現役アスリートに
選択肢と可能性を。
『デュアルキャリア』の
構築を支援

株式会社SPEC SPORTS

大木 貴之Takayuki Ohki

代表取締役 兼 Professional Volleyball Player

実利貢献型事業モデルで
アスリートの新しい価値を創出

夢と感動を与え、
多くの人が希望を叶える
原動力になりたい

「デュアルキャリア支援」でアスリートに未来の可能性を

バレーボールの国内最上位リーグ「Vリーグ」。中でも伝統ある強豪チームの一つ「東レアローズ」で、ウイングスパイカーとして活躍したのが大木貴之だ。

群を抜く高いジャンプ力と鋭いアタックが最大の武器。攻撃の要として存在感を放った。大学生時代の2008年、プロの2部リーグ、V・チャレンジリーグで最優秀新人賞を獲得、東レ アローズ入団以降、黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会など数々の公式戦で優勝・準優勝、2017年にはV・プレミアリーグ、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会、ともにチームの優勝に貢献した。

2017年の退団後、大木は新たなキャリアの構築に向け、活動を開始。現在、人材紹介、健康食品販売、有名酒造メーカー、スポーツジム、イベント会社など、幅広い業種の企業と業務提携し、7枚ほどの名刺を持つ。その肩書は「顧問」「営業」「広報」など。

アスリートとしての自分を活かしながら、PRやイベントの企画運営、コンサルティングなど企業のマーケティング全般に携わり、Web制作や転職支援などを行っている。

中でも、注力しているのが、アスリートのセカンドキャリア構築を目指した「デュアルキャリア支援」だ。「デュアルキャリア」とは、「アスリートとしてのキャリア」と「人としてのキャリア」を同時に形成していくことをいう。大木は、選手が競技を続けながら、ビジネススキルを身に付け、引退後のキャリアを描けるよう、コンサルティングや企業とのマッチングを実施。「スポーツの社会的な革新」をテーマに掲げ、活動の幅を広げている。

株式会社SPEC SPORTS 代表取締役 兼 Professional Volleyball Player 大木 貴之

Profile

1988年栃木県宇都宮市生まれ。足利工業大学付属高校を経て、宇都宮大学に進学。大学時代はV・チャレンジリーグ、「つくばユナイテッドSun GAIA」に所属し、2007年最優秀新人賞を受賞。2010年東レ アローズに入団。以降、黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会など数々の公式戦で優勝・準優勝を果たし、2017年にはV・プレミアリーグ、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で優勝。同年退団し、さまざまな事業に携わる傍ら、アスリートの「デュアルキャリア支援」を目的とした株式会社SPECを設立。「アスリートに選択肢と可能性を」をテーマに、幅広く活動中。平成29年度、オリンピック委員会強化コーチングスタッフ。プロバレーボールプレイヤー(現在休業中)。

Contact

株式会社SPEC SPORTS

静岡県三島市寿町3-33-201

https://spec-cr.com