独立系金融アドバイザー
「IFA」として、
本当に顧客のためになる
資産運用を提案

リーファス株式会社

西﨑 努Tsutomu Nishizaki

代表取締役社長

「生涯のパートナー」として
次世代まで支え続けたい。

資産運用、相続・事業承継、
保険設計、不動産設計まで
トータルにサポート

金融機関に属さず、顧客視点でアドバイスを行う「IFA」

資産運用の手法が多様化している昨今、新たなスタイルの金融プロフェッショナルの「IFA」に注目が集まっている。

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略称。日本語で「独立系金融アドバイザー」を指す。

IFAは、証券会社や銀行などの金融機関に属することなく、顧客の資産運用相談に応じ、株・債券・投資信託などの売買仲介まで行う専門家。大手金融機関と同様に、通常のネット取引では購入できない商品の調達を行う。その上特定の金融会社の方針に縛られることなく、「顧客視点」で最適な運用方法を考えてアドバイスできる立場にあることから、「安心して資産を任せられそうだ」と期待を寄せる個人投資家が増えている。

このIFA事業(金融商品仲介業)を手がけているのがリーファス株式会社。代表取締役社長であり、CFP®や相続診断士の資格も持つ西﨑努は、大手証券会社でトップセールスとして活躍し、海外での証券外務員資格取得、富裕層向けのプライベートバンカーなどのキャリアを積み上げてきた。しかし、金融機関で行われている個人投資家ビジネスの構造に疑問を抱き、「お客様を第一に考えたファイナンシャルプランニングができる組織を作りたい」と、IFA法人リーファス株式会社を立ち上げた。

「証券会社時代に私がお会いしてきたお客様は、すでに何らかの金融商品に投資している方がほとんどでした。その内容を拝見し、『なぜこの商品を選んだのですか?』とお聞きすると、皆さん答えられないことが多い。担当者から『いいですよ』と勧められ、よくわからないまま投資に踏み切っていました。中には、『大きなリターンが期待できる』という言葉を鵜呑みにして、リスクやデメリットに気付かないまま資産を投じ、失敗しているケースも少なくありませんでした。仮に本当にリターンが期待できる商品であっても、その人のニーズに合っているとは限りません。だから私は、その人にとって最適な商品をご提案してきました」

そして、単にアドバイスや提案をするだけにとどまらず、「実行」までサポートをすることができるのが「IFA」の強みだ。

資産運用についてファイナンシャルプランナー(FP)に相談したものの、アドバイスを受けるにとどまり、結局は金融機関の担当者に説得されてそのままにしてしまう人は多い。そこで、同社ではプランの実行までサポートし、定期的に面談して資産状況の検証を行う。顧客の事情や経済環境の変化、保有資産の実績などを考慮して、随時プランを見直し、再提案と実行を繰り返していく。

また、投資に関するコンサルティングにとどまらず、相続や事業承継の相談にも対応する。必要に応じて、弁護士、税理士、保険・不動産の専門家など各分野の専門家のネットワークを活かし、顧客の資産に関わるすべての問題に寄り添っていく。

リーファス株式会社 代表取締役社長 西﨑 努

Profile

岡山県出身。甲南大学経済学部卒業後、日興コーディアル証券株式会社(現:SMBC日興証券)入社。リテール証券営業員として個人・法人向けの資産運用提案を行う。上場支援にも尽力し、全リテール営業員の中でもトップの成績を残し、社内表彰を複数回受賞。

人事部勤務を経て、海外研修生としてシンガポール・ロンドンに居住し、現地の証券外務員資格を取得。帰国後はエクイティ・キャピタル・マーケット部にて株式引受業務等に従事し、上場企業が資本市場で資金調達をする際の提案業務、未上場企業の上場オファリング業務に携わる。

三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社にプライベートバンカーとして転職。三菱東京UFJ銀行の行員と協働し、金融資産1億円超の顧客を対象に、一人ひとりのニーズに沿ったオーダーメイドの資産運用や相続・事業承継業務、ライフプランニングの策定に尽力する。その後、リーファス株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。

Contact

リーファス株式会社

東京都中央区日本橋本町4丁目12-11 日本橋中央ビル304

TEL:03-4405-6908

https://www.re-fas.com/