ベンチャー・成長企業
特有の組織課題を
問題の本質から解決する

株式会社JAM

水谷 健彦Takehiko Mizutani

代表取締役社長

多数の企業課題を解決してきた
人・組織のプロフェッショナル。

その経験から導き出された
自らの使命は、
「日本人の就労観を変革する」こと。

ベンチャー・成長企業や、そこで働く人たちが、もっと輝く社会に

「私たちの一番の特徴は、ベンチャー企業や成長企業にフォーカスしたコンサルティング・研修を行っていること。それらの企業には経営者も働く人たちもエネルギーに満ち溢れた個人が多い。でも組織マネジメントには課題を抱えていることも少なくありません。支援を通してベンチャー・成長企業で働くことの成功体験をもっと世の中に増やしていきたいんです」

こう語るのは、株式会社JAM代表取締役社長の水谷健彦。JAMは、管理職をはじめとしたマネジメント研修や人事評価制度のコンサルティング、ミッション・バリュー浸透に向けたコンサルティング等、人と組織に関する課題解決を得意とする企業だ。敢えて50~500名程度の企業を中心に支援しているのは、水谷の「ベンチャー・成長企業を応援したい」という意思だけが理由ではない。そういった組織には、事業規模やビジネスのステージを背景に、固有の課題が起きがちだという。

「たとえば社員の評価基準。経営者が一人ですべてのメンバーを見られる規模であればまだしも、部門ごとにマネジャーがメンバーを評価するようになると、会社として統一の基準を策定しなければ不公平が生まれます。ベンチャー企業は成長スピードが速いゆえに、組織の形や規模がどんどん変わり、人事制度やマネジメントスキルが追い付いていない場合も多い。なおかつ組織として若いからこそ人事・組織課題を解決した経験やノウハウが少ないことが大半ですから、ベンチャー企業こそ、私たちのような専門性を持つ存在が必要だと考えています」

JAMが重視しているのは本質的な課題の解決。そのため、必要とあればクライアントに対して耳の痛い話をする場合もあるし、企業からのオーダーとは異なる提案をすることもある。すべてはクライアントである企業やそこで働く人たちにもっと輝いてほしいから。この水谷の想いは、「Innovate Working Spirits!(日本人の就労観を変革する)」というJAMの事業ミッションにも通じている。

「ニュースでも度々取り上げられていますが、残念ながら日本は世界の労働意欲調査で最下位の常連国なんです。日本は諸外国と比較すれば国土も狭いし資源にも乏しい。国際競争力をつけるには“人が生み出す価値”以外の道がないんです。それなのにこの現状はあまりにも問題が多いと言わざるを得ない。日本人の就労観をもっと良きものに変えていきたいというのが、私の根底にある考え。だからこそ、従来の日本の価値観とは異なる就労観を持つ人たちが集まりやすい、ベンチャー・成長企業を支援したいんです」

Profile

1973年生まれ、東京都出身。95年に早稲田大学卒業後、株式会社山野楽器に入社。97年に株式会社リクルート人材センター(現:リクルートキャリア)に転じ、企業へ人材を紹介する営業を経験。その後、2001年に株式会社リンクアンドモチベーションへ。2003年に事業部門長、2008年に取締役へ就任。同社の中核事業であるコンサルティング/研修事業において主に首都圏の責任者を務める。2013年に株式会社JAMを設立し、現在に至る。

Contact

株式会社JAM

東京都港区南青山3-4-6 AOYAMA346

http://jam-inc.jp/