夢や人生を表現する
唯一無二のスーツ
魂をこめた1着で
ビジネスを成功へ導く

株式会社muse

勝 友美Tomomi Katsu

代表取締役

1000人以上のエグゼクティブから
「ヴィクトリースーツ」として支持を集める

オーダースーツ本来の理念を追求する
日本初の女性テーラー

 目次

着る人の夢、目標にフォーカスした他にはないオーダーメイドスーツ

東京・六本木にあるオーダーメイドスーツ専門店「Re.muse」。この店のスーツは「ヴィクトリースーツ」と呼ばれる。店が銘打つブランド名ではなく、そこでスーツを仕立てた顧客たちがいつの間にかそう呼ぶようになった。

そして、2018年2月、Re.museのスーツはミラノコレクションの舞台に立った。ミリ単位にこだわった緻密な採寸と縫製、ボディラインを美しく見せる補正技術が認められ、「モダンとクラッシックの融合」をコンセプトとした日本の有名デザイナーとのコラボレーションが実現、ブランドとして飛躍のときを迎えた。

運営会社である株式会社museの代表取締役を務めるのが勝友美だ。日本初の女性テーラーとして創業以来、1000着以上のスーツを仕立ててきた。

緻密な採寸とボディラインを美しく見せる補正技術、ヨーロッパから仕入れた最高級の生地を用いたクオリティの高いスーツづくりが好評。数少ないレディーススーツの仕立ても行っている。顧客のほとんどは「『Re.muse』のスーツを着ると、ビジネスがうまくいく」という噂を聞きつけた経営者や個人事業主、大手企業の営業担当者たちだ。顧客からの紹介も多い。

オーダーを受ける際、勝は必ず、約2時間かけて「スーツを仕立てる目的」をお客様からじっくりヒアリングする。

「『なぜ、スーツをつくるのか』という目的を伺うことで、その方の『なりたい自分』を知ることができます。今の仕事を選んだ理由や、現在のポジションについて問いかけると、仕事への思いや、夢を語って下さるようになります。話をしているうちに、いつの間にかみなさん、マインドセットに至り、私の目の前で仕事への覚悟を決めていかれるんです」

ある時、顧客の1人が「彼の服装を何とかしてやってほしい」と部下を伴って来店した。連れられてきた青年は、営業成績が伸び悩んでおり、服装にも無関心、私生活にも気のゆるみがあったという。勝は青年との会話のなかで、「トップセールスマンになりたい」という彼の本心を引き出した。

童顔が魅力的な青年だったが、あえて光沢のあるリッチな生地を選び、堂々とした印象を与えられるようなスーツに仕上げた。身だしなみや立ち振る舞いについてもアドバイスした。そのスーツを纏った自分の姿に自信をつけた青年は、1年後トップセールスマンとなる夢を叶えた。

経営者がスーツをあつらえる時は、事業拡大や採用強化など、ビジネスのステージが上がるタイミングが多い。それまでラフな服装を好んでいた社長でも、会社のフェーズにふさわしい装いが必要になる。仕事における人脈も出会う人も大きく変化するからだ。その人の魅力を最大限に引き出すため、勝は生地の微妙な色合いや織地の微差にこだわる。

「例えば、派手に見られがちな方には、織地に個性のあるマットな生地を提案します。クラッシックな印象を与え、誠実感をアピールすることができるからです。童顔の方には高級感のある生地、おとなしい雰囲気の方には光沢のある生地など、ご本人がコンプレックスと感じている部分をカバーし、理想とするイメージに近づけるよう時間をかけて選び出します」

一般的なオーダースーツは完成までを約100工程ほどで済ませるところ、Re.museのスーツは約400工程をかけてつくられる。ミリ単位で採寸し、体型にフィットさせるための細やかな補正を何度も行う。細部に渡る採寸指示がびっしり書き込まれたオーダーシートは、国内最高峰の技術を持つファクトリーに送られ、手作業による生地裁断を経て縫製される。わずか数ミリにも妥協せず、完璧なサイジングでつくられたスーツは、日常動作をも美しく見せる。

「流行や似合う、似合わないといった基準ではなく、人生のステージにふさわしいスーツを提案することを大切にしています。スーツと自分の理想像が融合することで、お客様の未来を叶える1つのスタイルとなるからです」

株式会社muse 代表取締役 勝 友美

Profile

兵庫県宝塚市生まれ。神戸松蔭女子学院大学短期大学部卒業。

人生の三分の一をファッション業界で生きる。 一販売員から始まり、国内外でのスタイリスト経験を経た後、テーラーの世界へ転身。28歳で自社ブランド「muse style lab」を立ち上げ、独立。 「夢を叶えるオーダースーツ」として多くのエグゼクティブより支持を受け、現在に至る。2017年6月、ブランド名を『muse style lab』改め『Re.muse』へ改名。著書に『営業は「バカ正直」になればすべてうまいくいく!』(SBクリエイティブ)がある。2018年2月、『ATSUSHI NAKASHIMA』とコラボレーションし、ミラノコレクションに出展。

Contact

株式会社muse

Re.muse
六本木店:港区六本木5-2-1 望月ビルB1~3F
TEL:03-6434-5712
大阪店:大阪市中央区平野町2-6-4 三休橋平野町ビル3F
TEL:06-7162-4623

Email:contact@re-muse.jp

Re.muse公式HP