頑張る人が大きく稼ぎ
人生を楽しめるような
会社でありたい

株式会社エスケーホーム 代表取締役社長  永田 健

株式会社エスケーホーム

永田 健Takeshi Nagata

代表取締役社長

2017.09.26

総合不動産業として
宅地開発から企画、設計、
施工、販売まで手がける
新築戸建て住宅の
自社ブランド「ラグシス」を展開
 目次

都心でリゾート感を味わえる戸建て住宅を企画・販売

新築一戸建ての分譲、注文住宅の企画・設計・施工、マンションやアパートの企画・開発・販売、土地建物のコンサルティングなど、幅広く不動産事業を展開する株式会社エスケーホーム。宅地の開発・造成から建物の企画・デザイン、設計、建築、施工管理、販売までをグループ全体で一貫して手がけている。

現在、グループ全体で60名強の社員が在籍しているが、その4人に1人は年収1000万円以上を得ているという。入社4年目にして1500万円、営業課長となり1800万円を稼ぐ20代社員もいる。

若くして高収入を得られる要因の一つは、企画・設計・販売している物件の魅力にあるようだ。自社ブランド『Luxsis(ラグシス)』は、お客様が内見して一目ぼれをし、購入を即決するケースも多いという。

『Luxsis』とは世田谷や目黒といった人気エリアで展開している新築戸建て住宅で、コンセプトは「女性設計士によるデザインセンスと機能美」。空間のゆとりを重視した開放感あふれる設計は、都心で暮らしながらもリゾート気分でくつろげると好評だ。見た目の美しさだけでなく機能性も大切にした細やかな設計で、さらに耐震にも配慮がなされている。

ラグジュアリー感のある物件だが、購入者は富裕層に限定されず、30代~40代のサラリーマン世帯も多いという。

「即決で購入する方が多いですが、購入後もご満足いただいています。クオリティの高い、自信を持っておすすめできる商品です」と、代表取締役の永田健は自信を見せる。

土地の購入から設計、施工、販売まですべてグループ内で行うため、外注コストがかからないのが同社の強み。そのため、魅力的な物件を多くの人の手が届く価格設定で販売することができると同時に、社員にも還元できる。

永田は「実力で稼ぎたい」という社員たちが、それを実現するステージを与えたいと考えている。永田自身、まずは稼ぐことを目標に努力を重ねてきたからだ。

永田は、小中学校時代は野球少年だった。強豪チームで、厳しい練習にも耐え抜いてきたという。高校でももちろん野球部に入部したが、途中で退部した。

「小学校~中学校時代は強いチームで、真剣に野球に取り組んできました。けれど高校時代の野球部は、『勉強との両立が大切。甲子園を目指すほどまで頑張らなくていい』という方針。私はそれに納得できなかったのです。高い目標を掲げてこそ努力できる。中途半端な目標のために努力するほどキツいものはないと考えていましたから」

高校卒業後は大学に進学。しかし「たいしたことを学べない」と早々に見切りを付け、中退した。その後、「若くても稼げる」という理由で、運送業のアルバイトを始めた。

6年近く運送業で働いた後、「年齢を重ねても稼げる仕事をしよう」と飛び込んだのが不動産業界だった。不動産仲介会社に営業職として入社。1ヵ月目から契約を取り、半年も経つと先輩社員の売上を抜いてトップセールスにまで上り詰めた。

株式会社エスケーホーム 代表取締役社長 永田 健

Profile

1968年、埼玉県生まれ。大学を中退し、約6年運送業に従事した後、不動産仲介会社に営業職として入社。半年でトップ営業に。自身での独立成功を確信し入社1年で退職、準備期間を経て1997年、株式会社エスケーホームを設立。これまでの20期全て黒字経営。近々の上場を視野に2017年で21期を迎える。

Contact

株式会社エスケーホーム

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル15F

http://www.sk-home.jp

関連書籍

書籍
「インターン・新卒採用の注目企業」
週間アクセスランキング