C2Cアプリ“社長メシ”
で就活生と企業の
新たな出会いを提供

株式会社ユナイテッドウィル

佐々木 拓己Takumi Sasaki

代表取締役

学生登録者数1万人以上の
『Career Trip』、C2Cアプリ
『社長メシ』を運営

社員皆で助け合い、
“社会と競える”会社へ。

就職活動をもっと楽しく、夢を描ける時間に

「型にはまった日本の就職・転職活動の在り方を変えたい。働き方やキャリア形成について視野を広げ、もっと多くの可能性があることを就活生に知ってもらいたいんです」

熱意を持ってこう語るのは株式会社ユナイテッドウィル・代表取締役の佐々木拓己。

同社の主幹事業の一つであるHR(人事関連)事業において、就活生向けメディアの運営やイベント開催、キャリア相談などを行っている。その内容は、ナビサイトや一般的な就活イベントとは大きく異なり、就活生が直接ベンチャー企業の社長と触れ合ったり、さまざまな経歴を持つOB・OGから話を聞いたりできる“体験型”のサービスが中心だ。

「旅するようにシゴトに出会う」がコンセプトの『CareerTrip』では、OB訪問やキャリア支援をメインとしたイベントを開催。大手企業から独立した人やベンチャー企業勤務を経て経営者になった人、女性経営者、パラレルワーカーなど、さまざまな働き方をしているビジネスパーソンから直接話を聞くことができる。「OB訪問をしたいけど人脈がない」「さまざまな働き方を知りたい」という就活生の参加が多く、好評を得ている。

他にも、新卒で第一志望の企業に就職が叶わず、中途採用での入社を目指す人や学歴の壁を越えたい人向けに「有名企業への転職を視野に入れた就活講座」や「学歴に縛られない就活講座」も実施。『CareerTrip』ならではのユニークなサービスは、多くの就活生の注目を集め、2017年のリリースから1年間で登録者数は延べ1万人を超えた。

もう一つ、今後の利用者の増加を見込んでいるサービスが『社長メシ』だ。2018年2月のリリース以降、就活生を中心に口コミで知られるようになった。

『社長メシ』は、ベンチャー企業の社長とその企業に興味のある学生が食事会を通じて

実際に会い、話ができる、今話題のC2Cマッチングサービスだ。学生は会いたい社長に自己PR文を送り、社長はそれを見て食事会の開催を判断する。定員は5~6名で飲食代は社長が全額支払う。カジュアルな雰囲気の中、学生は率直に質問したり、アドバイスをもらったりすることができる。

「ベンチャー企業に関心がある学生にとって、社長の人柄や考え方は大きな判断基準になります。この人に付いていきたいか、何を学べるかなどを肌で感じることで、自分に合う企業を探せる。一方、ベンチャー企業の多くは、いいビジネスモデルがあって、成長が見込まれていても知名度が低い。社長にとっても、自社に関心を持つ学生と直接話せるメリットがある。応募者を集め、何回も面接するよりも採用活動の効率化が図れるのです」

現在、登録企業数は120社以上に上り、参加した社長からは「優秀で尖った学生が多いね」とよろこばれることが多い。学生15人と会い、5名から内定承諾を獲得したケースもあるという。今後は全国展開に加え、社長の参加が難しい大手企業向けに『部長メシ』『課長メシ』など、サービスを広げていく予定だ。

さらに近年、キャリア支援の新たな取り組みとして、就活生向けにキャリアのシミュレーションができるオリジナルボードゲームを制作。ゲームのスタートは“就活時代”でゴールは30代。生涯年収が一番高い人が勝者になる。ゴールまでには「大手orベンチャーで働く」「昇給、昇格」など、必ずキャリアの選択を迫られ、何を選んだかによってチャレンジ精神や行動力、コミュニケーション能力などが数値化される。それを元にゲーム上で就職先を選び、その後のキャリアを進めていく。

自分のキャリアをイメージしながら自己分析を行い、かつゲームを通じて大手企業とベンチャー企業におけるキャリア形成の違いを体感できるため、学生からは「未来が想像できた」「自分の選択を振り返って再考できる」と評判は上々だ。また、企業の採用担当者にゲーム中の様子を見学してもらうことで、学生の志向が把握できるため、選考活動の一環に活用できると企業側からも高い注目を集めている。

「今後はゲームを通じて、個々の能力や志向を、IT技術でデータ化、分析することで、向いている業界や職種を学生に提案してあげたい。企業にも開示できれば、よりマッチングが進みますよね。『CareerTrip』には、企業と学生のミスマッチをなくすほか、さまざまな人や企業と出会って、“もっと就活を楽しもうよ”という想いを込めているんです」

Profile

1978年、青森県生まれ。1999年、ベンチャー企業に入社し、携帯電話の営業を担当。渋谷エリアの飛び込み営業からスタートし、2年目でグループのトップ営業マンとなる。その後、営業部長として同社の成長を牽引し、ジャスダック上場に貢献。上場後に事業部長を務めた後、2007年4月に転職。複数の会社のオファーを受けた中から、各種決済サービス会社を手がける某決済サービス事業会社へ。部長として営業部門をひっぱり、300%もの成長を達成する。事業部長、COO(最高執行役員)として、経営に携わった後、2010年12月に株式会社ユナイテッドウィルを創業。

Contact

株式会社ユナイテッドウィル

東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル10F

https://www.unitedwill.jp/