海外には社会に貢献できる仕事がごろごろしている
JEDUCATION 代表 長谷川 卓生

JEDUCATION

長谷川 卓生Takuo Hasegawa

代表

2015.06.08

 目次

東南アジアに目を向けよ

当社は1999年、28歳の時にバンコクで立ち上げた留学エージェントです。

海外に興味を持ったのは、子どもの頃で、父親の影響です。私の父は建設関係の仕事をしていて、よくインドネシアやフィリピン、タイに出張していました。おそらく幼稚園児くらいの時から父は私に「日本は小さいぞ」と言い続けていたのだと思います。おかげで実家のある藤沢を少しでも離れると、「ここはまだ日本?」と聞く子どもでした。

物心がつく頃には「いつか自分も東南アジアに意識を向けなければならない」と自然に思っていました。当時の日本人は、東南アジアより日本が優位だという感覚を根強く持っていました。それは今後の日本人にとって良くないと思えたのです。

高校時代はデンマークの姉妹校に留学し、全寮制の1年間を経験します。大学は法学部に進みましたが、法律はまったく自分には向かないと気づき、大学1年の途中で留学しました。アメリカは怖そう、イギリスは寒そうだしと消去法で選んだのが、オーストラリアでした。ブリスベンに留学してインターナショナルビジネスを専攻しました。オーストラリアにいると東南アジアはとても近く、やはり意識を向けなければと思いました。

オーストラリアで卒業して日本に戻ると、皆が就職活動を終えていました。私はどの時期に皆が就職を決めるのか知らず、海外の大学を出て日本に帰れば、なかなか良い評価をもらえると思っていました。仕方なく就職浪人になり、実家に戻って1年間は藤沢のローソンでレジ打ちをしました。後から振り返ると、自分のことを考えることができたし、接客を学ぶという意味でも貴重な時間だったと思います。

翌年24歳の時に、ベトナム日系法人を対象とした投資コンサルティング会社に就職しました。面接の時から、アジアに行きたいと主張していたことが受け入れられ、ベトナムのホーチミンに行くことが決まったのです。念願のアジアで楽しく過ごしていたのですが、1年経つと会社の方針で東京に戻され、途端につまらなくなって退職してしまいました。

将来を考えたら営業の経験が必要だと思っていると、友人がCS放送関係のスポンサー営業の仕事を紹介してくれました。

この頃の私は、日本人が東南アジアに意識を向けるようになるには、映像を流したらいいのではないかと思っていました。ビデオジャーナリストになるという道もあります。そこで「アジアの番組を作りませんか?」と言ってみたのですが、もともと番組制作ではなく広告の会社なので聞き入れられませんでした。

半年ほどでこの会社を辞めると、バックパックを背負って東南アジアに向かいました。現地で就職活動をすることにしたのです。まずシンガポールで大手人材紹介の会社に登録し、いくつかの会社の採用試験を受けてみました。

結果を待ちながらマレーシアに行ってみると、求人がほとんどありません。ここまで来たからとタイに足を延ばしたところで、とある日本人の社長さんに拾ってもらえました。撮影コーディネート、つまり映画やCMなどのロケ場所や機材を確保したりする会社です。シンガポールで受けた結果が全滅だと分かったので、この会社に1年ほど勤めて、アジアで仕事をする経験を積んでから、自分で会社を作って独立しました。


Profile

1971年生まれ。
1997年に渡タイ。1999年にライトハウスインフォサービス株式会社をバンコクに設立し、日本人向け「タイ留学サポート」、タイ人向け「日本留学サポート」を開始。2004年に日本語学校、2006年に人材紹介会社(ジェイキャリアリクルートメントサービス株式会社)を設立し、同社を通じて留学経験をした学生や日本語学校の学生を日系企業に紹介する、人材紹介業を運営している。

Contact

JEDUCATION

2301 Liberty Sqaure 287 Silom Rd. Bangrak Thailand
http://www.jeducation.com/

関連書籍

書籍
「世界を動かすアブローダーズ ~ 日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち」

日本の国内だけで働くこともいいけれど…
一度きりの人生は、海外へ目を向け、自分の可能性と仕事の幅を拡げよう!

世界の空気を吸い、グローバルに生きる!海外であくなき挑戦をする人々…その26人の生の声がここに!!

ウェブサイト:http://www.abroaders.jp/

ご購入はこちら

週間アクセスランキング