法的解決は手段にすぎない。
共感型の弁護士活動で、
依頼人の幸せを追求したい

虎ノ門法律経済事務所

齋藤健博Takehiro SAITO

弁護士

『弁護士ドットコム』での活動で
ランキング全国1位の実績

「24時間相談受付」「LINEのIDを公開」
常識破りのスタイルで
依頼人の想いに寄り添う

 目次

「助けたい」というより「一緒に考えたい」。“共感”が原動力

無料法律相談や弁護士・法律事務所の検索ができる『弁護士ドットコム』。その登録弁護士ランキングで全国1位を獲得した実績を持つのが齋藤健博だ。

※弁護士ランキング/登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたもの。

相談は24時間受付。自らの携帯電話番号やLINEのIDを公開し、困っている相談者からすぐ話を聞く――そうしたスタイルで活動を続けている。

日本全国駆けつけるという姿勢が評判を呼び、齋藤の手帳には空白がほとんどない。家庭内トラブルや男女問題を数多く手がけており、現在も離婚・慰謝料請求・親権など事案を常時100件ほど抱えている。そんな状況でも、齋藤は多忙を理由に新たな面談を断ることはほぼないという。

「家族や個人間の問題を弁護士に相談したいなら、緊急事態。依頼を受けるかどうかは別にして、まずはすぐにお話を聞くというスタンスです。せっかちな性格なので、問題発生をキャッチしたらすぐに状況を把握したいというのもありますが、早い段階で細かなことまで把握できれば、さまざまな打ち手を考えられますから。それに、私を選んでくれた以上、電話やメールではなく、なるべく直接対面してお話ししたいですから」

迅速な初期対応を心がける齋藤は、まるで救急病院で人命に向き合う医師のようだ。

しかし、「助けてあげたいという気持ちでは活動していない」と言う。自分は法の専門家ではあるけれど、だからといって人より偉いわけでない、一人の人間。人を導いたり、上から手を差し伸べたりする意識はない。「一緒に解決へ向けて歩んでいく」という姿勢である。

そうした姿勢が、一般的な対応策では導き出せない結果を生むこともあった。

ある女性の依頼人が、「夫が家を出てしまい、連絡もつかない」と困り果てて相談に訪れた。夫が妻と別居した原因は他の女性との不倫の末に子どもができたことであり、このようなケースは離婚を前提とした慰謝料請求など法的解決に動くことがほとんど。しかし、依頼人は金銭的な解決ではなく夫との関係の修復を望んでいた。

そこで齋藤は、依頼人の気持ちを尊重し、代理人として音信不通の夫と対話を試みた。

自分には計り知れない事情や感情もあるであろうことを踏まえ、依頼人に手紙も書いてもらい、夫への接触を開始した。ところが、電話をしてもメールを送っても、相手からの反応はない。

この状況なら、「夫はこれ以上関係がこじれることを恐れて、妻との対話を拒否しているに違いない」と判断し、復縁を断念させ、一方的に書面を送ることもできた。しかし齋藤はあきらめられずに、最後の賭けとして手紙を送ることに。すると、「家に来てくれるなら」とようやく返事が戻ってくる。このチャンスを逃すまいと自宅を訪問すると、齋藤を迎えたのは病に伏せていた男性。夫は妻の知らぬ間に病を患い、妻に悪いと思いながら連絡することもままならなかったのだ。

夫から拒絶されていたわけではないという事実を知った依頼人は、何としてでも夫を家に連れ戻したかった気持ちが変わっていく。事実に向き合ったことで、今の状況を冷静に捉えられるようになり、離婚もやむなしという結論を納得して出すことができた。もし、あのとき夫の真意を知ることなく、違うやり方をしていたら、夫婦は別の結末を迎えたかもしれない――今でも齋藤はそう思い返す。

「民法には“金銭賠償の原則”という考え方があり、不法行為に対してはお金で解決するのが前提です。でも、依頼人にとっては、お金をもらう(払う)ことや金額の大小は結果でしかなく、“迷惑行為が今すぐ止むこと”や“安心して暮らせること”、“気持ちに区切りをつけること”などが一番の願いであるはずです。まずはそうした側面での改善を図りたい。その後の難しいことは私が考えればいいことです」

虎ノ門法律経済事務所 弁護士 齋藤健博

Profile

2010年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2013年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2015年、慶應義塾大学法科大学院修了。2015年、司法試験に合格。1年間の司法修習を経て、現在 虎ノ門法律経済事務所(池袋支店)に所属。

Contact

虎ノ門法律経済事務所

東京都豊島区南池袋2-12-5 第6.7中野ビル7階B号室

https://p13.bengo4.com/a_13116/l_741172/

LINE【bengoshisaito】

直通電話【070-2627-6876】