世の中の「繋がる」を支えるため、ITインフラエンジニアを輩出し続ける

ネットビジョンシステムズ株式会社

中塚 敏明Toshiaki Nakatsuka

代表取締役社長

NTT東日本で培った遺伝子で
ネットワークエンジニアを育成し、
キャリアアップを支援

未経験からITプロフェッショナルへ導く

 目次

通信インフラ=社会のインフラ、重要な使命感を帯び、人の幸せに貢献する

スマホを使ってSNSに投稿したり、コンビニATMで銀行口座から引出や振込をする、――世間で当たり前に利用されているサービスの基盤となっているのが「通信インフラ」だ。電気、ガス、水道などと同様、今や生活や企業活動に欠かせない。

ネットビジョンシステムズ株式会社は、こうした通信インフラ設備に特化し、企業のネットワーク設計、構築、運用、保守を提供するネットワークインテグレータ。設立からわずか7年にして、顧客には金融機関、通信キャリア、システムインテグレータなど大手企業が名を連ねる。同社の実力がいかに厚い信頼を獲得しているかが伺える。

代表取締役社長の中塚敏明は「ネットワークエンジニアは社会の黒子として欠かせない存在」と言う。

「銀行のオンラインにしても空港の受付にしても、順調に動いているときはそれが当たり前で、何も感じないですよね。でも、ひとたびルーターやサーバといった通信機器にトラブルが起きれば、営業や運航が数時間もストップするような大変な事態に陥る。非常に責任が重く、社会的使命を負った仕事です。一般の人には知られていなくても、社会への貢献は大きいと自負しています」

中塚は東京で青果業を営む家庭で育った。大学では電気電子工学を学び、大学院へ進学。卒業後、NTT東日本に入社した。

優秀な先輩や同僚から刺激を受けながらの新入社員研修。その中で、中塚は少しずつ異端ぶりを発揮することになる。例えば、会社の商材を使って企画を立て、顧客に販売するという研修があった。ほとんどの新入社員が、当時主流だったISDN回線やOA機器の販売の企画を立てる中、中塚は「せっかくなら何か面白いことがやりたい」と、当時最先端の商品であるテレビ電話の販売プランを練った

当時はISDN回線で通信速度が遅く、画像がスムーズに動かない。周囲から「こんなの絶対に売れないよ」と言われたことで、逆に「絶対に売ってやる」と奮起した。

実際、全く売れなかったが、中塚の挑戦は社内で広く知られることになり、助けてくれる人も現れた。上司が顧客を紹介してくれ、テレビ電話を1セット販売することができたのだ。

「東京在住のお客様が『大阪にいる孫の姿を見たいから』と設置してくださったんです。開通の場に立ち会い、テレビ電話でお客様がお孫さんとうれしそうに話している姿を見て、すごく感動しました。やっぱり通信インフラってすごい、人々の幸せに貢献できるものなんだ、と実感したんです」

そのとき、人と人とを「繋げる」仕事がしたいと心から思った。この想いが後に、「世の中の『繋げる』を支えたい」というネットビジョンシステムズのスローガンとなる。

ネットビジョンシステムズ株式会社 代表取締役社長 中塚 敏明

Profile

大学院卒業後、2000年、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)入社。法人営業部門にて大手サービス業のPBX、LANネットワークを中心に提案・設計・構築プロジェクトを手がける。2008年からフリーランスとなり、ネットワーク監視運用プロジェクトに従事。ネットワークエンジニアとして提案・設計・構築・監視運用と全工程に関わる。「ビジョナリーカンパニーを作りたい」との思いのもと、2011年2月にネットビジョンシステムズ株式会社を設立。2016年にネットワークエンジニア養成スクール、ネットビジョンアカデミーを開校。若い世代のエンジニア育成に取り組んでいる。

ネットビジョンアカデミー:https://www.netvisionacademy.com/

Contact

ネットビジョンシステムズ株式会社

東京都中野区新井1丁目26−6 いちご中野ノースビル 5F

https://www.netvisionsystems.biz/