GEEKな仲間が集結。
「人となり」で勝負する
ソフトウェア会社として
100年企業を目指す

株式会社GEEX

吉岡 哲哉Tetsuya Yoshioka

代表取締役

エンジニア一人ひとりが
自分の市場価値を理解し、
高めていける環境

月1の帰社日、委員会、イベントで
社員同士のコミュニケーションも活発

挑み続けたITへの道

航空会社の予約システム、PCサイトのスマホ最適化、住宅設備のWebシステム、3Dプリンタのソフト開発、市場型金融システム――最近では仮想通貨関連の案件にも参画し、時代の流れやニーズを読み取りながら、幅広いジャンルのソフトウェア開発を手がけている株式会社GEEX。自らの会社の強みを、代表取締役の吉岡哲哉はこう話す。

「社員の人間力が高い会社だと思っています。取引先からも『GEEXさんは皆さん技術者としてだけではなく、人間性も素晴らしい』と言ってもらえることが多いです。一人ひとり責任感を持って仕事に臨んでいるから、同じ取引先で長く重宝されているエンジニアもいますし、個人名で指名をもらうエンジニアもいて、信頼していただけていると自負しています」

GEEXではエンジニア一人ひとりが社員ではなく“社長”である。個人の技術力(市場価値)を高め、その技術を求めるクライアントからオーダーが集まる。プロジェクトを成功させるたびに経験値が増え、新たな技術を獲得し、市場価値が高まる。ひとりでも十分に活躍できるプロのエンジニアが集まることで、技術の相乗効果を生み出し、自己研鑽に努めている。

北海道の釧路で生まれ育った吉岡は建設業を営んでいた父親の跡を継ぐべく、高校・大学では建築を学び、卒業後は設計事務所に就職。アジア各国をまわり、建物の設計図面を作成する仕事に面白さを感じていた。しかし帰国すると、日本ではパソコンが登場しており、図面を引くのも人の手からCADやCAMに代わり、オートマチック化が進みつつあった。それを目の当たりにした吉岡は「これからはコンピュータができなければ生きていけない時代になる」と直感し、設計事務所を退職。父親にもその意思を伝え、28歳でソフトウェア会社のエンジニアへと転身した。

IT業界に飛び込んで数年、挫けそうになりながら悪戦苦闘する中で、目指すべき道が見えてくる。周りを見渡すと、自分より能力が高いエンジニアが山ほどいる。個人プレイになりがちなレベルの高い技術者達の力を一つの方向に向け、最大限の力を発揮させること、それこそがIT業界の発展のために必要なことであり、自分のやるべきことだと確信して、目標を「人を動かすポジション」に切り換えた。IT業界で、いずれは起業しようと考えたのだ。

「人をまとめたり指揮をとったりすることは得意だったし、子どもの頃から父親の会社を継ぐつもりでいたから、経営者としての自分はずっと思い描いていました。この業界で、自分の会社をつくりたい。そんな想いを実現するため、ノートに書き記して10年プランを立てたんです」

「10年後に社長になる」。その目標に向けて、3年単位で細かい目標を設定した。「○歳までにこの言語を習得したい」「○歳までにこんなところに住めるようになりたい」。ビジネスもプライベートもひとくくりにして、「なりたい自分の姿」をノートに綴った。

一つの場所で経験を積んだら、自ら進んで環境を変え、新たな領域にチャレンジしていった。さまざまな場所を渡り歩くうちに人間関係が広がっていき、多くの人との出会いの中で、良い影響や刺激を受けた。一方で、経営者として総合力を培うために、経済学を勉強。10年という長期スパンの目標を必達すべく、サクセス本や哲学本を読み漁り、モチベーションを維持し続けていたという。

その途中でも挫折を味わい、幾度もあきらめようと思った。しかし、思い描いた自分の姿、そしてITの未来を考えると足を止めることは出来なかった。

こうして金融系から物流、通信キャリアなど、幅広い業界に関わりエンジニアとしての力を蓄えていった。

株式会社GEEX 代表取締役 吉岡 哲哉

Profile

北海道釧路市生まれ。大学で建築学を専攻し、卒業後、設計事務所に入社。建築士として、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどで3年働く。1985年、コンピュータに将来性を感じ、ソフトウェア会社に転職。プログラマ、SEなどとして約14年経験を積み、システムインテグレーターへ。分社化されたグループ会社の社長を務めた後、2014年、GEEXを設立。

Contact

株式会社GEEX

東京都渋谷区桜丘町4番17号 PORTAL Apartment &Art POINT 203

http://geexjp.com/