社名ではなく、自分の名前で仕事をする
株式会社gooya 代表取締役 杉村 隆行

株式会社gooya

杉村 隆行Takayuki Sugimura

代表取締役

2015.03.30

伸びている市場で仕事をしたい

私が起業したのは26歳のときでした。父親が会社を経営していた影響もあって、幼い頃から「いつかは自分も」という気持ちはありました。学生時代は数百人規模のイベントを300本近く開催するイベントサークルの代表。その縁から一時は芸能関係の仕事をしていたこともあります。しかし、自分がやりたかったこととは違うと気付き、方向転換。当時、流行り始めていたITに関心を持ったことが、いまに繋がっています。もともとITのスキルがあったわけでも、関心が高かったわけでもありません。ただ、伸びている市場で仕事をしたいという思いはありましたし、自分一代でどこまで大きくできるか、という気持ちもありました。成長産業のIT業は、その意味でピッタリでした。

このまま起業しようかとも思いましたが、一度は人に使われてみないと、社員の気持ちはわからないと考え、会社勤めをして修業することにしました。

はじめはセキュリティ会社に入社して、eコマース事業を立ち上げ、3年間運営に携わりました。次にその経験を活かしながらスキルアップを図るためにネット系ベンチャーへ「起業のために修業をさせてほしい」と転職。約2年半の間に、IT実務に加え、法務など起業時に必要な知識も勉強することができました。

起業は2004年。ウェブ制作から始まり、エンジニアの人材派遣へも進出。2013年からはスマホやタブレット向けのゲームやアプリの検証業務も開始し、宮崎県に専門の拠点を設けて新規事業を育てています。

人に合わせて会社を育てる

当社は自己資本100%、利益を再投資するサイクルで、着実な成長を目指してきました。ベンチャー企業の中には、新規事業にすべて投資する会社もありますが、私はそうはしません。既存事業を大事にしながら、そこで得た利益を新しい事業に投じていくのが当社のスタイルなのです。

それでも創業当時から、着実にステップアップしています。最初は市場の小さいWeb制作から始め、その後にシステム開発、人材派遣へと、当社の信用と資本規模、人材の成長に合わせて次第に大きなマーケットへ参入していきました。そしていま、 新たなマーケットへ進出する前段階として、検証業務を始めたところです。

まずは社員と会社の成長に注力して、その成長具合に合わせて、会社の目指す方向を微調整していく。それはいわば、人に合わせて会社を育てていくということなのです。


Profile

1977年東京都生まれ。
10代より各種イベントなどを積極的に開催し、20歳の頃芸能関係の仕事に就く。21歳になり業界をIT へと移し、セキュリティ会社、IT ベンチャー企業で活躍。

26歳の2004年10月株式会社gooyaを設立。設立時よりWeb制作・システム開発事業を手掛け、ITコンサルティング事業、ギフト事業、メディア事業、スマートフォン検証事業を展開。またグループ会社として株式会社gooyaAd、無料インキュベーションスペースgooya CREATOR’S HUBなどを展開し現在に至る。好きなことはスノーボード、サバイバルゲーム、ゴルフ、おいしい食事とお酒。

Contact

株式会社gooya

東京本社
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町3-24 カコー桜丘ビル6階(総合受付)
TEL:03-3463-8851(代表)
URL:http://www.gooya.co.jp/

関連書籍

書籍
「10年後に後悔しない働き方 ベンチャー企業という選択」

就職・転職を考えたときに読むこれからの仕事選びのバイブル!

GMOインターネット、オプト、パーク・コーポレーション、ワークスアプリケーションズなど23社の経営者が語るハッピーな働き方。

ご購入はこちら

株式会社gooyaのメンバーストーリー
株式会社GOOYA 取締役  常原 明
常原 明

株式会社GOOYA
取締役

ビジョンと理念の実現に向け、 徹底した「現場目線」の マネジメントにこだわる

週間アクセスランキング