日産でいくつもの荒波を
乗り越えた経験を活かし、
日本の産業力強化、
人材育成に取り組む

株式会社INCJ

志賀 俊之Toshiyuki Shiga

代表取締役会長

「日本の次世代を担う
リーダーを育てていきたい」

日産の取締役として
ゴーン氏と共に新たな取り組みに挑む

 目次

日本の技術を世界に浸透させるため、強い産業を創る

2009年7月、次世代を担う産業の育成・創出を目的に、官民出資の投資ファンドとして誕生した産業革新機構。規模の大小問わず、企業・事業に対して成長資金としての投資活動を行っている。なお、2018年9月、法改正に伴い、同機構から新設分割する形で株式会社INCJが発足し、産業革新機構の投資事業は、株式会社INCJに承継されている。

現在この組織の代表取締役会長・CEOを務めているのが志賀俊之。日産自動車において、1999年にCOOに就任したカルロス・ゴーンのもと、アライアンス推進室長として『日産リバイバルプラン』を立案・実行しV字回復に貢献、後にCOO(最高執行責任者)・代表取締役を務めた人物だ。現在も日産自動車の取締役を兼務する。

2013年に日産自動車の代表取締役副会長に就任し、さらに2015年、産業革新機構の会長に就任した。

産業革新機構の会長就任への打診を受けたとき、志賀は即答で引き受けたという。

「新卒で日産に入社して、46歳で常務、51歳でCOOに就き、任期を終える60歳まで駆け抜けてきました。サラリーマンとしてはやりきった、次は日本のために貢献したいと思っていたんです。私が日産に入社した頃は、ちょうど高度経済成長期。今の中国のように、GDPの成長率も毎年プラスで賃金も上がる一方。その後のバブル崩壊以降は停滞してしまい、日本の産業競争力が目に見えて弱くなっていきました。でも技術力はまだまだ負けていない。『技術で勝って事業で負けている』、それが今の日本だと感じていました。さらには起業率も他の国に比べて低い。これだと企業の新陳代謝は進んでいきません。産業力を強化したいと思っていたところに産業革新機構の話をいただいて、まさに私が求めていたことができると思い、お引き受けしました」

INCJでの志賀の役割は、新規投資案件の決議や既存投資先に対するバリューアップ、加えて追加投資やExitに向けての協議を行うこと。2018年8月末時点で、産業革新機構設立当初からの累計投資決定件数は133件にも上る。中でも志賀が尽力しているのが、投資先の企業価値や収益性向上を図る支援活動だ。

「代表取締役社長COOの勝又は金融畑出身で、投資ファンドの組成を強みとしています。一方、私は『事業』畑の人間。日産時代にも新規事業には資金を投じていたので、事業拡大の流れは把握しているつもりです。その経験は活かせているかなと思っています。これまでの投資先の全体件数の8割がベンチャー企業。特に多いのがIoT、ビッグデータ、AI、ロボット、創薬といった新技術への投資。私自身テクノロジー系が好きなので、勉強になりますし、ワクワクした仕事をさせてもらっている。とても幸せなことだと感じているんです」

Profile

1976年、大阪府立大学経済学部卒業。同年、日産自動車に入社。

2005年、最高執行責任者・代表取締役に就任。

2013年、代表取締役副会長に就任。

2015年、産業革新機構会長に就任。その後、日産自動車取締役副会長を退任し、取締役となる。

2018年9月、株式会社産業革新機構から新設分割により株式会社INCJが新設され、現在は株式会社INCJの代表取締役会長を務める。

2014年から2018年まで、経済同友会副代表幹事も務めた。

Contact

株式会社INCJ

東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

https://www.incj.co.jp/