世界中を見渡してもおそらく当社だけです。日本の大手人材会社の中には、中国で現地の学生を対象に就職セミナーを開いているところもありますが、あくまでピンポイントなイベントにとどまっています。また欧米の人材会社については、そもそも新卒一括大量採用の文化がないために、こういったビジネスモデル自体が成り立つ余地がありません。つまり私たちが取り組んでいる事業は、世界でも例のないことなのです。

柴崎 洋平

Profile

1975年東京都生まれ。
1998年上智大学外国語学部卒業後、ソニー株式会社入社。世界十数ヵ国で、サムスン、モトローラ、ノキアといった世界的なグローバル企業とビジネスを行う。2007年ソニー株式会社退社後、 同年、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社設立、代表取締役社長就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)、Young Global Leaders(YGL)2013選出。上智大学非常勤講師。

Contact

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3 第7秋山ビルディング3F
TEL : 03-3263-6847
URL : http://www.4th-valley.com/

関連書籍のご案内

書籍
「海外で働こう 世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン」

世界から、日本を変える人になれ!

アジア各国が急成長を続けるなか、元気がない日本。日本がアジアの代表国としての地位を復権するには、我々日本人、ひとりひとりが勇気をもって外に飛び出し、アジアを引っ張っるキーパーソンにならなければいけない。「わかってはいるけど、あと一歩踏み込めない」そういうビジネスパーソンは数多くいるのではないでしょうか。

成功を手繰り寄せるための失敗体験も含めた成功体験談。そういう「リアル成功体験」に数多く接することが、成功のイメージとなり、アブローダーズとして海外に飛び出す勇気になるはずです。実際にアブローダーズとして成功をおさめた25人のインタビューを通して、「挑戦した成功者は何を考え、どう意思決定を行い、海を渡ったのか」を分析することができます。

「日本に閉じこもらず、アジアで成功したい」という願望を、漠然とでも抱いているあなたが「勇気と意欲」を掴みとるきっかけを与えてくれる一冊です。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング