「世界中を躍らせる」。
芸能の限界に挑戦する
阿波踊り集団

寶船 BONVO

米澤 渉Wataru Yonezawa

リーダー

国内外で年間200公演。
満足度は90%以上

「踊り出したら、命懸け」を
体現し、世界中の人々と
感動の体験を共有する

世界を魅了する阿波踊り界の異端児

ステージ上に立つ赤い法被姿の男女。その背中には「宝」の文字。

深い呼吸の後、「ヨッ!」という言葉を合図に、大太鼓の音が腹の奥底に響き渡る。会場を一瞬の静寂が包む。寶船(たからぶね)のパフォーマンスの始まりだ。

鉦(かね)の甲高い音、締太鼓(しめだいこ)で刻む小気味よいリズムに連員の「やっとさー、やっとやっと!」という掛け声が混ざり合う。手を高く掲げ、足を前後に激しく動かす。ときに高く飛び跳ね、髪の毛を振り乱しながら踊る姿が、観客を徐々に非日常にいざなう。

徳島県を発祥とし、400年の歴史を持つ阿波踊り。毎年8月12日から15日までの4日間開催される徳島市の阿波踊りには10万人が繰り出す。その中においてひときわ異彩を放つのが創作舞踊集団「寶船」。彼らを束ねるのが連員から「わたる先生、わたる兄」と慕われるリーダーの米澤渉だ。

阿波踊りといえば、一糸乱れぬ動きがイメージされるが、そこから逸脱した彼らを、「もはや阿波踊りではない」と評する者もいる。しかし米澤は「歴史を軽んじているわけではない」と断言する。

「阿波踊りはもともと個性のぶつかり合いで、心の赴くままに踊るものでした。連長である私の父が幼かった頃は、踊り手に近づくことさえためらわれるほどの迫力があったと聞いています。しかし、いつからか型にはまり、美しい手の動きや足の運びこそが本来の姿であるという固定観念に囚われてしまった気がします」

阿波踊り、ひいては伝統芸能を取り巻く現状は決して楽観視できるものではない。いつだって文化の中心には若い人がいた。しかし現在、伝統文化は「ダサい」「古くさい」と見る若者も少なくない。このままでは歴史ある文化が担い手の減少により消えて行ってしまう。次の世代に魅力を伝えなければ自分たちが最後になる。

考えた末、米澤が導き出した答えは「阿波踊りをアップデート」することだった。ダサいものはかっこ良いものに、古いものは新しいものにすればいい。大正・昭和時代にも、阿波踊りはジャズの影響を受けカンカン帽をかぶり、管楽器を使った時期があった。それと同様に自分たちが変化の先頭に立とう。

一見、歴史を壊しているかに思われた寶船。しかしもっとも原点に近い存在になった瞬間だった。型にはまらない表現を続ける米澤は次々と公演の場を広げ、結婚式場や企業パーティー、海外で行われるJAPAN EXPOにも招待されるようになった。どの公演でも観客の満足度は90%を超える。

「言葉が通じないパリやニューヨーク、香港。控えめな方が多い国内、さまざまな国と地域で、私たちは年200回の公演を重ねてきました。どの舞台でも私たちが巻き込めなかった人はいません。誰でもマネできる、マネしたいと思わせる。それが阿波踊りの強みでもあり寶船の強みです」

寶船 BONVO リーダー 米澤渉

Profile

1985年生まれ。東京都出身。

阿波踊りと由縁の深い米澤家の長男として生まれ、4歳より阿波踊りを始める。

1995年に父・米澤曜が「寶船」を設立し、所属。

観客数120万人を超える関東最大級の阿波踊り大会「東京高円寺阿波踊り」では、個人賞を受賞。他受賞多数。

高校卒業後音楽活動を行い、バンドのフロントマンとして全国ツアーを経験。

2012年、寶船の運営として一般社団法人アプチーズ・エンタープライズの起業に携わり、プロデューサー兼プロメンバー『BONVO』のリーダーに就任。

2014年、世界4カ国(インド・フランス・NY・香港)のツアーを実現させる。

2014年、山形県米沢市おしょうしな観光大使に就任。

2014年、日本PRのCM『日本の若さが世界を変える』に出演し、 「my Japan Award 2014」 にて《箭内道彦賞》を受賞。

2017年には、アサヒ『三ツ矢サイダー』のCMに抜擢される。

また、世界的カンファレンス「TEDxUTokyo」に登壇するなど注目のイベントにも出演。

2018年、東京都武蔵野市親善大使に就任。

最近では、日本を代表するDJ、DAISHI DANCEとスペシャルユニットを組むなど、他分野とのコラボレーションも精力的に行っている。

Contact

寶船 BONVO

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目32-2
吉祥寺サンビルディング512

http://takarabune.org/