厳選された学生をスカウト
できる『ガクセン』で
日本を支える中小企業の
採用課題を解決する

ニューインデックス株式会社

津田 武Takeru Tsuda

代表取締役社長

世の中の「あったらいいな」を
「あってよかった」に

「情報を集約し、見やすく整理して届ける」
強みを活かし、採用支援・就活支援を展開

知名度が低い企業にも、優秀な学生を採用するチャンスを

「武器は自らの発想力」「未来を本気で考える」「夢は日本一の参謀」-。

そんなキャッチフレーズとともに、学生の写真とプロフィールがずらりと並ぶ採用サイトがある。『ガクセン』だ。リクナビやマイナビなど学生が企業にアプローチするサイトとは違い、『ガクセン』では、企業から学生にアプローチする。

同サイトを運営するのがニューインデックス株式会社。代表取締役社長の津田武は、サービスが生まれた経緯をこう話す。

「従来型の採用サイトでは、知名度やブランド力の高い企業に閲覧・応募が集中する傾向にあります。結果、中小・ベンチャー企業はどんな優良企業であっても、成長可能性を秘めていても、学生に見つけてもらえない。一方、学生側に目を向けると、大手企業に応募しても、実力があるにも関わらず、学歴フィルターにかけられて書類選考を通過できないケースも多い。そんなアンバランスな状況を何とかしたかったんです」

『ガクセン』とは「学生選抜」の略だ。選抜された優秀な学生が常時400~500名掲載されている。プロフィールの詳細は活動歴や身に付けた力など3,000字に及ぶボリューム。一人ひとりの学生に2時間かけて取材を行い、制作されている。

「『優秀』の指標は学歴ではありません。自発的に考えることができ、行動にまで移せる勇気を持っているかどうか。100人中3~4名ほどしかいない、一握りの人材です。ですから優秀な学生がいると聞いたら、新幹線に乗って会いに行くこともあります」

ニューインデックスが定義する優秀な学生は2種類。「自己成長型」「トラウマ克服型」だ。自己成長型は自ら何かを計画し、実行、フィードバックまで行うことで、成長していくタイプ。学生団体をリーダーとして立ち上げたり、興味ある企業に自らアプローチしてインターン経験を積んだりするようなタイプだ。トラウマ克服型は、過去のトラウマを乗り越えたことで、ストレス耐性や問題解決能力が備わっているタイプ。「小さい頃に両親を亡くし金銭的に苦労した」「以前は学力が低かったが、努力の結果、優秀な大学に進学できた」……などの経験を持つ。

どちらにも共通しているのは、自ら行動を起こし、苦労を経験し、そこから這い上がる知恵や術を身に付けている点だ。

ガクセンに登録されている学生のプロフィールはバラエティに富む。「天皇皇后両陛下の前でプレゼンテーションを行った」「カンボジアで学校建設に携わった」「レスリングの全国大会で優勝した」「12ヵ国語が話せる」――そんな「キラリと光る」経験を持つ学生のみが選抜されている。

魅力的な学生に出会うチャンスがあるとあり、『ガクセン』は大手企業にも利用されている。しかし、ある企業は、利用する前はまったく期待していなかったという。その企業は例年1,500名のエントリーが集まる東証一部上場企業。採用に至るのは東大、京大、早慶レベルだった。採用担当者は「やっぱり学歴だ」、津田は「学歴じゃない」と、押し問答の結果、試しに社長とガクセン登録学生4名のランチ会を設定してもらうことになった。参加学生はMARCHクラスかそれ以下の学歴。会食を終えると、その日の夕方に電話があり「全員採用したい」と請われたという。企業が未来の可能性を感じられる学生が、ガクセンには集まっているのだ。

ニューインデックス株式会社 代表取締役社長 津田 武

Profile

1978年、三重県生まれ。法政大学を卒業後、2004年に米国テキサス州にあるUniversity of Dallas にてMBA を修了。帰国後は新日鉄住金ソリューションズ株式会社に入社し、数多くの大型プロジェクトで実績を挙げ、新人MVPに選ばれる。その後独立し、2008年にニューインデックス株式会社を設立。これまでに1,000万ヒットクラスのWebサイトを複数立ち上げた実績を活かし、新たなビジネスを展開している。

Contact

ニューインデックス株式会社

東京都品川区西五反田8-8-15-2F

http://newindex.co.jp/