元・空手世界チャンピオンのITエンジニア社長、新たな組織づくりに挑む

株式会社きすう

稲見 卓真Takuma Inami

代表取締役社長

「話せるITエンジニア」として価値を発揮。
フリーランスから経営者へ。

ベンチャーだからこそできる
「新しいワークスタイル」
を発信したい

「話せる技術者」として、クライアントのニーズに応える

パソコンが嫌いなのにIT業界に入り、フリーエンジニアを経て起業。28歳から始めた空手では世界チャンピオンの座を獲得――そんなユニークな社長が率いるのが株式会社きすうだ。

きすうは、ITコンサルティング、業務システム開発、アプリケーション開発、Webサイト制作、Webデザイン、オリジナルロゴデザインを中心に手がける。代表取締役社長・稲見卓真は、大学を卒業する頃まではITにまったく興味がなかったというが、偶然のきっかけでIT企業に就職。これまで、プログラマシステムエンジニアプロジェクトリーダープロジェクトマネジャー→ITコンサルタントと、役割のステージを上げてきた。

流通、航空、放送、金融といった幅広い業界のシステム開発プロジェクトを経験し、知見を広げてきた稲見の強みは「話せる技術者」であること。そして「営業の視点」を持っていることだ。さまざまな業界の幅広い知見と持ち前の明るい性格を活かし、プロジェクトメンバーや取引先とは積極的にコミュニケーションを取っている。

「他業種の事例でも、効果につながるなら積極的に取り入れるよう提案しています。また、放送業界の人はノリがいい、金融業界の人は普段は堅めだけどお酒が入ると砕けてフランクになるといったように、業界によって特徴があります。相手企業の文化や慣習を理解しつつ、その人その人に合わせたコミュニケーションを心がけています」

コミュニケーションを密にすることで、クライアントのニーズを引き出すことができ、的確な対応や提案ができる。方向性が誤っていた場合、いち早く気付いて軌道修正できる。

そうしてクライアントやエンジニア仲間からの信頼を得ることで、稲見は自分のポジションを確立してきたのだ。

このようにITエンジニアとしてのキャリアを積み重ねてきた稲見だが、もともとは文系。大学では経済学を専攻していた。しかも、コンピューターが必須科目だったにもかかわらず、まったく受講しないほど敬遠していたという。

きすう 代表取締役社長 稲見 卓真

Profile

1978年 福岡県生まれ。千葉県浦安市育ち。
1999年 アメリカ合衆国ウェストバージニア州へ短期留学。
2006年 株式会社きすう創業。世界硬式空手道連盟少林寺流拳行館入門
2015年 株式会社アクロフロンティア 外部取締役就任。

小学校時代はサッカー、中学時代からバスケットボールと学生時代は球技を中心にスポーツをしていた。社会人になり、友人の誘いで空手教室を見学&体験稽古をする。空手の奥深さに夢中になり、一緒に行った友人は入門しないが、1人で入門を決意。

創業11年目となる今期、新たな活躍フィールド展開中。

Contact

株式会社きすう

【本社】東京都墨田区業平1-15-5 5F

【開発ラボ】東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル5F

http://www.kiss-u.biz/