生命保険は大切な人に
想いを遺す方法。
その価値を伝える仲間を
増やしたい

ジブラルタ生命保険株式会社

菅 歳之Toshiyuki Suga

東京第5支社 千代田第五営業所 所長

自動車整備士、青年海外協力隊参加を経て
出会った「天職」

営業経験ゼロから転身し、
6年連続で社長表彰。
「頑張れば人生は変えられる!」

抵抗感を抱いていた「生命保険の営業」が、自分の天職と気付いた

生命保険への加入を勧められることに、抵抗感を抱く人は少なくないようだ。それだけに「保険の営業」という仕事に対しても、「きつそう」「友達から避けられそう」といったネガティブなイメージを持つ人もいるだろう。

ジブラルタ生命保険のコンサルタントとして250人のお客様を獲得し、現在は営業所長として活躍する菅歳之も、実はもともと「生命保険の営業」に対して良いイメージを持っていなかった。社会人になって間もなく、初めて生命保険に加入したとき、ぐいぐい押された印象ばかり強かったからだ。生年月日と出身地を聞かれただけで作成したプランを提示され、いつの間にか押し切られて加入していた。生命保険の営業とはそんなもの、と思っていた。

しかしあるとき、見る目が変わる転機が訪れる。

友人の結婚式でジブラルタ生命保険のコンサルタントと出会い、仕事の楽しさを生き生きと語る姿に魅力を感じた。興味が湧いて会社説明ガイダンスに参加すると、ネガティブなイメージは根底からくつがえった。

「お客様に深く関わり、役に立てるこの仕事こそ、まさに自分の“天職”だ」――ジブラルタ生命保険に入社した菅は、それまで営業や接客の経験はまったくないにもかかわらず、入社初年度から6年連続社長杯で表彰されるという実績を叩き出す。収入は前職の5倍に跳ね上がった。

「もともと人に関わるのが好きで、『仕事を通じて、誰かの役に立ちたい』と思っていました。生命保険は形がない商材です。お客様のことを深く理解し、私自身のこともご理解いただかなければ、加入していただくことはできません。生命保険に入ること自体が目的になっている人も多いですが、本来は『何かあった時に、誰に、どういう形で、保障を残したいか』という愛情の残し方だと思っています。お客様に合ったプランを一緒に作っていけることに、喜びを感じられる仕事です」

ジブラルタ生命保険株式会社 東京第5支社 千代田第五営業所  所長 菅 歳之

Profile

1983年、千葉県四街道市に生まれる。小学校では釣りや素潜りをして遊び、中学ではバスケ、高校では音楽に熱中。2005年、自動車整備士として千葉トヨペット株式会社に入社。

2009年、青年海外協力隊に参加。ニカラグア共和国で職業訓練校の教師を務める。

帰国後、2011年、ジブラルタ生命保険株式会社へ入社。以降、6年間連続で社長杯海外表彰に入賞。現在は営業所長を務める。

取得資格は、一級自動車整備士、DELE(スペイン語検定中上級)、小型船舶操縦士、認定ライフケアプラクティショナー、相続診断士、生保協会認定ファイナンシャルプランナー。

好きな言葉は「初志貫徹」。

Contact

ジブラルタ生命保険株式会社

ジブラルタ生命保険株式会社

東京第5支社 千代田第五営業所

東京都千代田区神田駿河台2-5-12

NMF駿河台ビル3F

TEL:03-5280-7080