はみ出すことを恐れるな
株式会社スポーツワン 代表取締役社長兼CEO 武田 利也

株式会社スポーツワン

武田 利也Toshiya Takeda

代表取締役社長兼CEO

2015.10.06

 目次

フットサルリーグから事業を開始

人の指示に従うことが苦手だった私は、中学生の頃からあまり学校に行かず、バイクを乗り回す日々。高校では少し勉強もして大学へは進んだものの、自分は変わり者という自覚が常にありました。

就職するにしても、何十年も会社員を続けるのは無理だと悟った私は、できるだけ早く起業しようと、入社数年で営業や経理などのビジネススキルを身につけることを計画しました。将来的にはグローバルに活動したいとも考え、選んだのは外資系の商社でした。思惑通り、その商社で数年働いた後にIT関連企業へ転職。同じ頃、友人数名でフットサルのリーグ戦を始めました。当時、フットサルはまだマイナーなスポーツだったものの、友人のつてをたどって12チームを編成。総当たり戦を行う本格的なものでした。

しかし、元々が縁遠いメンバー同士だったため、対戦結果を伝えあうのも一苦労です。そこでITの知識があった私が、対戦結果やゴールランキングなどを簡単に閲覧できるウェブサイトを立ち上げました。すると、まだサイト自体が少なかったこともあり、「フットサル」で検索すると私のサイトが1位表示され、全国から参加者が殺到。またたく間に500チームにも及ぶ全国リーグに発展したのです。

このリーグには、万博を企画する会社や遊園地を企画する会社の幹部など面白いメンバーが集まりました。そこで、このメンバーと面白いことをやろうと、2001年に会社を立ち上げました。

しかし、そもそも趣味の延長で作った会社ですし、リーグ戦以外にこれといった事業はありません。迷走した結果、2年ほどで資金繰りが苦しくなり倒産寸前に。やむなくメンバーから私1人に任せてもらう了承を取り付け、1人で再出発することにしました。

その後はフットサル大会、サッカー大会といったスポーツイベントに注力して大会を増やしたところ、業績は一気に回復したのです。

以降、商社のIT部門での経験、ブランドの立ち上げ、格闘技イベント会社での経験を活かし、1万人以上の大規模なイベントや企業・製品のプロモーションをネットとイベント会場で複合して行うなどして、事業を拡大してきました。

次ページ :  スポーツは楽しむツール

Profile

1968年、東京都生まれ。
中央大学卒業。2001年に株式会社スポーツワンを設立、現職に就く。「Doスポーツ」のサービスを幅広く展開し、なかでも参加型スポーツイベントを全国で年間3000イベント開催しているスポーツイベント会社。他にもスポーツ施設運営、スポーツ施設の会員管理・予約管理システム、スポーツイベントのエントリー・決済システム、スポーツ保険のポータルサイト、スポーツ選手のキャスティングサービスなど業界有数のサービスを多数展開。趣味はスポーツ全般、バイクで世界を回る旅、映画鑑賞。座右の銘「人生はレジャーだ」。

Contact

株式会社スポーツワン

東京都世田谷区駒沢1-4-15 真井ビル5F
http://www.sportsone.jp/

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング